杜の木漏れ日

秋田県能代市で作庭管理を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

サルスベリ

お盆休みは、家でゆっくり。
家の片づけをしながら、たまった事務仕事や休み明けの段取りなどをして過ごしています。
結局仕事をしていますが、これが自営業というもの。
現場で仕事をしてナンボの職人、現場作業以外のことは、自分の時間を使ってやります。

saru (1)

お盆前は、仕事が終わればバタンキュー。
暑くて、マイリゾートを眺める余裕もありませんでした。
久しぶりにデッキに腰掛けて見ると、こんな空。
空の下では、サルスベリが花を咲かせていました。

saru (2)

うちのサルスベリは、数本の幹が林立する株立ち。
以前に、低い位置で切られたのでしょう。
それから数年放任されて、のびのびとした姿になってきました。
樹木には、自分で元の姿に戻ろうとする力がある。
人はその手助けをしてあげるぐらいがちょうどよく、昨秋、ここに越してきた時に、軽い枝抜きをしていました。

saru (3)

どんな花が咲くのだろうと思っていたら、白くて淡い花。
サルスベリは赤やピンクが多いですが、あまり目立たない白の奥ゆかしさも好きです。

サルスベリは、枝切りしなくても花が咲く。
もっと大きく育って、この家のシンボルになってもらいましょう。

今朝の田んぼ

tannbo.jpg

子どもを駅まで送ろうとしたら、出がけにこの風景。
青空のキャンバスで、雲が踊っているようです。

下を見れば、田んぼの色も変わってきましたね。

2017071006082770e_20170816080847b1e.jpg

1か月前。

201707100608253a1_20170816080750e9a.jpg

3か月前。
同じ場所でも、季節や時間でこれだけの変化がある。
田舎ならではの、風景の楽しみ。

木漏れ日

komorebi.jpg

朝方に、お墓のかたずけとゴミ出しをしたら、あとはのんびり。
涼もうと思ったら、先客がいた。

物の「陰」と木の「蔭」って、やっぱり違うんだよね。
その違いは、木漏れ日が降りること。
風が舞い込むこと。

違いのわかる猫。
なかなかやるじゃない。

お盆

bon.jpg

久々に家族が揃ったお盆。
墓参りの後の昼食は、いつもの居間ではなく仏間でいただいた。

ここは、我が家で一番涼しい所。
お神酒をいただいたら、いつの間にか転寝をしていた。
慌ただしかった日々が、うそのような静けさ。
ご先祖様の、お蔭です。

樹木相手の仕事をしていると、夏はいろんな生き物と遭遇します。
その筆頭は蜂ですが、枝の中に鋏をツッコんだら蜂の巣があった、などということはよくあります。
そして、そんな時は必ず刺される。
でも、植木屋が刺されるのならいいのですが、ご家族が刺されたら大変。
蜂に巣をつくらせないためにも、木の枝はあまり混ませずに、風通しを良くしておくことが大切です。

hato (1)

そんな中で、この間はツガの木を手入れしていて、枝の付け根に鳥の巣を見つけました。
覗いて見ると、真っ白な卵が一つ。
巣の上の枝を剪定すれば、日も差すし雨も当たる。
なにより、巣が外から見えるようになってしまう。

hato (2)

ということで、この部分だけは、飛び出た枝を剪定する程度に留めて、濃い目にしておきました。
後で施主さんに報告すると、喜んでくれたので一安心。

掃除を終えて帰る頃、鳩の鳴き声が聴こえました。
ツガの木に行ってみると、親鳩の尻尾がわずかに見えます。
わが子を守りに来た親鳩、私が巣の上の枝を剪定している時は、遠くで見ていて気が気でなかったことでしょう。
無事にヒナが孵ってくれればいいのですが。