category: 街の緑1(勉強及び視察)  1/16

常識打破~街路に対応する自然樹形の捉え方~

この間の日曜日は男鹿市まで。 途中、大潟村の『銀杏ロード』を通りました。よく見ると、背の高いイチョウと低いイチョウが混在しているのがわかりますが、通りの看板を見ると、実の採取も目的としている模様。きっと、背の高い木が雄で低い木が雌、雌の木は、リンゴやナシの木のように、実がなりやすく取りやすい樹形とにしているのでしょう。8年前、偶然この道を通った時、この、低く枝を張らせるイチョウの樹形に着目、瞬間的...

  •  0
  •  closed

ケヤキの見守り2(県道 二ツ井小前のケヤキ並木)

昨日は、子どもが通う小学校の学習発表会でした。帰りがけに、学校前のケヤキ並木(県道)を見てみると、昨秋に丸刈りとなった木々は枝が荒れ、大きく樹形を乱しています。下記は、昨年11月と現在の比較。                 ↓  ↓                 ↓  ↓「樹形が乱れないようにコンパクトにする」として行った剪定ですが、切る前と同じぐらいに枝が伸び、樹形が荒れるのでは剪定する意味がありま...

  •  0
  •  closed

ケヤキの見守り1 (国道のケヤキ)

  今冬に強剪定となった国道のケヤキ。 その後も見守りを続けてきましたが、写真は9月9日に通りかかった時のもの。 ブツ切りした木は一斉に芽を吹き出させますが、そうした芽が1m以上の枝として急伸長しています。 このような一気に伸びる枝は強度的にもろく、風雨などの外圧で折れてしまうことがあります。 ケヤキは本来、斜め上方に枝を伸ばしますが、こうして出た若枝はシダレ柳のように垂れ下がるので、低い位...

  •  0
  •  closed

黄金の並木

金波に浮かぶケヤキ並木。1月の街路樹サミット写真展でも展示いただいた、五城目高校前の風景です。撮影は、昨年の9月29日。仕事帰りに、こちらを通った時のものでした。今年は5日早く出かけてみたら、稲刈りも早くて残念。それでも、樹間越しに見える寒風山がきれいでした。そこから森山の方に向かうと、この並木はトンネルになっています。田園から街を抜け、山へと向かう並木。五城目町ならではのこの風景、いいですねぇ。...

  •  0
  •  closed

杜の都

連休を利用して仙台まで。さすがは杜の都、高速を降りると、駅から外に出ると、そこから杜が広がっています。まさに、街路樹は「街の顔」tという言葉がぴったり来るような、緑豊かな街並み。仙台に来ると、緑が人を歓待してくれているようで、とても気持ちが良くなります。驚くべきは、木々の大きさ。電線が地中化されているので、他市とは木の大きさが格段に違うのです。広瀬通り、青葉通り、定禅寺通りなどの大きな通りは、並木...

  •  0
  •  closed

真夏の冬景色に思う

先月、秋田市で見た光景です。秋田市内のイチョウ並木は神宮外苑のような円錐形が多いと感じていますが、神宮では4年に1度、冬期に剪定をしています。一般的に、樹木剪定は、夏は軽目に、冬は強目に。真夏にここまで枝を落とすのは珍しく、冬季剪定のような様相に驚きました。街路樹の役目はいろいろありますが、その一つが、木蔭をつくること。そして、街並み景観の向上。街路樹が、街路樹の役目を果たせないことには、どんな事...

  •  0
  •  closed

ランダムな街路樹~市街地植栽の可能性~

異動の途中に寄った大館市の商業施設.。駐車場外周に植えられた樹林の林冠がなだらかで、とても気持ちがいい。樹木は、自然発生でも人による植栽でも、寄り集まれば、競合したり空間を譲り合ったりしながら成長し、山の稜線のように穏やかな流線形となる。これが自然の摂理で、樹木の自然樹形。樹高や枝張りを均一に揃えようとする街路樹など見ていると、何か息苦しさを感じるけれど、このような、木が木らしい姿をした植栽を見る...

  •  2
  •  closed

成長を許されない木々(県立美術館のケヤキ)

所用で秋田市まで。 県立美術館の前を通ると、今年もやはり、建物前のケヤキの列植がこのような姿になっていました。美術館の2階にはラウンジがありますが、これは、昨年、そこから見た水庭の景色。このブツ切りのケヤキたちはこの水面下に植えられていますが、ラウンジから見えてはいけない(水面より高くしてはいけない)という設計方針があるため、毎年、水面上に伸びた枝を刈り込んでいるようです。こちらは、美術館前のお堀...

  •  0
  •  closed

三本古桜の手入れ

旧仁鮒小学校にある、樹齢80年の桜たち。「三本古桜」と名付けられたこの木たちは、長きに渡り、子どもたちの成長を見守ってきた校庭の樹木です。閉校後、伐採が検討されていた木々ですが、桜に思いを寄せる人々の熱意により、保存されることになりました。今は、日本人の心と言われる桜も、さまざまな事情で伐られてしまう時代。そんな中で、学び舎の古木を守りたいと願う尊い人たちがいた。その思いに共感して、今回、古桜の手...

  •  4
  •  closed

袖振り合うも多生の縁

先月、能代市内を移動中、国道のケヤキがブツ切りになっているのを見かけました。この日はちょうど、1月の街路樹サミットについての報告をお願いされて、能代の街路樹が自然樹形管理に変わった話などをしてきたばかり。その帰り道でブツ切りの街路樹を見ることになるとは、何とも皮肉なことでした。数日後、国道の管理事務所を訪問。事情を伺いながら、支障がある中でもケヤキをケヤキらしく維持できる方法はあることを、資料を提...

  •  0
  •  closed