FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

秋田県能代市で作庭管理を行う福岡造園のブログです。 日々の仕事や活動等の最新情報を載せていきます。

大きくのびやかでやさしく2~カエデの透かし

今回はカエデの手入れ。前回のヤマボウシと同じく樹冠を整えるのをやめ、樹木に伸びたいように伸びてもらうための手伝いをしていきます。下から見上げたところです。赤枠のラインがこれまでの剪定位置ですが、これからは枠にはめずに、枠からはみ出させていきます。剪定後。不自然に左右に曲がる枝や枝の付け根にかたまる小枝、切り残して枯れた枝などを外し、これまで切っていた徒長枝を残して伸ばしていきます。全体。かなりのび...

大きくのびやかでやさしく1~ヤマボウシの透かし

建物際にあるヤマボウシの列植の手入れ。これまでは、左端の小さな木に合わせて芯を止め、高さを揃えていたようです(赤線)。個々の枝張りも、左右均等になるように樹冠を整えていたようですが、意図的に整えようとすると樹木が反発し、逆に樹形が乱れてしまうので、枝先を詰めずに、樹木の意志を尊重する方法で手を入れていきます。緑線は、数年後の樹形と、全体の森冠のイメージ。『森』という字のごとく、樹木が3本寄れば、全...

きみまち阪フォトコンテスト2018

地元紙に、『きみまち阪フォトコンテスト2018』の入賞作品が掲載になりました。こちらは、二ツ井の道の駅に開設されている入選作品展。せっかくなので、仕事帰りに相方と見に行ってきました。私の写真もありました。『いざ神座(かみくら)!』というタイトルだけだと何のことやらわかりませんが、「昇竜」のような桜の枝が七座山に向かう様子を写したものです。七座で竜と言えば、もちろん八郎太郎。写真は、二ツ井にも残る伝...

夏椿の透かし

真冬ですが、夏椿の手入れ。ボリュームのある姿を、風でそよげるぐらいに透かしていきます。枝抜きをしながら登っていきましたが、最上部までは届かず。内部に人が入れるぐらいの空間ができてきたので、ここで二連梯子を投入して足場を確保します。上空は風が強いので安全帯で身体を固定していますが、作業はしやすいけれど、逃げられないので寒風が身に沁みる。これは、雪国の植木屋でなければ体感できない貴重な感覚。仕上がり。...

-7℃で大汗

北秋田市で雪寄せ。大屋根から落ちる雪の落ち代を作る仕事です。今朝は-7℃。雪もカチカチなので、スコップで壊しながら運びます。もちろん寒いですが、こんな日を選んでいます。暖気の時など、足がぬかったところに屋根から雪がドドーっと来たら逃げられません。夕方まで掛かって何とか終了。終日-7℃でしたが、力仕事なので大汗をかきます。寒い日には、うってつけの仕事ですね。落ち代はつくりましたが、あまり落ちないことを...

ブツ切りの街

秋田市の官庁街通り。先月、目にした施設のケヤキが痛々しい。先に進むと、今度は民間の施設のケヤキもブツ切り。足並みを揃えるように、その向かいの施設のケヤキもブツ切りで、施設に面した緑道のケヤキもブツ切り。360度の視界がブツ切りだらけというのも珍しい。秋田市の市の木はケヤキだけれど、県都秋田はケヤキが住みにくい街のようだ。なんとかならないものかと、他市民ながら気の毒に思う。...

厳冬の七座

今朝は-9℃。自分史上一番の寒さでしたが、これはいい景色が見れるかもしれないと、子どもを駅まで送った足できみまち阪へ。厳冬の七座は、とても神秘的でした。...

えびすさん

エビス5種。お客様からのいただきものですが、嬉しくて、思わずこちらもえびす顔になります。いただいた後も、飾っておこうと思います^^。...

左用

何気に入った道具屋さんで見つけた剪定鋏。『左』、と刻まれているように、左利き用の鋏です。左用を見たのは、実は初めてのこと。目にする機会がないぐらいに希少ということですが、それだけに、値段も右利き用の倍します。仕事の質も、これまでの倍になるよう頑張ろう^^。...

晴耕雪書

晴れれば剪定に行き、吹雪けば原稿を書く。そんな中、いよいよ締め切りも差し迫り、本腰を入れなければならなくなってきた。とりあえず心のままに書いてみて、そこから削る。直してみると、そこからさらに字数が膨らむ。字数が膨らむと話が膨らんで、何を言いたいのかわからなくなる。そして一から書き直してみたりする。そんな原稿が、三通りぐらいできた。それを一つに絞り、さらにまた絞り込む。原稿を絞っていると、知らぬ間に...

雑木の庭 10年目の手入れ

作庭から10年目を迎える庭の手入れ。これまでは点検で寄った時などに、枯枝や越境する枝を外すぐらいですんでいました。しかし10年も経つと、木々の個性も顕著になります。こちらの庭は里山の雑木を植えた庭ですが、里山で最も大きくなるのはどんぐりの木。ここにはコナラとミズナラが1本ずつありますが、やはり他の木に先駆けて成長しています。それはそれで樹木の特徴であり、高木が林冠を形成していくのが自然の理。里山の木々...

