杜の木漏れ日

CATEGORY PAGE

Category

庭の楽しみ~我が家のマイリゾート計画~ 1/3

雪蛍

夏には、田んぼから蛍が遊びに来るわが家の庭。そんな庭に、昨夜は雪蛍が遊びに来てくれました。雪蛍が止まっているのはこの雪囲いですが、実は、囲いに付いている縄は蛍に止まってもらうためのもの。雪吊りのように取り付けたこの縄は、止まり木ならぬ止まり縄なのでした。巷はクリスマスツリーの時期ですが、うちは敬虔な?仏教徒。これはツリーではなく、あくまで、雪吊りに点いた蛍なのです(笑)。ちなみにこの電飾はソーラー...

  •  -
  •  -

我が家の冬囲い

寒波襲来!ということで、サボっていた我が家の冬囲いに着手しました。今春、樹木や草花が少し増えましたが、囲うのは昨年同様に屋根下のツツジだけなので、作業も2時間程度で終わります。昨秋、除雪・落雪対策として植え直しを行ったため、冬の養生は格段に楽になりました(参照 雪と共生する庭)。ただ、わが家には冬の雪対策よりも雪のない時期の楽しみを優先させた庭もある。秋まで楽しんで解体するつもりが、一度作ると壊す...

  •  -
  •  -

初霜のアート2017

毎年楽しみにしている初霜のアート。なにげない道端の落ち葉や野草が光り輝いて見える日です。今年の登場は11月28日。関係ありませんが、「いいにわ(1128)」の日に現れてくれましたね。ということで今年は、我が家のイチゴやサザンカも撮ってみました。イチゴだけに、朝だけの一期一会。霜は木草を輝かせる魔法ですね。...

  •  -
  •  -

名残り葉

夜半からの雨。外に出れば、昨日までの雪が解け、落ち葉が顔を出している。もう鳥も来ないけれど、改まった水が心地いい。今年はいつになく雪が早い。もう少し、名残り葉の風情を楽しみたい。...

  •  -
  •  -

玄関で遊ぶ

我が家の玄関前に、余り物のレンガを積んでみました。レンガ塀の雰囲気って、意外に好きなのです。ここにはもともとプランターを置いていました。せっかくなので、以前に知人からいただいていた陶器を合わせてみます。レンガは、風除室の中にも積んで、内外のつながりを持たせました。ガラス越しに積むと、鏡に映っているようにも見えて面白いですね。夜。レンガに映る灯りも、なかなかいい雰囲気。...

  •  -
  •  -

緑のフレーム

ツバキとモミジがつくる、緑のフレーム。キャンバスの主役はもちろん、黄色い田んぼ。もうすぐ稲刈りが始まりますね。...

  •  -
  •  -

朝の七色

天と地、七色の層。今の季節、今の時間だけの、一期一会の景色です。...

  •  -
  •  -

庭の星座

玄関から見た、我が家の庭の夜景。これを2階から見ると、こんな感じになります。おお!でも、向きが反対か。ということで、画像を反転させてみました。見上げれば、今夜は曇り空で星が出ていない。そんな時は、天ではなく地、「反天」の夜空を楽しむのも一興です。...

  •  -
  •  -

秋灯りいろいろ

前回UPした水月の灯り、水面に映る様子がなんとも面白い。どうせなら、灯りを水に入れてみたらどうだろう。ということで、以前に作っていた角形水盤(大理石)に入れてみました。水を掛けると、水紋が広がっていく。これもまた、面白い。よし、今度は自然石に置いてみよう。30分後。ライトには無数の点灯が入ってますが、それが水面に映ると、まさに水蛍。なかなかに、神秘的です。ん~、これは、もっと深くて大きな水面に浮かせて...

  •  -
  •  -

天地の月

帰宅して、車庫のシャッターを降ろした時の夕空。まだ6時半なのにすでに夜空の様相、なんだか急に、日が短くなったような気がします。気が付けば、辺りはセミの声からコオロギへと変わり、すっかり秋めいてきました。2時間後。雲が流れて、月が顔を出しました。月下の黄色い光りは、庭の灯りたち。枝間を照らす灯り。これは、本邦初公開の灯り。水月。台座(大理石)に彫った三日月型のくぼみに水を張ると、灯りが水面を照らします...

  •  -
  •  -