category: 作庭紹介  1/8

木立をめぐる庭

先月に着工していた庭、このほど無事にお引き渡しとなりました。自然樹形の落葉樹を植えて、木立を散策しながらお手持ちの草花を楽しむ庭です。こちらは造成時ですが、植栽の工夫によって、穏やかに周囲を目隠しできるように考えました。植栽のイメージ図です。中高木を群落状に寄せ植えし、緑の重なりで、自然に庭奥を目立たなくしていきます。群落は、一つ一つがこんもりとした形となり、木々の成長とともに、全体で大きな森を形...

  •  0
  •  closed

雨の日の点検

今日は一日中雨模様。せっかく降ってくれたので、完成したばかりの庭を点検に。かなりの強雨でしたが、整然とした庭を見て安心しました。水は、地盤が硬いと浸み込まずに流れ、軟らかな所では浸み込む。自然勾配の付いた流れの部分では滞ることなくゆっくりと流れ、土壌改良を行った植栽スペースでは土中に浸透しやすくなったために、表土が浸食されたり土が流れたりということが無くなりました。施工前はプールのようだった庭です...

  •  2
  •  closed

橋を渡る庭

施工中の庭が完成、無事、お引き渡しとなりました。植栽は、地味のある自然な雰囲気に。アプローチは、モダンで明るく。そんなイメージでつくらせていただいた庭です。施工前と施工後。雨水がたまりやすい敷地、軒先から自然勾配の枯れ流れを作って排水路とし、途中途中に浸透させながら、余剰水を庭奥まで誘導する仕組みです。冬季の落雪を考慮してアプローチを迂回させていますが、除雪がしやすいようになるべくフラットに、屋根...

  •  0
  •  closed

芝庭のリニューアル

先日完了した芝生のリニューアル。既存の野芝に苔が侵入してきていたことから、図のように、湿気の抜けにくい塀際の土を軽石に変え、雨水の浸透や通気を改善、芝生も新たに張り替えます。床土の空気も入れ替えるため、芝生をはいで天地返し。周囲に軽石を入れる溝を掘り、掘った土で芝生面を以前よりも高めて水はけを良くします。完了に合わせるかのように、ライラックの花が咲いてきました。軽石がバンカーだとすれば、ライラック...

  •  0
  •  closed

柵(しがらみ)と枝流れ

昨年、庭の表面と地中の水を逃がすために掘った沢。こちらの庭にはこうした沢が4本走っていますが、敷地に集まる地下水や雨水のほとんどが沢へと集まり、庭奥へと誘導されていきます。おかげで、庭内に水がたまることは無く、併せて行った土壌改良の効果もあり、木々は1本も枯れることなく芽吹きの季節を迎えました。こちらの沢は、土壌改良を行わずに、粘土質残土を盛っただけの状態ですが(昨年3月に撮影した造成時の写真です)...

  •  0
  •  closed

山桜の回廊

お手持ちの枕木を土留めとして活用、通路脇に土を盛って植樹スペースを設けました。枕木はお隣との境にありますが、その向こうには山桜が満開。山桜はそのまた向こうの里山にもあり、ここに山桜が植われば、『山桜の回廊』ができあがります。この山桜の苗木もまた、お施主さんお手持ちの一品。排水対策や土壌改良も施して、落ち着く所に落ち着きました。後は木々に大きくなってもらうだけ。山桜が繋ぐ緑の回廊、苗木に花が咲く日が...

  •  0
  •  closed

ケヤキの土中改善

先月のことですが、施設内のケヤキに土中改善を行いました。ここ数年、上部に枝枯れが目立ち、紅葉も極端に早いなど、樹勢が著しく衰退していた木です。根の異常が心配されたことから土中の調査を提案、今回、その実施の機会をいただきました。試しに、根回りの土をバールで突いてみると、40cmぐらいの所で硬い層に当たります。驚いたことに、どの部分を突いてもそうした状態。植え桝の周囲はアスファルト舗装の駐車場と道路で...

  •  0
  •  closed

山に還る庭

今春に作庭させていただいた井川町のお宅。里山にある家に、里山にある樹木を植える。その土地に生える身近な樹種を、山にあるように植える。庭というよりは、山。山に還る庭。そんなイメージで、小さな森をいくつもつくり、6つの森の集合体が家を取り囲むような、そんな雰囲気の庭でした。そしてこの庭にも秋が訪れ、やがて葉が落ちる頃。庭の前後に、新たな森が二つ増えました。もともとが、石の無い土地。石の無い所に石を持ち...

  •  6
  •  closed

前庭の改修(山形市で竹垣づくり)

気が付くと、2か月近く仕事の記事を書いていませんでした。お盆明けから手入れ仕事が続いていましたが、暑さもおさまってくるこの季節は、いよいよ作庭シーズン。今回は竹垣づくりがメインですが、涼しくなると竹の伐り出しも始まります。青竹の入荷を待ち、自社で仕込みをしてから、山形市まで出かけてきました。改築されて、新装となったお茶室の玄関前。道路と建物の距離が近いため、悪天候の時などは泥はねが生じるそうです。...

  •  0
  •  closed

丘のある庭

庭の向こうに見える、大きな杉林。秋田の原風景ともいえるこの景色を庭に取り込むこと。風景を活かせば、庭もまた風景になっていく。そんな思いを感じながらの庭づくりでした。整地と植栽を終えた時の景色。隣地に生えるアカシアもまた、この庭の借景です。真夏の庭づくりは暑さとの戦い。そんな時、照り付ける日差しから逃れられるオアシスが、このアカシアの木蔭でした。景色ばかりでなく、木陰も借りられることのありがたさ。夏...

  •  0
  •  closed