FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

阿倍比羅夫北征における米代川遡航説について(県立図書館の文献から)

その後も折を見て図書館に寄り、阿倍比羅夫北征に関する文献を読んでいます。今回は、秋田県立図書館で閲覧した本の中から関連する記事を書き残していきますが、最初にお断りをしておくと、表題とした『米代川遡航説』は、阿倍比羅夫が二ツ井町や鷹巣町に船で来たという説にこの名称が使われているわけではなく、米代川を「さかのぼって」七座や綴子に「到達した」という記述が歴史書等に散見されることから、単純に、「船で遡った...

顎田の浦と顎田浦神(資料編)

富根分館報に寄稿した『天そそり立つ茂谷山を探して』という拙文は6月に書いたもので、「顎田の浦(あいたの浦)」という地名と「顎田浦神」という神の名が七座神社の石碑に刻まれていて、「顎田浦神」は七座神社のことだったというところで終わっている。その後さらに調べたところ、この「顎田浦神」を元とする神社は秋田市にもあることがわかり、7月28日のブログに書いた。今回は、その後にわかったことなどを資料としてここ...

あいたの浦を探して

富根小学校の校歌の一番に出てくる「あいたの浦」。 船上人が「高き印」と仰いだこの場所がどこなのかを調べてみると、「あいた」は『顎田』と書いて「あぎた」とも読み、「秋田」の古名だった。 「浦」は「海」だから、「あいたの浦」は『秋田の海』ということになるが、「顎田の浦」は雄物川河口周辺の秋田湾のことだとする記述もある。 「顎田」は能代の古名である『渟代』と共に日本書記に登場するから『渟代の浦』でもよさそ...

続・富根小学校の校歌(1~5番)

 この間紹介した、母校富根小学校の校歌。在校時に歌っていたのは2番までで、3番の存在は、それから30年後の閉校式の時に知った。歌詞は1番に茂谷山が出てきて2番が米代川、3番は、1番と2番をまとめる形で完結していた。この校歌は小学生には難しいけれど、茂谷山が出てくる1番には、能代沖を航行する船がこの山を目印にしていたことを書いている。校歌が披露されたのは昭和初期で、作詞は、俳人でもあったという、富根...

天そそり立つ茂谷が峰(富根小学校の校歌)

昨夜、小学校の同期から、市広報のフォトコンテストの入賞作に名前を見つけたと、お祝いメールをもらった。お礼の返信では、実はコンテストには『天そそり立つ茂谷が峰』のタイトルで茂谷山の写真も出したことを教えた。それが下の写真。 富根の人ならだれもが知る山と、この山から始まる富根小学校の校歌。同期からの返信には、 「なつかしな~!でもその次の歌詞が出てこない・・・」。 言われて口ずさんだら自分もあやふやで、...

初めての竿灯

久々のおなごりフェスティバル。実は、秋田県人でありながら、秋田の竿灯は初めて見ました。案外小さいんだなと思いきや、短い竿がどんどん足されて高くなり、足されるたびに反って行くという。これはみごと!今度は本場で見てみたいものです。...

桜のトンネル(能代公園)

お昼休みは能代公園へ。何度か通っているけれど、ここに桜のトンネルがあることに今日初めて気付く。開花の時期に、また訪れてみよう。...

夏祭り

夏祭り前の手入れも最盛期。休んでいる場合ではないのですが、今日は地元のお祭り。1日だけお休みをいただきました。恒例の、町内練り歩き。やはりありがたいのは木蔭です。最後は、木漏れ日の神社に踊りを奉納。私も、毎年恒例、獅子となっての交通誘導係。駒形の獅子は3人。暑い中、子獅子たちも頑張りました。...

刈り残す心

田んぼの土手に咲く花。ついこの間まで、草に隠れていたからわからなかった。斜面の草藪にある花を残して刈るのは難しい。技術も素晴らしいけれど、花を残そうとする刈り人のやさしさが素敵。...

新緑と木漏れ日(きみまち阪)

お天気に誘われてきみまち阪へ。美しい新緑と木漏れ日が迎えてくれました。...

一期一会

今年も、この季節になりました。今の時期に、朝にしか見れないこの光景。まさに、一期一会の景色なのです。夕景もなかなか。こんな景色が目の前にあるとは、何とも幸せなことです。...

菜の花づつみ

現場への道すがら、川沿いの菜の花に誘われて車を停めました。少し歩くと、ここからの眺めもいい。もっと歩くと、もっといい。「菜の花づつみ」とでも呼びたくなるようなこの風景。仕事の行き帰りが楽しくなりました。...

三本桂

子どもの送迎で二ツ井駅まで。同じ年の頃に、自分もお世話になった駅。そして多分、その頃からこの木たちはいた。大きくて、とても存在感のある木立。特に名前もないけれど、誰がいつ植えたのかもわからないけれど、心の中で『三本桂』と呼んでいる。毎朝毎夕、この木の下を子どもたちが通う。自分がそうであったように、この木の存在に気付く子どもはいないだろう。それでも三本桂は、今日も子どもたちを見守る。これまでへの感謝...

茂谷山の兄弟

山越えで秋田市まで。沢には水芭蕉も見えて、気持ちのいい春を満喫できました。田んぼの脇の水のきらめき。これも、春ならではの楽しみ。棚田の向こうには三角山が。でもこの感じ、どこかで見たことがある。田んぼとため池の違いはあるけれど、この光景は、わが故郷の茂谷山に似ています。きっと、昔からこの地域で愛されてきた山に違いない。名前もわからない山ですが、とても親近感を覚えました。ということで、勝手にこの山を「...

山水に得失無し

2011年の今頃に撮った、早朝のきみまち阪。自分の中に、自然を美しいと思える心があり、ふるさとに美しい自然が残っていることに感謝しました。『山水に得失無し。得失は人の心にあり。』美は自然の中にあるのではなく、人の心の中にこそある。美を美と思える心、いつまでも、持ち続けられたらと思います。...

ふるさとがマイリゾート

きみまち阪フォトコンテストに応募した写真は、林立する楓の幹間から朝もやの『夫婦岩』を撮ったものでした。夫婦岩はきみ恋カフェなどがある第一広場の上、山頂に向かう途中にあるので、徒歩で行くのはけっこう大変。二ツ井町内で暮らす私自身も、夫婦岩まで行くことはあまりなく、ここまで来たのは小学校の遠足以来かもしれません。昨年、地元紙に『ふるさとがマイリゾート ~身近にある素敵な光景を探そう~』という記事を書き...

冬の藤駒

雪原の向こうに現れた藤駒。冬の晴れ間がくれた、雄大なプレゼント。...

神々の山2

今朝の道路気温計は-6℃。久しぶりに見た青空の下、白神山地がとてもきれいでした。白神山地が世界遺産になってから20年。その7,8年目ぐらいの時、保育園児だった長女が、首都高速から見えた富士山を「白神山地だ!」と言ったことがありました。自分たちが子どもの頃は、山といえば茂谷山。「白神山地」は遠くに見える山で、山地の名前さえ知りませんでした。それが、保育園児でも知っている山になっていたことを驚いたもの...

神々の山

今朝の白神山地。辺りが薄暗い中、山だけに光が差していました。その神々しさに目を奪われます。さすが神の山。世界的な美しさを堪能できました。(クリックすると、大きな画像でご覧になれます)...

貴婦人

黄金のドレスを纏う、秋田(杉)美人。今年も現れてきてくれました。貴婦人のような佇まい。...