画像1 画像2 画像3 画像4

美の国秋田

bikei (1)

bikei (2)

bikei (3)

友あり遠方より来る。
おかげで、美しい景色が見れました。
秋田はやっぱり『美の国』です。

夏の楽しみ

DSCN0588.jpg

今年も、畑の木にやってきてくれました。
今日はどんな客人が来ているだろうと思うと、ワクワクします。
休み中の、ひそかな楽しみ。


過去に訪れた客人たち→   

透かしの手加減~シダレザクラの夏季剪定~

お盆前の仕事も今日で終了しました。
本当に暑い夏、というのが今夏の印象でしょうか。
夏場の庭仕事は暑さとの闘い。
立っているだけで体力を消耗しますが、そんな時に涼しい木蔭に入ると、心身共に癒されますね。

sidarezakura1 (1)

ということで今回は,夏に行う落葉樹の剪定をご紹介。
夏場はお祭りやお盆などの人寄せが多いので、庭をきれいにしてお迎えをしたいというのが、おもてなしの心です。
それとともに、お盆中のお休みは、きれいになった庭でゆっくり過ごしたいという思いもあることでしょう。
そうしたことが、お盆前に手入れの集中する理由でもありますが、続いて多いのが、夏は暑苦しいので、樹木もさっぱりさせたいというものです。
暑い夏は、木もさっぱりさせてあげたほうが気持ちが良いように思いますが、ここで考えたいのが、樹木は本当に暑苦しいと思っているのかということ。

樹木の生理から枝葉の必要性を考えてみると、木がなぜ夏に葉を多く茂らせるのかの理由には、夏場の高温で上昇する自身の身体を葉蔭によって冷やすということがあります。
さっぱりさせようと、思い切って太い枝で切るとそこから枯れが入ったり、剪定によって枝葉が極端に少なくなると日が当たり過ぎて、幹焼けや葉焼けをを起こしたりと、樹木が衰弱します。
このように、樹木をさっぱりしてあげたいという思いやりが逆効果になることもあるので、夏場に行う剪定は注意が必要です。

DSCN0578sidarezakura4.jpg

これは、最近かぶっている麦わら帽子ですが、樹木にとっての枝葉は、帽子と同じく、夏は日よけの役目を果たしています。
人の髪の毛も帽子の役目を果たしますが、夏場は髪の毛でも足りないので帽子をかぶる。
夏に髪の毛を短くすると、見た目も自身も涼しいですが、突然坊主頭になっていきなり炎天下で仕事をしたらどうなるか。
直射で頭皮が焼けて、大変なことになるでしょう。
そんなことを防ぐためにも帽子が必要になりますが、これは、夏に剪定する樹木にも同じことが言えます。

IMGP0593.jpg

写真のように、最近の街路樹は夏場でも丸坊主にされますが、樹木の生理や景観面からも、これはやってはいけないことです。
この通りの木々はその後に葉を出したものの、秋には紅葉できず、霜に当たって枯れていきました。
(参考 冬の青葉

樹木は、生きるために必要な葉を出しますが、こうした樹木の生理は、街路樹も庭の木も同じ。
人の暮らしや景観に配慮しながらも、樹木の健康を考えてあげることが大切で、むやみに切ると木の生理が狂い、樹木が傷んでしまいます。
夏場は、樹木が最も光合成を行い、来春に芽吹く力を蓄える時期ですが、樹木を支える根を伸ばす時期でもある。
樹木の生命力が最も活気づき、来季へのエネルギーを作ろうとしている夏だからこそ、この時期の剪定には加減が必要となります。

sidarezakura1 (2)

ということで、剪定が完了しました。
樹冠(枝葉の輪郭)はそのままに、内部の通風を良くするために、指ぐらいの太さの枝を多少抜いています。
シダレザクラは名の如く枝が垂れるので、周囲の樹木に垂れ下がる枝や、通行支障になる枝も少し切り詰めました。

sidarezakura1 (3)

剪定後の、路面に降りる葉蔭。
この木蔭を見ると、枝葉の透かし加減がわかりますが、今回の剪定量は、全体の1/5程度といったところです。
木のため人のために木蔭で涼める葉を残しつつ、樹木が支障なく養分生成を行えるように配慮する。
加減することを「手心を加える」と言いますが、そうしたことを意識して、手を入れています。

kakisenntei (2)

「街路樹百選」にも選ばれる、角館の武家屋敷通り。
街路樹として植えられたものではありませんが、庭の木も、道路側にあれば街路樹と同じ役目をします。
道行く人々のためにも、夏場は、快適な木蔭をおすそ分けしてあげたいものですね。

