FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

テングス病枝の剪定

神社にある桜の手入れをお願いされました。木が大きいので、高所作業車に乗り込んでいます。2m以上に育ったテングス病枝。桜はもうすぐ咲きますが、この病気に掛かると花が付かず、枝葉が異常に混み合うので通風も悪くなります。木が大きかったり斜面にある木などは手入れがしにくいせいか、こちらの桜もまた、病害枝や枯枝がたくさんついていました。何年分ものそうした枝を、高所作業車が来た機会に取り除いていきます。剪定完...

イチョウの自然樹形再生

民家のイチョウ剪定。 樹高7mほどなので、一般的な街路樹と同程度です。庭の中にある木なので、隣地への越境や周囲の木との調整もしています。 以前は強剪定されていた木ですが、数年の放任期間を経て、隔年で手を入れてきました。自然形に戻ってきたところで、今後のことについてご家族に相談、あまり大きくならないようにとのことで、樹高を抑えつつ横枝を張らせていこうということになりました。 今回はそれから3回目の手入れ...

6年目の梅並木(樹高調整完了)

現場では今、冬季剪定を始めています。手を入れてから6年目を迎える梅並木。もともとは8mほどあった並木ですが、徐々に樹高を下げて、昨年は半分程度まで下がりました。 ⇒ ということで、剪定開始。今年はどんなふうに手を入れるかを考えながら、まずは1本仕上げます。今年は、昨年の樹高からさらに下げて、3m程度にすることにしました。このぐらいにしておくと、剪定や実採りの際に、木に登らなくとも、8尺(2.4m)の脚...

ドウダンツツジの透かし5年目

刈り込みだったドウダンツツジを透かして5年目。高さは三倍になりましたが、整形的でコンパクトだった玉物が、やわらかな株立ちに変わってきました。変わってきたというよりも、苗木を植えて刈り込まずにおけばこのような姿になるので、元の姿に戻しているということになります。真ん中程の高さの所で幹が曲がっているのは、この曲がりの部分が玉物だった頃の高さで、切らずにおけば幹は曲がらずにすらっと伸びていきます。すらっ...

ムラサキシキブの手入れ

背後の目隠しつくった、ムラサキシキブの丘。2m未満の木を50株ほど植えました。植栽から5年経ち、成長も良好。高さも3mほどになり、森の様相を呈してきました。人の背丈より高くなったところで、下枝を払い、森の中に入れるようにしていきます。剪定後。新緑の頃には、ちょうどよい目隠しになるでしょう。50本もあると、さすがに枝もたくさん出ます。でもこれを捨てるのはもったいない。ということで、3年前に作った柵を...

大きくのびやかでやさしく2~カエデの透かし

今回はカエデの手入れ。前回のヤマボウシと同じく樹冠を整えるのをやめ、樹木に伸びたいように伸びてもらうための手伝いをしていきます。下から見上げたところです。赤枠のラインがこれまでの剪定位置ですが、これからは枠にはめずに、枠からはみ出させていきます。剪定後。不自然に左右に曲がる枝や枝の付け根にかたまる小枝、切り残して枯れた枝などを外し、これまで切っていた徒長枝を残して伸ばしていきます。全体。かなりのび...

大きくのびやかでやさしく1~ヤマボウシの透かし

建物際にあるヤマボウシの列植の手入れ。これまでは、左端の小さな木に合わせて芯を止め、高さを揃えていたようです(赤線)。個々の枝張りも、左右均等になるように樹冠を整えていたようですが、意図的に整えようとすると樹木が反発し、逆に樹形が乱れてしまうので、枝先を詰めずに、樹木の意志を尊重する方法で手を入れていきます。緑線は、数年後の樹形と、全体の森冠のイメージ。『森』という字のごとく、樹木が3本寄れば、全...

夏椿の透かし

真冬ですが、夏椿の手入れ。ボリュームのある姿を、風でそよげるぐらいに透かしていきます。枝抜きをしながら登っていきましたが、最上部までは届かず。内部に人が入れるぐらいの空間ができてきたので、ここで二連梯子を投入して足場を確保します。上空は風が強いので安全帯で身体を固定していますが、作業はしやすいけれど、逃げられないので寒風が身に沁みる。これは、雪国の植木屋でなければ体感できない貴重な感覚。仕上がり。...

雑木の庭 10年目の手入れ

作庭から10年目を迎える庭の手入れ。これまでは点検で寄った時などに、枯枝や越境する枝を外すぐらいですんでいました。しかし10年も経つと、木々の個性も顕著になります。こちらの庭は里山の雑木を植えた庭ですが、里山で最も大きくなるのはどんぐりの木。ここにはコナラとミズナラが1本ずつありますが、やはり他の木に先駆けて成長しています。それはそれで樹木の特徴であり、高木が林冠を形成していくのが自然の理。里山の木々...

ブナとモミジの樹高下げ

除排雪作業も一段落、現場は落葉樹の冬季剪定に入りました。今回は、ブナの木の樹高下げ。8mほどのブナを、1.5mほど下げます。ほとんど切っていないように見えますが、直径5㎝ほどの枝を3~4mの長さで4,5本間引いています。この角度から見ると、枝が透けているのがわかるでしょうか。側面から。電線を交わしつつ、隣地側に枝が張らないように、庭側の枝は伸ばして木蔭を作れるように。こうして見ると左右対称ではありませ...

