FC2ブログ

美しき津軽

仕入れで津軽まで。岩木山の東から北に向かう旅。素晴らしい景色の連続。美しき津軽路、いつかまた来たい。...

お岩木山

毎年恒例の岩木山巡り。いろんな角度から撮ってみました。岩木山には、本当にリンゴ畑がよく似合います。...

なだらか

なだらかな林冠。なだらかな丘。なだらかな道。こんな光景を見ていると心が落ち着きます。立体も平面も、なだらかなものは、土地も風景も心も落ち着く。違和感が無く、無理のない景色。もともとそこにあったかのような、必然の形。斬新も鋭さも無く、ただただなだらか。そんな風景をつくっていきたいなあと思わせてくれた庭。(京都御所にて)...

光景を継ぐ

庭から里山へ。線引きも無く、自然に移り変わる様が素敵。誘うのは落ち葉と、午後のやさしい光。そして、光景を継ぐ人の思い。...

素敵な竹林

京都最終日の朝、宿から京都駅への道すがら。高層ビルの竹林がとても心地いい。横断歩道を渡ると、そこにもミニ竹林。歩道と自転車置き場の境に植えられたトクサが心地いい。曲がりのある雑木も好きですが、まっすぐな竹もいい。それが林立しているとなお素敵。その大小が向かい合っているからさらにいい。見上げたり足元を見たり、首が疲れた京都駅。...

京都ねこ歩き

京都と言えば、日本庭園のメッカ。通りすがりの神社を覗くと、そこにも庭がありました。枯れ流れのある、落ち着いた雰囲気の庭。苔むした石組みが、とてもいい雰囲気です。視線を落とすと、石畳の起点に桜模様の石が。もしかしたら、神社に由来したものかもしれませんね。なんだか視線を感じて庭の先に目をやると、子猫が一匹、こちらの方を見つめていました。警戒心が強いのか、呼びかけると逃げていきます。逃げた先を見ると、そ...

御所の朝

出張の宿泊先は、京都御所のすぐそば。せっかくなので、朝の散歩に出かけてみました。とにかく広い。広すぎて、どこをどう歩いていいのかわかりません。どっちに行こうかと思案していると、道の真ん中に道標を見つけました。作り物かと思ったら、本物のサギ。とりあえず、サギが向いている方向に行ってみることに。橋を渡ると、銀閣寺のような旧宅。どんぐりの道を歩き、なだらかな丘を抜けると、イチョウ並木。けっこう歩きました...

美味しい物返し

出張から戻ると、家のケヤキの葉が落ちていました。私は鬼ではありませんが、いない間に台風がいたずらをしていったようです。紅葉を楽しみにしていただけに、なんとも残念なことでした。というわけで、今年初めての落ち葉掃除。ひらひら落ちる葉っぱは庭に落ち、びゅうびゅう飛ぶ葉はあちこちに遊びに行く。そんなわけで、ご近所さんからケヤキの葉のお守りをしてもらったお礼に、柿の葉を送りました。すると、そのまたお返しに、...

田んぼアート

黒石経由で弘前まで。途中に寄った田舎館の村役場。駐車場に車を停めると、なんともカラフルな田んぼが広がっていて。庁舎6階からの眺め。噂の田んぼアートを初体感してきました。上から見なければわからないこの景色。行ったことないけれど、ナスカの地上絵のような。この見せ方、素晴らしい!田んぼアートの歴史を記したパンフ。稲の絵が、年々進化しているのがわかります。毎年新たな絵に挑戦するから、毎年見に行きたくなる。...

いわて山メロンパン

夏休みに突入した次女を誘い、岩手まで出かけてきました。せっかくなので、高速SAで見つけた大きなカツラの木の前で記念撮影。帰り、反対側のSAにも寄ったら、面白い形のパンを見つけました。その名も、「いわて山メロンパン」。部活で来られなかった長女へのおみやげは、これで決まり。実は、今回の岩手行は、次女の社会科見学も兼ねていました。ということで、ここで、次女に問題。 「岩手山」と「岩手県」、名前が付いたのはど...