残暑お見舞い申し上げます

zannsyo.jpg

残暑お見舞い申し上げます。

いつの間にか、暑中から残暑へ。
そして、いつの間にか今日は祭日。
山の日ですが、庭に出かけてきます。

お盆前の仕事は12日まで。
今日も頑張ってまいります。

植木屋の道

むかしむかしの話。
20代の頃、役所の打ち合わせで現場を見に行った。
ここは芝生にすると言われて見た場所は、排水不良で水浸しになる所だった。
「この状態では芝を張っても良くなりません。」と言うと、「(業者は役所の)言うことを聞いていればいいんだ」的な言葉が返ってきた。
言うことを聞いて枯らせば、それは業者の責任になり、信用を落とすことに繋がる。
その前に、良くならないとわかっていることに無駄なお金を掛けることに納得できなかった。
役人の言うことを聞き、今この仕事を受けて一時のお金をいただくことに甘んずるか、植木屋として言うべきことを言い、将来の信用を取るか。
ここで妥協すれば、自身のふるさとに一生悔いが残るヘタな仕事を残し、植物の命を無駄にすることになる。
それをやったら植木屋で無くなるし、そんなことをするためにこの道を選んだのではない。
植木屋だから、言うべきことを言う方を選んだ。
役所の人はきっと、くそ生意気な若造だと思ったことだろう。
芝生は砂利敷きに変更になった。


分譲地の公園植栽を請け負ったこともあった。
時々現場を見に来る役所担当者や幹部級は、勤務中にタバコを吸い、そこに捨てて行く。
自分の町に、自分でごみを捨てて行く役人にとても腹が立った。
そんな時代だったが、そんなことが嫌で嫌でしょうがなかった。
黙って吸い殻を拾い、担当課長に完了報告をしに行った時にその話をした。
「うちは現場禁煙でやっています。なぜあなた方は現場でタバコを吸い、そこに捨てるのか。この分譲地を購入し、念願のマイホームを建てた家族が、庭に花を植えようとして吸い殻が出てきた時の顔を思い浮かべてください。あなた方は、誰のために仕事をしているのですか?」
仕事をいただいている身でありながら、またしてもくそ生意気なことを言った。
でもこの課長さんは立派だった。
二回りも年下の若造に、「おっしゃる通り」と頭を下げてくれた。
役所にも、話の分かる人はいるんだなと思った。


建設会社の下請けで、自然公園の植栽をしたこともあった。
打ち合わせで下見に行くと、いただいた設計図面には、寒冷地で育てない樹種が載っていたり、既存の自然樹木林の下に桜の列植が計画されていたり、景観との調和や樹木の生長が考慮されていなかった。
これでは良くなれないと、樹種や植栽配置の変更を申し出た。
「よし分かった。役所に話してみる。」
下請けの言い分を聞き入れて、役所に掛け合ってくれた元請けさんの心意気が嬉しかった。
樹種や植栽配置は変更になった。


若い時でも今でも、植木屋として、正しいことは毅然と言うことにしている。
そして、誠意と敬意をもって話せば、必ず伝わると思っている。
相手が役所であれ元受けであれ上司であれ、市長であれ議員であれ大学教授であれ建築家であれ、金や植物の命を無駄にし、世のため木のためにならないことには、断固として指摘し、相手を説得する。
植木屋にしかわからないことだから、植木屋として質す。
植木屋にしかできないことだから、植木屋として言う。
後悔するとわかっている仕事はしない。
役所の指示だからと、後で言い訳をするような仕事はしない。
自分の未熟で失敗したら、役所の検査が通ったとしても、直させてもらう。
自分の町に、信用を問われるような仕事は残さない。
それが植木屋の責任であり、ここで仕事をすることだと思っている。


経営や付き合いを優先して良心と誇りを捨てれば、植木屋の信用も捨てることになる。
ブツ切りの依頼が来たとして、それをそのまま受ければ、役所には信用されても、市民からは信用されない。
そんな会社に、若者が入りたいと思うか。
枯れたら植え替えればいい。それが儲けになる。
役所はお客さんだから逆らわない方がいい。
そんなことを言う上司の元で、若者は修行したいと思うか。
大志を持ってこの道を選び、門を叩いてくれる若者たちに、誇りの無い仕事をさせられるか。
そんな業界に、若者は入ってきたいと思うか。
そんな業界が、世の中から信用されるか。
だから植木屋として、誤ったやり方にはとことん抵抗し、正しい方法を提案する。
これは、自分が若者だった時も今も変わらない。


厳しい世の中で生き抜いていくことは難しい。
難しいけれど、生き抜いていくためにも、信用は大切。
そのためにも、専門者として言うべきことは言い、やるべきことをやる。
それが、植木屋としての自分の生きる道。
 INDEX    RSS    管理

プロフィール

紅の葉

Author:紅の葉
▶福岡造園HOME
福岡造園のfacebookページ

秋田の田舎植木屋です。
五感で楽しめる暮らしの庭が好きです。
創った庭から民謡や童謡が聞こえてきそうな、土地の風土と共にある庭を目指しています。

管理者メニューEX

WEBコンサルティング・ホームページ制作のバンブーウエイブ

月別アーカイブ

FC2カウンター

ブログ内検索

QRコード

QRコード