画像1 画像2 画像3 画像4

庭の見守り

0-1_201609250718222cd.jpg

2008年に作庭させていただいた、秋田市の庭です。
土地の自生種を植えた庭ですが、作庭当時は枝葉も少なく、冬季は風の通り道となることから、風当たりの強い高い位置の枝などが枯れたりすることがありました。
自生種は雪に強くて丈夫ですが、育った環境と植えられた土地の環境は違うので、そこに慣れるまでに多少の時間が掛かります。

0-2.jpg

8年経った今の姿です。
幹が太くなり、枝葉も増して、木蔭ができるようになってきました。
木々がここに根付き、庭の住人となったように感じます。
沖縄の人が秋田に引っ越すと、寒さや言葉の違いなどで慣れるのに時間が掛かると思いますが、同じ県内での転居も、それなりに馴染むには時間が掛かる。
環境の変化に慣れるまでには、人も木々も相応の時間を要するということですね。
そんな時、私たち植木屋にできることは、木々が新たな環境に順応する手助けをしてあげることや、それを見守り続けてあげることだと思っています。

1_20160925070610fbb.jpg

ということで、庭の見守りとして、昨年作らせていただいた庭に寄ってみました。
やはり風の影響なのか、枝先に少し枯れが見られます。
コナラは風に強い木ですが、引っ越し1年目では、まだこの地の環境に慣れていないようです。

1-1_201609250706125c9.jpg 1-1-2.jpg

昨日はかなりの雨でしたが、試しに土を掘ってみると、20~30㎝下の土が渇いています。
ここに植えたコナラの根の厚みは50~60㎝はあるので、下部まで水が行き届いていないようです。
このスペースは、良質でやわらかな黒土を盛った所に木を植え、高木の背後には竹筒や土壌浸透材を入れるなど、通気を良くするための処置もしていましたが、浸透性の良い土だったことから、全体的には施していませんでした。

3_20160925070646ae6.jpg

ということで、15か所ほど穴を掘って、土壌改良材を投入。
竹筒はストレートに水や空気を地中に運びますが、ここではゆっくりと浸透してもらいたいので、軽石や炭等の浸透性混合材を入れ、表土にも木炭をすき込んでいきました。

1-0.jpg

小さな実生のコナラは、葉が黒ずむなど、すす病の発生が見られましたが、土中の環境が改善されて根が活性化し、樹勢が回復すれば自然と消えていきます。
人と同じで、健康で身体の抵抗力が強ければ、虫も病気も付きにくい。
すす病は、風通しの悪い所に発生しやすく、そこに来るアブラムシの糞などが原因で起こりますが、アブラムシはテントウ虫が苦手。
薬剤を使うとテントウムシも退治してしまうことになるので、なるべく自然の力で木々が元気になってもらいたいと思います。

1_20160925070610fbb.jpg

ということで、見守りの終了。
枯枝や混んだ枝葉も多少外し、通風の改善も行いました。
やることをやると、心が晴れ晴れとしてきますが、そんなせいなのか、木々も晴れ晴れとしたように見えます^^。

2_20160925070615646.jpg

ふと気づくと、私の作業をずっと見守ってくれている目に気付きました。
庭の見守りに来たら、自分も見守られていた。
まだまだな植木屋ですが、また時々庭を見に来ます。
これからも、どうか見守ってください^^。

杜の都

morinomiyako (1)
morinomiyako (2)
morinomiyako (3)
morinomiyako (4)
morinomiyako (5)

連休を利用して仙台まで。
さすがは杜の都、高速を降りると、駅から外に出ると、そこから杜が広がっています。
まさに、街路樹は「街の顔」tという言葉がぴったり来るような、緑豊かな街並み。
仙台に来ると、緑が人を歓待してくれているようで、とても気持ちが良くなります。

驚くべきは、木々の大きさ。
電線が地中化されているので、他市とは木の大きさが格段に違うのです。
広瀬通り、青葉通り、定禅寺通りなどの大きな通りは、並木が3列4列になっていて、その構成も多彩。
横道にも並木があるので、目的地を外れて、ついそちらに行ってしまいます。
市内を縦横に走る並木の状態がいいということは、国県市の緑の連携が取れているということで、これは本当に素晴らしいことです。

「杜の都」の「もり」は、森ではなく杜ですが、森は自然が育てたもので、杜は人が育てたもの。
仙台は、長い時間を掛けて人が育み育ててきた「杜」の都なのだということを、この街を訪れる度に実感します。

残念なことが一つ。
広瀬通りのイチョウ並木は、渋滞解消のために一部が伐採予定とのこと。
せっかく守り育ててきた杜の命、繋いであげたいものですね。

山形で手入れ

yamagata (5)

一年ぶりに山形へ。
この山を見ると、山形に来たな~、帰ってきたぞ~!という気になります。

yamagata (1)

そして、ひそかに「けやき公園の兄弟」と呼んでいる、諏訪神社の街路樹にも挨拶。

yamagata (2)

山形への挨拶をすまし、今度はお施主さんにご挨拶。
皆さんお元気で何よりでした。
昨年つくらせていただいた竹垣も真新しさが抜けて、家に馴染んできたようです。

yamagata (7)

