category: 街の緑5(街中の巨木の街路樹)  1/1

大館市の巨木の街路樹(大館鳳鳴高校のケヤキと城南小学校のサクラの木)

先日、打ち合わせで大館市まで出かけた際、大館鳳鳴高校前のバス停付近に、大きなケヤキの木を見つけました。幹周は3m以上あるでしょう。こうした木が3本、歩道にあります。道路に面した歩道にあるということは、「街路樹」なのだと思います。3本とも、15m以上ある、大きな木。よく見ると、フェンスの向こう側の校庭にも、同じぐらいのケヤキの木が2本あります。樹齢にして、200年以上は経っていると思われます。鳳鳴高校は明治31...

  •  0
  •  closed

十和田市の赤松並木

巨木の街路樹写真展でご紹介した、十和田市官庁街通りから続く赤松並木です。十和田市役所の公園緑地課の方にお話を聞いたところ、都市整備の際、国の軍馬養成所の外周に植えられていた赤松を市が譲り受け、街路樹として整備したものだそうです。十和田市には緑の条例がありますが、その条例のもと、この赤松並木は保全区域に指定され、むやみな剪定や伐採などから守られています。また、開発等の必要が生じた際には、条例が定める...

  •  0
  •  closed

諏訪神社前のケヤキの緑道(山形県山形市)

先日、山形市まで出かけた際、偶然通った道に大きなケヤキを見つけました。こちらは能代のけやき公園前の街路樹ですが(2007年撮影のもの)、道路沿いの木々の後ろも樹林になっているところがよく似ています。けやき公園の街路樹は、国道建設の際、お寺の樹木を街路樹として保存したものですが、こちらの木々は神社の前にありました。街路樹なのかどうかもわかりませんが、もしかしたら、同じような経緯で残されたものかもしれませ...

  •  0
  •  closed