杜の木漏れ日

CATEGORY PAGE

Category

街の緑1(勉強及び視察) 1/16

街の縁側

いつもの大学病院の、いつもの小道。隣接する歩道は通学路なのでしょう。今日は午後から出向いたせいか、下校途中の子どもたちがにぎやかでした。歩道と緑地の間には、小さな流れがあります。街なかにある、蛇行した流れ。いいですねえ。どうやら子どもたちは、この小川にいる生き物たちを見ていたようです。わかりにくいかもしれませんが、ザリガニがいます。こちらはドジョウ。メダカもいました。そしてこちらには、タニシやカワ...

  •  -
  •  -

県都の並木、美しくあれ

仕事で秋田市まで。帰り道、自然形が美しいサルスベリの並木に寄ってみました。こちらは昨年の夏の様子。自然形のサルスベリは庭でも見かけることが少ないので、街路樹として存在するのは奇跡的なこと。いつもながら、素晴らしい並木です。ただ、この並木の手前には、こんなケヤキ並木がありました。これは、無いなあ。無い。いかなる理由や事情があろうとも、これは無い。夏に、これしか葉を付けられない木というのは異常です。美...

  •  -
  •  -

緑の日傘

大学病院まで。この間、雨傘だった緑道のモミジは、今日は日傘。ゆっくり味わいたかったけど、時間が無かったので走り撮り。空を埋め尽くすほどの葉っぱがあるから、木蔭ができる。雨漏りは困るけれど、日漏りはここちよい.。それを「木漏れ日」と名付けた人は、なんと風情のある人だろう。日本人の情緒と感性は素晴らしい。、...

  •  -
  •  -

緑の雨傘

家人の見舞いで大学病院へ。病院に来るのが楽しみというのもヘンですが、合間を見て、いつもの緑道を散策してきました。あいにくの雨ですが、こんな日の樹木は雨傘。交差点の街路樹などは見通し確保のために邪魔にされがちですが、歩行者にとっては、信号待ちで雨宿りできるという利点もあります。暑い日には日傘になり、雨の日には雨傘になる。街なかの樹々は、市民を見守る「おふくろさん♪」のような、ありがたい存在です。新緑...

  •  -
  •  -

涼しい樹木の道

大学病院前にある緑道。お見舞いや付き添いで来ると立ち寄る、お気に入りの場所です。萌芽の早いブナがたくさん植えられているせいか、ここはもう新緑の世界。歩道沿いに林立する幹の重なりがとても心地よくて、森の中にいるようでした。この緑道の入り口は、病院前の交差点。今日は気温が20℃を超えたせいか、日傘を差した方も見かけました。緑道から病院に戻る途中、私がどちらで信号を待ったかというと、もちろん木蔭のあるほ...

  •  0
  •  -

津軽の木々に会いに行く

アップルロードを通り、お岩木山のふもとまで。途中、必ず立ち寄るのが、このリンゴの木。そして、その足で会いに行くのが、弘前公園のこの桜の木。2本とも、特に名物になっている木でもなく、リンゴ園や公園の中にたくさんある木々の中の1本。この木たちに心が留まったのは、樹木に花や実を付ける力がある限り、生きる力がある限り長生きさせてあげようという、慈しみの気持ちを感じるから。樹木を愛でる、弘前のやさしさが現れ...

  •  0
  •  -

アイストップ

市内で見つけた『アイストップ』二つ。能代市在住の方なら、おそらく見かけたことがあると思います。ちなみに「アイストップ(eyestop)」は、造園用語。「人の注意を向けるように意識的に置かれたもの」という意味です。意識的でなくても、偶然そうなったり、後からそうなるということもある。この二つは、そんな広義のアイストップと言えるでしょう。能代市緑の基本計画の理念は、「緑の価値に気付き、守り、活かす」。こんなア...

  •  0
  •  -

常識打破~街路に対応する自然樹形の捉え方~

この間の日曜日は男鹿市まで。 途中、大潟村の『銀杏ロード』を通りました。よく見ると、背の高いイチョウと低いイチョウが混在しているのがわかりますが、通りの看板を見ると、実の採取も目的としている模様。きっと、背の高い木が雄で低い木が雌、雌の木は、リンゴやナシの木のように、実がなりやすく取りやすい樹形とにしているのでしょう。8年前、偶然この道を通った時、この、低く枝を張らせるイチョウの樹形に着目、瞬間的...

  •  0
  •  -

ケヤキの見守り2(県道 二ツ井小前のケヤキ並木)

昨日は、子どもが通う小学校の学習発表会でした。帰りがけに、学校前のケヤキ並木(県道)を見てみると、昨秋に丸刈りとなった木々は枝が荒れ、大きく樹形を乱しています。下記は、昨年11月と現在の比較。                 ↓  ↓                 ↓  ↓「樹形が乱れないようにコンパクトにする」として行った剪定ですが、切る前と同じぐらいに枝が伸び、樹形が荒れるのでは剪定する意味がありま...

  •  0
  •  -

ケヤキの見守り1 (国道のケヤキ)

  今冬に強剪定となった国道のケヤキ。 その後も見守りを続けてきましたが、写真は9月9日に通りかかった時のもの。 ブツ切りした木は一斉に芽を吹き出させますが、そうした芽が1m以上の枝として急伸長しています。 このような一気に伸びる枝は強度的にもろく、風雨などの外圧で折れてしまうことがあります。 ケヤキは本来、斜め上方に枝を伸ばしますが、こうして出た若枝はシダレ柳のように垂れ下がるので、低い位...

  •  0
  •  -