土壁に朝顔

先日、山形市内の古民家で見た、心惹かれる言葉。「都会に出ても、山形の土と火でできたってこと、忘れるなよ。」と書いてあります。外に出ると、蔵の壁に朝顔。黄色い土壁に青い朝顔が映えます。山形で、いい言葉と景色に出会えました。 「どこにいても、ふるさとの人と自然の中で育まれたこと、忘れるなよ。」いつか子供たちを送り出す時、そう言ってあげたいと思いました。...

桂離宮見学

桂離宮を見学してきました。日本の庭の粋がここにあります。現代の庭にも通じる、素晴らしい造形感覚に魅了されてきました。...

南禅寺の夕日

閉門直前、南禅寺山門に登って見た京の夕日。美しさに息を飲みました。感動です。...

夜桜

日曜は、所用で子どもたちと弘前へ。夕暮れのお岩木山がとてもきれいでした。せっかくなので、弘前城公園まで。お堀の桜が満開でした。お堀の夜景がとてもきれいです。私は運転なので、写真係は子どもたち。携帯とデジカメで、わいわい言いながら撮りました。いや、ここは津軽だから、「わ~わ~」言いながら撮りました(笑)。...

今日も雨

手入れ仕事も一段落、今週から庭づくりを再開する予定でしたが、先週から降り続く雨で現場に出れないでいます。こんな時は庭めぐりだと、露地の勉強を兼ねて大館市の鳥潟会館へ(植治の弟子が手掛けたという露地)。二週連続の露地研修だと勇んで出かけたものの、残念ながら勇み足、この日は休館日でした。予定変更、こんな時は素材探しだと、以前から覗いて見たかった採石場へ。収穫あり。大きなものから小さなものまで、石積みに...

山形茶室研修

先週のことになりますが、山形市まで茶室研修に行ってきました。清風荘。ここには宝紅庵という公共のお茶室があります。こちらは、紅葉公園と言われるだけあって、園内にはみごとなモミジがたくさん植えられています。秋にはこの紅葉を見に、全国からの観光客でにぎわうそうです。ここでは各流派の方々が常駐し、立礼席でお茶をいただけます。街なかにこのような施設があるということ、本当にうらやましい。露地の様子。蹲踞は、益...

三内丸山遺跡

お盆休み、西津軽までお墓参りに出掛けた足で、青森市にある三内丸山遺跡まで行ってきました。三内丸山遺跡は4000年以上前の縄文時代の史跡ですが、20年ほど前に一度訪れたことがあります。以前は復元された建物だけだったような気がしますが、いつのまにか近代的な博物館となっていて驚きました。この遺跡の代名詞ともいえる櫓。何のために建てられたものなのか、その目的はまだ解明されていないそうです。小4の長女は150㎝以...

八幡平

自然の話が続きますが、先々週、八幡平まで出掛けてきました。展望台からの眺めです。麓から新緑前線が登ってきているのがわかります。展望台の向かいの山。八幡平は火山なので、所々に溶岩が顔を出しています。この、石の大小のの散らばり具合。勉強になります。春の八幡平といえば雪の回廊が有名ですが、5月も半ばとなると、さすがに雪壁も低くなっていました。後生掛温泉の散策路。雪のトンネルに咲く水芭蕉の花がきれいです。...

庭空間の創造展 in青山

東京は青山の善光寺で開催中の、越智将人さんの個展を見に行ってきました。越智さんは愛媛県の庭師さんですが、日々の作庭の傍らに石造品や版築塀などを自作し、各地で庭空間の個展を開かれています。越智さんの個展は、3年前の京都の時もご案内をいただいて見に出かけていますが、今回は開会が私の作庭展と重なってしまったことから、満を持しての上京となりました。(京都個展の様子はこちら→ http://www.shirakami.or.jp/~niwa...

八幡平

久々の何も無い日曜日、風邪気味なので家でゆっくりしようと思ったら、最近になくいい天気。ということで、こんな所に来てみました。岩手県との県境、八幡平です。八幡平というだけに、山頂部もほとんど平らです。山頂までは1.5キロほど、せっかくなので登ってみることにしました。それでは景色をお楽しみください。オオシラビソ(アオモリトドマツ)とゴヨウマツの群落。山波。沼。山頂に向かう山道。右端に見える山は岩手山で...