掘りごたつ

移動の途中で寄ったきみまち阪。雪を漕ぎ、息を切らして登っていくと、この掘りごたつ。かまくらのようなあったかさ。...

山並み

秋田市までの道中で。遠くの山並みと近くの山並み。連なり重なる様が美しい。...

ブナとモミジの樹高下げ

除排雪作業も一段落、現場は落葉樹の冬季剪定に入りました。今回は、ブナの木の樹高下げ。8mほどのブナを、1.5mほど下げます。ほとんど切っていないように見えますが、直径5㎝ほどの枝を3~4mの長さで4,5本間引いています。この角度から見ると、枝が透けているのがわかるでしょうか。側面から。電線を交わしつつ、隣地側に枝が張らないように、庭側の枝は伸ばして木蔭を作れるように。こうして見ると左右対称ではありませ...

雪下ろし&雪捨て

藤里町で雪下し。2階の雪を下ろし、2階と1階の雪を下ろし、裏庭まで運びます。車が入れる所は、トラックで運搬。町の雪捨て場まで運びました。暮れにドサッと積もった雪は、暖気で少し解けました。その後は落ち着いていますが、これからまた積もるでしょう。その前に一度寄せておけば、屋根も人も楽できます。※雪下ろし作業は、勾配の緩い屋根や雪留の着いた屋根のみをお受けしています。高さのある総2階や屋根の形状が複雑な...

ケヤキのブツ切り

秋田市で遭遇したケヤキのブツ切り。街路樹ではなく県庁舎の植栽ですが、電線も無いのに、なぜこんな姿になっているのかと驚きました。隣には県議会棟がありますが、その間の緑道にも大きなケヤキが林立しています。実は昨年6月に、県立美術館のケヤキのことで担当課のあるこの施設を訪問した際、あまりに心地よいので周辺を散策していました。秋田市は市の木をケヤキとしているせいか、県立美術館をはじめ、県管理の施設や街路樹...

冬期営業案内

2019年の営業を開始しました。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。今年の初仕事は雪寄せから。通路の雪を庭まで運びます。植木屋なので、もちろん、樹木を傷めないように気を付けます。冬期の営業は、除排雪や落葉樹の剪定がメインとなります。(除排雪の案内はコチラ)多少にかかわらず、お声がけください。...

雪下ろし

大晦日に降った雪。前日と合わせて、60㎝ぐらいは積もったでしょうか。今年のものは今年のうちに。半日かけて、2トン車20台分ほどの雪を寄せました。これだけ頑張ると、もちろん筋肉痛。実家の雪までは手が回らずに、怠けてしまいました。ということで、筋肉痛が引くのを待って、というよりも、寒さを待って雪下ろし。いい汗かきました。...

初竜

元日にお参りした集落の神明様。階段の上に、曲がりくねった木が見えます。この木はカエデですが、毎年参拝していながら、これまであまり気に留めて見たことがありませんでした。初詣の時には葉が無く、集落作業で来る夏場も、枝葉が高いので幹しか見えない。視界に入りずらいということもありますが、それ以前に、階段上りで疲れてしまい、辺りを見回す余裕がなかった。それが今回は、いつになくゆっくりと参拝したのが良かったの...

初詣

元旦は地元の神明様に初詣。65段あるこの階段、足にも来るし息も切れる。参拝自体が修行という感じですが、せめて、段数の年までは手すりにつかまらずに登りたい。今年もどうか、集落の安全をお守りください。2日は、連れの実家近くのお寺へ。おみくじを引くと、なんと、4人中3人が大吉でした。みんな大吉だと後の方に申し訳ない。一人だけ違うというのもなんですが、世の中に運のおすそわけをしたということにしておきましょ...

2019新年

...

千秋楽

今年も無事に、2018年の千秋楽を迎えることができました。来る年を前に、この一年の皆さまのご愛顧に感謝したいと思います。写真は、暮れのごあいさつで訪れた庭。この、晴れ晴れとした静けさに佇める幸せを感じました。さりげなく、あるがままに、全てを受け入れつつ、心豊かに。皆さまのご多幸を祈りつつ、2019年も、そんな年でありたいと思います。...

凍み割れのしないアプローチ

昨日とは打って変わり、今日は吹雪。寒波到来で暴風雪警報が出るなど、本当に寒い一日でした。そんな中で訪れたこの庭は、寒い中でも目に暖かい。その秘密は、レンガや敷石、砂利、石積みなどに、暖色系の素材を多用していること。それに加えて、この時期は芝生の色も同化するので、雪が降り積もる前の寒い季節に暖かさを醸し出してくれています。庭はデザインも大事ですが、素材の色が人に与える印象も大切ですね。今日は外気温が...

晴れ間

クリスマスが過ぎたというのに、この青空。外仕事には、ありがたいお天気です。...

メリークリスマス

透明板を付けた玄関前の囲い、せっかくだから正月気分を出そうかと、押さえの板に青竹を被せてみました。すると、脇の部分に三角形ができてきて、これは縄を張るしかないだろうと。暗くなると、こうなります。正月の前に、メリークリスマス!!...