譲り合って森になる(ソメイヨシノの樹高下げ)

施設の一角にある、ソメイヨシノとナナカマドの木立ち。植栽後、20年以上は経過していると思われますが、おそらく植えた時は同程度の大きさだったことでしょう。ナナカマドは2本ありますが、今は、成長の早いソメイヨシノに圧されて、上方や後方の空間を奪われてしまいました。行き場の無いナナカマドは外側に枝を伸ばすしかなく、幹も随分と傾いてきたようです。この敷地面積と、枝張りが10m以上にもなるソメイヨシノの特徴を考...

野透かし

ブナの木の野透かし。太く長い枝を幹元から抜いていく方法で、冬にしかできないやり方です。「透かし」にもいろんな方法がありますが、山野に生える木にはやはり『野透かし』が最適。樹木のやさしさやしなやかさを最も引き出せる方法です。手を入れたことがわからないように。木に切られたことを感じさせないように。山の木は山にあるあるように。そんなことを心がけて手を入れています。...

老梅の若返り剪定

大きな老梅の剪定をお願いされました。久々に、二連梯子を掛けて登ります。剪定前。通常は、大きな木などは徒長を抜いて全体を縮小していきますが、この木は中間に衰弱枝が多いため、今回は上部の勢いある若枝を残していくことにしました。剪定後。衰弱枝が外れた分、内部の風通りが良くなりました。老梅は所々に空洞化が見られるため、あまり背を高くしていると、強風の影響を受けることも考えられます。今回の剪定では通風や日照...

二年目のヤエザクラ

昨年剪定させていただいたヤエザクラに、今年も手を入れることができました。剪定前。剪定後。門脇にあるこの桜は、後が隣地、上に電線、右は車の通行と、三面に支障があります。方針としては、あまり高さを出さないようにしながら、前面上空と左側に枝を伸ばさせていく予定です。側面の剪定前。剪定後。まだ隣地に越境していたわけではありませんが、いづれそうなることが予想される枝は、余裕を持って剪定しておきます。昨年剪定...

イチョウの交代

9月に書いた、『庭の更新と樹木の更新』という記事で紹介したイチョウ。今年は4年ぶりに、この木の剪定を行いました。剪定前。剪定後。枝のアタリを少し外しただけなので、ほとんど姿は変わりません。切る量が少なければ徒長も起こらず、この木はこれからも自然な姿でいられます。このイチョウに萌芽更新を行ったのが7年前。1年後には10本程度の芽が吹き、それが枝となり幹となるにつれて、徐々に間引いていきました。現在は...

梅の木の基本縮小

梅の記事が続きますが、今週も梅の木の剪定を行いました。周りに障害物が無いので、四方に枝を張らせたきれいな樹形をしています。しばらく手が入っていないようですが、枝ぶりを見ると、横に伸びた枝が途中から上方に向きを変えています。ちょうど、木の脇にある脚立ぐらいの高さになるでしょうか。おそらく以前は、そのぐらいの高さが樹冠となっていたようです。枝が分岐する位置を元に5段階に分けた、樹冠拡大の予想図です。①...

4年目の梅並木

昨年末に行っていた梅並木の剪定。2年ぶりの剪定ですが、だんだん木が大きくなってきたことから、今回は実が採りやすい高さまで下げていきます。側面から見たところ。6~7mの高さ(赤○)の木を、3~4m(緑○)まで下げていきます。反対側から。緑線は前回剪定した時の位置、緑○は剪定後の樹冠です。そして赤線は、今回剪定する予定の位置、赤○は剪定後の樹冠のイメージ。前回よりもかなり剪定位置が下がりますが、位置が下が...

イチョウの樹形再生

2010年から取り組んでいる、イチョウの樹形再生。状況を見ながら2,3年おきに手を入れてきましたが、今年で7年目を迎えました。徐々に樹高を下げていく方針ですが、その分、枝張りは残します。写真を見るとわかるように、斜め上に伸びる枝が、途中から上方に向きを変えています。一番下の枝の成長が最も早く、上部の枝を包み込むように伸びてきていますが、このまま伸長すると、上部の枝に日が当たりにくくなり、風通しも悪...

ブナの透かし

ブナの木の透かし。屋根に触る部分と道路の越境、混枝の整理など。樹高も多少下がって、大きな脚立で枝抜きできる程度にしています。剪定量は1/4程度。長さ3~4m、直径5~7㎝ほどの枝を4本程度間引いています。ほとんど剪定されていない木なので、樹形も自然で内部にも適度な空間があります。自律できている木にはあまり手を入れず、剪定は生活支障や枝擦れのある個所のみ。このブナは、白神山地と向かい合う木。のびのびとし...

柿の木の透かしその後

昨冬に透かした柿の木の今。強剪定後に伸びた木を、樹冠はそのままに、全体の3割程度の枝を間引きしていました。剪定前後と、その後の比較。1年近く経ち、懐から出た徒長枝はまだ短くて、外観は、剪定前と変わらぬ姿を保っています。この状態を想定しながら手を入れましたが、ほぼ予想通りの展開。空間支障も出ていないため、今年は剪定を行わずに見守るだけです。柿の木は、とても穏やかな姿をしていました。そんな状態を見れて...