Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

ささやかな挑戦

今回、改修を行った校庭では、公共工事では見ることの少ない、ささやかな挑戦をいくつかしています。写真のように、公共地の植栽では同樹種同大等間隔が一般的。全面が土の所では、庭のようにもっと自由な植え方をしても良いのではないかと常々思っています。冒頭写真は7年前に植えたヤマザクラですが、この写真は、そのヤマザクラの植え付け時に側面から撮ったものです(支柱取り付け前)。図面の植栽配置は直線上に等間隔となっ...

ほのぼのと、やさしく、あたたかく

住む人に寄り添い、土地に寄り添い、木草に寄り添う。技術を見せるのではなく、そこに必要とされるものをつくる。のどかでおおらかで、シンプル。ほのぼのとしてやさしくて、あたたかく。そんな庭をつくれる人に、私もなりたい。若い頃に、そう思わせてくれた、ありがたい庭(本)。...

「木の側に立つ」ということ

先日、地元紙に『冬だから行う木の剪定』という広告を出しました。ありがたいことにお問い合わせをいただいて、お庭の下見に。「ここで切ってあげれば切り口が早くふさがって枝も腐りません」 「お隣に出た枝を短くする分、空いた空間に伸ばしてあげれば木も楽できます」 「木同士が『おしくらまんじゅう』をしているので、少し息継ぎをさせてあげましょう」 「この木は気が弱いので、強い木に空間を譲ってもらいましょう」 「この...

木を植えること

  石積みも石畳も垣根も何もない。ただ木を植え、木が元気に育てるように。それだけを念じて、一心に木を植える。植木屋は木を植える人。木を植えることは命を植えること。命がそこで根付き、命の未来が広がっていけるように。そんなことのために、ただ汗をかく。木を植えることは植木屋の原点。そんな仕事と巡り合えたことが、ただただありがたい。...

風土を積む

古城を思わせる、素朴な石積み。まるで、薪を積んでいるかのよう。細長い角柱状の石を、セメントを使わずに、ただ、積む。セメントを使わないから、隙間から草が生え、生き物が棲み。土中の水が排水される。その地の家々を見れば、土地にかなう石積みがわかる。飾らないながらも、強度の高い「空積み」。土地にかなう積み方は、理に適う積み方。土地にかなう石は、近くにあるもの。山を見れば、土地の色がわかる。 土地から生まれ...

庭づくりで大切にしていること

時々、なぜ自分はこの仕事をしているのか、自分の信条は何か、何を大切に庭をつくるのかを考えます。庭をつくらせていただく時に大切にしていること。「繋ぐ」ことと「必然性」、「合わせる」こと、「活かす」こと、そして、「とらわれない」こと。「繋ぐ」。素材を繋ぐ。造作を繋ぐ。木々を繋ぐ。造作と木々を繋ぐ。家と庭を繋ぐ。内と外を繋ぐ。景色を繋ぐ。景色と景色を繋ぐ。人と自然を繋ぐ。街と自然、庭と人を繋ぐ。一番大切...

笑庭来福

最近のうちの傾向としてあるのが、庭づくりの主役を施主さんにすること。草取りやかたずけ、草花の移植など、植木屋でなくてもできるところは、出来る限りやっていただく。植木屋は現場作業にすぐ入ることができ、施主さんは経費が浮く。力仕事は植木屋がやり、花植えや苔張りなどの仕上げはご家族がやる。最初と最後はご家族の仕事で、間を植木屋が手伝う。ご家族が自分で仕上げると、家族でつくった家族の庭になる。ご家族ご自身...