杜の木漏れ日

CATEGORY PAGE

Category

心に残る一冊 1/2

庭暮らしのススメ

建築資料研究社から、「庭暮らしのススメ(豊藏均氏編著)」が発刊となりました。全国の作庭者16人による、庭づくりの実例紹介。実際に庭をつくっている人たちが、石積みや石張り、植栽や手入れなどの10項目を執筆、その勘所をとても分かりやすく解説してくれています。微力ながら私も協力させていただき、『庭を育み守る』という項目を担当、 ・木を植え育み守る ・大きく生長した樹木を、自然な形に保ちつつ支障の無い空間...

  •  0
  •  -

庭40周年

庭誌最新号が届きました。 創刊40周年とのことで、誠におめでとうございます。今号で大きな関心を持って読んだのは、「庭園専門誌の歴史を紐解く 『庭』誌40余年、見返りの景」という、前編集長の豊藏均氏へのインタビュー記事。私が「庭」の購読を始めたのは平成元年の67号(福岡住まいの庭)からですが、平成元年からということは、28年間読んできたということになります。様々な雑誌がある中で、こんなに長く読んできたのはこの...

  •  0
  •  -

はじめよう!山歩きレッスンブック

先日、何気に書店で目に入った本。 手に取ったら、一昨年にブログでご紹介した(春のお便りが届きました(『Letters』創刊)大武美緒子さんの著書でびっくりしました。近日中にブログでも紹介予定ですが、1月9日に開催された「街路樹サミットin立川」でもご一緒させていただいた方。登山専門誌のライターをされていた時は、取材で白神山地や二ツ井の七座山にも来られたことがあるとのことで、いつか大武さんの書かれる山の本を...

  •  0
  •  -

現代ニッポンの庭 百人百庭 

白い雪の降る日に、一冊の本が届きました。「白」という字に「一」を足すと「百」になりますが、「百人百庭」という本です。(「現代ニッポンの庭 百人百庭」)庭をつくる人が百人いれば、百の個性がある。「百」という字には「さまざまな」という意味もありますが、この本では、北は北海道から南は沖縄まで、全国各地から世代を超えた百人の作者を選抜、個性豊かで多様な庭の世界を紹介しています。発行は、庭園専門誌の「庭」を...

  •  0
  •  -

葉っぱのフレディ~いのちの旅~

以前、「落ち葉はゴミか」というエッセイを書いたことがあります。HPに掲載している記事ですが、これを書いたのは2007年の11月のことでした。この頃の能代はまだ、街路樹がブツ切りにされていた時代。街路樹のブツ切りは全国的なものですが、その原因の多くは、落ち葉に対する苦情です。でもこうした苦情は、落ち葉をゴミとして捉える意識を変え、樹木の生理が正しく理解されれば、無くなるものもあるかもしれない。樹木の効...

  •  2
  •  -

裏庭のマザー・テレサ~群馬直美さん 「木の葉と木の実の美術館」から~

読書の秋,ということで、先日ご紹介した、群馬直美さんの「木の葉と木の実の美術館」を読んでいます。そこに、「裏庭のマザー・テレサ」のタイトルで出てくるのが、このドクダミ。 名前からして、毒のある草と思われがちなドクダミですが、実は薬草で、その名の由来は、「毒」を「矯める(直すの意)」という「ドクタメ」が訛ったものとか。 群馬さん曰く、 根から茎、葉っぱまで、全てを薬効のために捧げ尽くし、症状に合わせ、煮...

  •  0
  •  -

キンモクセイの香りが運んでくれた本~「木の葉と木の実の美術館」群馬直美さん~

昨日いただいた東京からのお手紙に、「キンモクセイの香りに心潤う季節になりました」とありました。キンモクセイは寒冷地では育ちにくく、当地では見かけることの少ない木ですが、先日、市内で偶然この香りと出会い、嬉しい思いをしたばかりです。この間、この香りを嗅いだのはいつだっただろう。そういえば、10年ほど前に、初めて永平寺さんに出かけた時、境内にいっぱい咲いていたなあ。そのまた前はいつだったろうと記憶を辿...

  •  0
  •  -

春のお便りが届きました(『Letters』創刊)

春の陽気もつかの間、今朝はまた、雪景色の朝です。暴風雪警報も発令されて、やむなく現場もストップ。そんな中、暖かな春のお便りが届きました。『Letters』。暖色系の表紙に描かれた葉っぱが、とても印象的な本です。送り状には、「大切な人に送る手紙のように心を込めて」とありますが、この『手紙』をつくられたのは、さいたま市の大武美緒子さん。「子どもとの暮らしから 身近な自然とつながる たのしむ」をコンセプトに、...

  •  0
  •  -

言の葉葉っぱ暦

先日、帰宅すると、何やら小包が届いていた。開けてみてビックリ。群馬直美さんから届いた新作の著書だった。郡馬さんは、東京都立川在住の、日本で唯一の葉画家さん。数年前、偶然秋田市の本屋さんで「街路樹葉っぱの詩」という本を見つけ、あまりの感動にお手紙を書いたことがある。いただいたお返事には、「福岡さんの考えは正しい。福岡さん流の街路樹が日本全国に広がることを祈っています。」とあった。またまた感動して、数...

  •  2
  •  -

庭212号

庭園専門誌の「庭」最新号が発売になった。「庭」は、古庭園から現代の庭、意欲ある若手のコーナーから名人の語録、道具の紹介まで、庭を幅広く捉える情報満載の専門誌だ。ネットの無い時代、田舎で庭の勉強といえばこの本しかなかった。ここで紹介される人は雲の上の存在。どうやったらこんな庭がつくれるんだろう、でもいつか自分も載ってみたいものだと、ずっとそんことを夢見ていた。40代に差し掛かる頃、自分の庭はこれでい...

  •  0
  •  -