杜の木漏れ日

CATEGORY PAGE

Category

庭の楽しみ~我が家のマイリゾート計画~ 1/1

緑の懸け橋

我が家のキングサリ(黄花藤:キバナフジ)が盛りです。昔、初めてこの木の名前を聞いた時、「キング・サリー」とはいったい、どこの国の王様だろう?と思いました(「サリ」と言ったら、「魔法使いサリーちゃん」だから・笑)。この木はヨーロッパ原産、英名の「golden chain」が直訳されて「金鎖(きんぐさり)」になったそうですが、イギリスにはこの木の名所も多いようです。やはり、女王様のお膝元だからなのでは?反対側から。...

  •  -
  •  -

庭蛍

庭に置いたソーラーライト。夕暮れになると、石の間から灯りがこぼれてきます。石の上に置くタイプもあります。小道の周りに置くと、露地行灯のようでなかなかの雰囲気。7個置くと北斗七星になるのですが、そんな配置にはならなくて残念でした。暗くなると、灯りの本領発揮。この頃になると、田んぼで蛙の合唱が始まります。一人で楽しむのももったいなくて、子どもたちにも声掛け。そういえばこれまでは、こんなんふうに、庭で家...

  •  0
  •  -

朝摘み

マイリゾートにあるイチゴ畑。いよいよ熟してきました。ほんの少しですが、家族で収穫。美味しゅうございました。庭に食べられるものがあるのは楽しいですね。次の収穫が待ち遠しい。...

  •  0
  •  -

水鏡

家の前にある田んぼと里山。何十年とこの地に住んでいて、これほど美しいと思ったのは今朝が初めて。田植え前の今しか見れないこの水景。心が洗われたようです。...

  •  0
  •  -

寄り添えば笑う

昨年、知人からいただいていた石の彫刻。夫婦が寄り添う姿を彫ったもののようです。となると照れくさくて、なかなか置き場所を決められません。そんな時、若いご夫婦が遊びに来てくれるということで、意を決して置くことにしました。あまり目立たぬように、さりげなくそこにいる。そんな感じでいてくれればと思いますが、いざお披露目という段になり、置いた本人がどこに置いたのかを忘れてしまいました。「さて、この庭にはカップ...

  •  0
  •  -

庭暮らしのススメ

家の中よりも外の方が暖かくなってきたこの頃。昨日は、デイサービスのお迎えを待つ母が外で待てるようにと、仮設デッキにゴザを敷いてみました。ここに座ると、マイリゾートが一望できるのです。いろんな花が咲き出したので、庭は色とりどり。やはり、花があると気持ちが和みますね。ゴザを敷いただけですが、一足早い、母の日のプレゼントです。こちらは、その奥にある、私の場所から見える景色。かなり狭い空間ですが、電車の窓...

  •  0
  •  -

マイリゾートその後

この間、家に居ながらにして行楽気分を楽しめたらそこは『マイリゾート』、という話をしましたが、我が家で進行中のマイリゾート計画のその後です。剪定枝を利用して作ったトレリスと、土留めの石積み。トレリスにはテッセンが植わり、石積み周りに色とりどりの草花が。ランダムな石積み周りは、同系色の軽石敷き。軽石は浸透性が高いので、花に水をあげても土が流れないという優れものです。実はこの石積みは、ニッコウキスゲの群...

  •  0
  •  -

紺屋の白袴(庭屋の庭)

「紺屋の白袴」 :他人のためにばかり働いて、自分のことに手が回らないこと。 そういえば、庭屋である自分もまた、人様の庭をつくるばかりで、自分の庭には手を付けられずにいた。『みんなの庭』である街の木の見守りはしているが、我が家には見守る庭がなかった。『公私混合の杜』を提唱しながら、「私」である自分の庭をつくっていなかった。庭屋は仕事で庭をつくるけれど、つくった庭で暮らすのは、庭屋ではなくその家の家族。...

  •  0
  •  -