杜の木漏れ日

CATEGORY PAGE

Category

街の緑3(緑の活動紹介記事:新聞取材記事等) 1/2

『街路樹サミットin大阪』開催のお知らせ

来年の1月7日、大阪府茨木市において、『街路樹サミットin大阪』が開催されます。発起人の木下さんご夫妻は兵庫県三田市の方。今年1月の「街路樹サミットin立川」にも参加され、6月には、はるばる秋田にもお越しいただいておりました。「あまがえるさんの日誌より)「in立川」の懇親会場で、「次は関西で!」と声を上げられた木下さん、お仲間の皆さんと共に実現にこぎつけられたこと、本当にご苦労さまです。そして、思いを繋いで...

  •  0
  •  -

街路樹は何のために

今朝の地元紙1面に、「街路樹は何のために」との大見出しで、街路樹問題に関するレポートがありました。記事には私の発言もありますが、取材の申し込みの際、記者さんには、畠町の街路樹伐採は昨年から始まっていたことで、今年また切られたからと言って、今さら反対の記事にしてはいけない。市民がこれからの街路樹を考えるための、今後に繋がる記事にしてほしいと話し、全面協力しました。「街路樹は何のために植え、なぜそこに...

  •  2
  •  -

「巨木の街路樹写真展」が地元紙で紹介されました

8月10日より開催しておりました「巨木の街路樹写真展」も、16日をもって無事終了となりました。ご来場いただいただいた皆さまはじめ、取材や資料提供、会場設営にご協力いただきました方々に、心から感謝を申し上げます。(クリックで拡大できます)8月13日付の北羽新報に、展示の紹介記事が掲載されておりました。いい記事を書いていただき、本当にありがとうございます。街路樹は、行政が主導して植える場合が多いことか...

  •  2
  •  -

久喜市市議団能代来訪(地元紙記事)

手入れ仕事も大詰めですが、昨日は埼玉県久喜市の議員団の皆さんが能代の街路樹視察に訪れ、街なかを少し案内させていただきました。久喜市は、全国に先駆けて街路樹条例が制定された都市で、今冬の関東地方の視察の際、条例提案者である石川忠義議員に久喜市内をご案内いただき、条例の説明をしていただいておりました。条例の内容については、以前に開催した「日本の街路樹を考えるー小さな街路樹サミットin能代」での全国の事例...

  •  0
  •  -

剪定見学会

今朝の北羽新報に、昨日開催した剪定見学会の様子が掲載されました。(この記事は、北羽新報HPのニュースでも紹介されています。)時折り小雪舞う寒い日となりましたが、街路樹や公園、施設等の樹木管理に携わる市県の方々をはじめ、市議会の方、シルバーセンターの皆さん、一般市民の方々等、本当にたくさんの方々にご参加いただきました。参加者何と40名。予想をはるかに上回る人数に資料が足りなくなるなど、嬉しい悲鳴の中...

  •  0
  •  -

緑の報告展が地元紙で紹介されました

本日付の北羽新報で、報告展の様子が掲載されました(クリックで拡大できます)...

  •  0
  •  -

拡大する共感の輪

先日知ったことですが、先ごろ、埼玉県和光市で街路樹の強剪定が改められ、透かし剪定が導入されたそうです。このことは、和光市長さんがブログで紹介されていますが、参考にした剪定例として、私のHPの記事(イチョウの透かし剪定)を紹介してくださっています。この記事は、まだ緑景会としての活動を行う前、自社で行った市の剪定業務の記録で、私の住む二ツ井町の街路樹を剪定した時の報告書です。当時すでに、個人的に能代市...

  •  0
  •  -

落ち葉掃除のポスターが地元紙に掲載されました!

本日の北羽新報に、落ち葉掃除のポスターが掲載されました。ありがとうございます。たくさんの葉っぱたちが、皆さんとの出会いを待っています。朝7時開会です。それでは私も、官庁街まで出かけてきます。...

  •  0
  •  -

桜剪定勉強会 (地元紙記事)

先日お知らせしておりました桜剪定会を3月5日に行いました。その日の様子が今朝の北羽新報に掲載されましたのでお知らせいたします。この剪定会は、「さくらフォーラム」で学んできた弘前方式の桜剪定法の実践確認として行った勉強会ですが、市県の関係課や関係団体の皆さまにもご案内したところ、当日はたくさんのご見学をいただきました。以下に勉強会の様子をご紹介します。  以前の剪定の際に切り残された枝を、カルスが巻...

  •  2
  •  -

街路樹景観写真展の紹介記事 2

今朝の秋田さきがけ新報に、街路樹景観写真展の記事が掲載されました。   (クリックすると拡大できます)全県紙にこの問題を取り上げてもらうのは初めてのこと。街路樹の管理は、市県国や関係機関が共通認識を持って連携管理に当たらなければならないので、紙面を通して県内全体にこのことが伝わったのは本当に大きいです。秋田を飛び越えて全国誌(庭誌)に紹介された能代の街路樹でしたが、ここにきてようやく、県内の問題と...

  •  0
  •  -