ということで、お庭の手入れ。
一年ぶりに会う木々との再会です。
こうしてみると、苔の乗りも随分と良くなってきました。
この苔を張られたのはご家族ですが、苔の青さは、日々の愛情の賜物です。

yamagata (6)

うららかな日差しの中、お施主さんと、庭を眺めながらの一服。
一年間の庭の様子をうかがうと、豪雨の際は、蹲踞から続くこの枯れ流れ に水が走ったとのこと。
枯れ流れは景色としてばかりでなく、そうした時の排水路としてもあり、流れの終点となる軒先付近には自然浸透できるような穴もいくつか掘っていました。
軒下まで水が上がることは無かったとお聞きして、この庭の雨仕舞(浸透設備)が機能を果たしてくれたことに安心しました。

yamagata (3)

今回は、住宅前のキンモクセイも手入れ。
雪が乗らないように、枝透かしを行いました。
キンモクセイは寒さに弱いので、秋田ではあまり良くなれません。
これほど大きなキンモクセイに手を入れたのは、東京での修業時代以来でしょうか。
花はこれからですが、あの頃に嗅いだ花の記憶が蘇って来るようでした。

yamagata (8)

ということで、足掛け3日の山形ともお別れ。
いつもながら、立ち去りがたい思いを胸に帰路につきます。
帰りがけ、庄内平野からの鳥海山。

真夏の冬景色に思う

batubousu.jpg

先月、秋田市で見た光景です。
秋田市内のイチョウ並木は神宮外苑のような円錐形が多いと感じていますが、神宮では4年に1度、冬期に剪定をしています。
一般的に、樹木剪定は、夏は軽目に、冬は強目に。
真夏にここまで枝を落とすのは珍しく、冬季剪定のような様相に驚きました。

街路樹の役目はいろいろありますが、その一つが、木蔭をつくること。
そして、街並み景観の向上。
街路樹が、街路樹の役目を果たせないことには、どんな事情があるのでしょう。
今年は全国的に夏の強剪定が多く見られるようですが、枝葉の茂る時期に樹木が葉を付けていないのは異様です。

IMGP2192[1] IMGP2191[1]

能代でも以前は、真夏に街路樹が丸坊主にされており、「黄葉忘れた街路樹が」という見出しで、地元紙が問題提起をしたことがあります。
樹木は、夏から秋にかけて光合成を活発化させ、来春に芽吹くための養分を作りますが、それが葉っぱの役目。
樹木が秋に色付くのは、葉たちが来季の蓄えを作るという役目を終えたという印で、役目が終わったから葉は落ちるのです。
そのための葉を奪われると、樹木はいつまでも葉を青くして、養分を作るための活動を続ける。
時々、他の木がすでに葉を落とした初冬に、まだ青葉のままの街路樹を見かけることがありますが(冬の青葉)、こうした木々は、冬でもまだ夏の活動をしています。
そしてこの青葉は、やがて寒気に当たり、役目を全うできないまま、黄葉(紅葉)できずに枯れていく。
そんな葉たちを見ていると、「葉っぱのフレディ」は幸せ者かもしれないと思わされます。


樹木に、樹木の通常の活動をさせないということを、もっと真剣に考えてあげなければと思います。
こうした木々の姿を目にする度に、なぜ街に木を植えるのかの意味や原点を考えさせられるこの頃。

チャボヒバのアーチ

gaisennmonn (2)

20年ほど前に、2本のチャボヒバを移植しました。
1m程度だったこの木たちも、10年後には倍以上に成長。
木と木の間に柱が2本見えますが、夏場はここに枝折戸が付いていて、チャボヒバは門柱の役割を果たしていました。

gaisennmonn.jpg

それからさらに10年経過。
2本のチャボヒバはこんな姿になってきました。
枝折戸はそれほど頻繁に使うわけでもなく、傷んできた際に、この門代わりのヒバたちを庭門そのものにしてみましょうかと提案。
1mほど空いていた上部の空間に枝を伸ばし、だんだんアーチの形が見えてきました。

2本の木は兄弟ですが、昔から左側の方が樹高も枝張りも大きく、数年前に芯止め。
小さい木の成長を待っていたところ、ようやく今年、背丈が追い付いてきました。

下記は、このヒバのアーチづくりで参考となっている景色。

gaisennmonn (3)

こちらは以前、岩手県の旧家で見たみごとな庭門。
ドウダンを刈り込み、生垣が塀となり門となっています。

gaisennmonn (4)

こちらは、江戸川区のケヤキ並木。
歩道側を短く車道側に枝を張らせるという、片枝樹形のトンネルです。
そしてこのトンネルは、対面するケヤキのアーチの連続でできています。

gaisennmonn_201609100425308cc.jpg

チャボヒバのアーチの数年後のイメージ。
ここまでになるには、あと何年かかるでしょうか。
成長が楽しみです。

 INDEX    RSS    管理

プロフィール

紅の葉

Author:紅の葉
▶福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

秋田の田舎植木屋です。
五感で楽しめる暮らしの庭が好きです。
創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード