FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

道色の馴染み

年の瀬も押し迫ってきました。今年の現場業務は終了させていただき、暮れのご挨拶に回っています。作庭5年目のお宅に伺うと、アプローチの雪が解けていました。道の左側には屋根の雪が落ち、右側は雪寄せ場になりますが、除雪の形跡も無く、自然に融けたような風情です。レンガや石も庭に馴染んできました。この時期は芝や枯れ葉と同系色になり、とても落ち着いた色合い。作庭直後の様子。明るくカラフルな風情ですが、まだ作り立...

雪解けの道

作庭4年目の庭を訪問。積雪が続いた後の暖気、落雪が山なりになっている姿を想像して行くと、雪原から伝いが顔を出していた。雪は落ちずに屋根の上で解け、雨垂れとなって庭の雪を解かしたのだろうか。雪解けの石の質感がなんとも美しい。水打ちをして乾く途中の石の表情が好きなんだけれど、雪解けの石はそれ以上。雪国の庭の特権だ。...

帰り際の夕景。綿帽子をかぶった庭石が羊のよう。夏は鳥のようでもある。季節で変わる石の風情も楽しい。...

朝の木漏れ日

手入れで訪れた庭。朝の木漏れ日が美しい。...

山形出張

一年ぶりの山形。庭は、年々落ち着きを増してきています。滞在中、晴れ、曇り、雨と、様々な表情を見せてくれましたが、いつ伺ってもきれいなのは、ご家族の愛情の賜物です。ここでいただくお茶は格別。今年もその楽しみを満喫できました。※この庭の作庭当時はコチラでご覧いただけます。...

関守鉢

延段に、鉢植えが一つ。 関守石のように置かれていて面白い。。道路を止めれば歩行者天国になり、道がカフェテラスになる。ここでは庭の道を止めて、鉢置きテラスになっている。庭が成長していくように、庭の使い方も変わる。そんな使い方もまた、暮らしの見立て。...

木漏れ日と木登り枝

点検に寄った庭で。この木蔭の量。写真で見ると、『鬱蒼』という言葉が過るけれど、林内は爽快。庭内、というよりも、林内と言う方がふさわしくなってきたのが嬉しい。そんな林内にも時折日が差して。というよりも、日が差し込めるようにした。下枝の無い木が林立する林内で、唯一枝を張る木がこのミズナラ。この枝に手を掛け、足を掛けて登る。日照が少ないと枝の強度が弱まり、やがて樹木は自分で下枝を枯らす。木登り用の枝を丈...

さつき寺

北秋田市の宝勝寺さんでは今、サツキが真っ盛り。境内に咲き誇る花のみごとさは、『さつき寺』と呼びたくなるような風情があります。お寺の庭はいくつかのコーナーに分かれていますが、今の時期はどこにいても、どこからでもサツキの花が目に入ります。展開する景色の先にはやはりサツキがあり、そして道がある。サツキは各庭を繋ぎ、一つの大きな庭に見せる役目を持っていますが、それを実感できるのが今で、道を歩きながら、座っ...

大黒さま

コロナが猛威を振るっていたGW、石楠花原のお地蔵さんに手を合わせていました。お地蔵さんは峠道におられますが、コロナもようやく峠を越えた感があり、世の中も少し落ち着きを取り戻してきたようです。この峠道は大きな達磨さんの周りを回遊していますが、山道然とした小道の周囲には水鉢や寄灯籠、お地蔵さんなどが各所に配されています。今回は、新たにこの庭に、大黒さまをお迎えしました。大黒さまの場所は、峠に向かう坂の...

木蔭の成長

2010作庭の庭にお邪魔してきました。樹林の下のほとんどが陰になっていますが、2m弱だった木が3倍以上の高さになり、森の様相を呈してきました。日向から木蔭に入っていく伝い。木蔭の小道を進むと、日向のテラスへ。森を抜けると野原に出て、そしてまた森へ。そんな雰囲気。森の足元。森の中からテラスを振り返る。足元の花。ブナとナナカマド、ヤマモミジにアオダモ。土地の自生種がつくる木洩れ日は格別の趣です。あえて、「...

木洩れ日が降りる時

...

花灯籠

花に包まれた「寸松庵」。夜会の足元を照らす灯籠として、露地の伝いなどによく置かれます。「松」の字が入る灯籠ですが、ここではツツジの脇にあります。質の良い灯籠は庭の格を上げてくれますが、この季節は逆に、庭の花が灯籠の格を上げてくれます。...

影の線

30代半ばにつくらせていただいた庭を見に寄った。延段に使える県内産の山石を探していたこの頃、ようやく見つけた鳥海ゴロタで畳んだことを思い出した。鳥海ゴロタは厚い。厚ければその分、合わせるために加工するが、それをせずにつくった。この狭い場所を石だらけにしながらやったことを思い出す。そんな庭を久しぶりに訪れ、記念に撮った写真を見て驚く。延段のラインと、屋根の影がピタッと合っている。こんな光景は初めて見...

枝影

昨年の6月に完成したお寺さんの庭。夕暮れ時に訪れると、鐘楼前の鐘型水琴窟に枝影が。この時刻には何度もここにいましたが、初めて見る光景です。計算して作ったわけでは無いので、うれしい誤算。枝影もまた、庭のごちそうです。...

石楠花原のお地蔵さん

お寺の石楠花が盛り。群生する様が海原のようだった。この石楠花原の向こうには、お地蔵さんが佇む。花原は以前からあるが、ここにお地蔵さんが来られたのは昨年の花後。だから、この光景はこれまでに無かった。お地蔵さんは、ただそこにいてくださるだけでありがたい気持ちになる。「ありがたい」は、『有ることが難しい』。未曽有の国難と言われる今だからこそ、お地蔵さんの存在を有り難く感じる。この「未曾有」は『未 (いま) ...

春雨

雨で早仕舞いした昨夕、春雨の庭に佇む。作り立ての頃は真新しかった庭も、風雨や雪や木漏れ日を受け、ゆっくりと馴染んできた。時の経過が、庭に落ち着きをもたらす。流行り病は馴染まずに、早く落ち着くことを祈る。...

春の前倒し

春のような日が続いていますが、現場ではまだ冬季剪定の盛り。先週から入らせていただいているお寺さんでは、昨年に続き、囲いをしていない落葉樹を透かしています。ただ、今年はすでに雪が無く、天候ももはや春。剪定をしながら雪囲いも外し、そのついでに、春の手入れも前倒し。昨年できなかった地蔵堂回りに手を入れることができました。刈込だったツガも透かして、軽やかになりました。このぐらいになっていると雪の乗りも違い...

小雪の朝

お寺の庭の小道。道の先にはお地蔵さんがいるけれど、歩くのがもったいなくて遠くから手を合わせる。...

一服の清涼

お盆前の仕事は今日まで。4月5月6月とお寺の庭を改修しましたが、夏の手入れには間に合わず。お盆を迎えるにあたり、点検を兼ねて伺いました。山門の前にある小庭。お盆には滝石組から水を流してお迎えするとのことで、石組周りの木を剪定し、水鉢の掃除をしました。釣鐘水琴窟回りの木々も生育良好。音もきれいに聴こえます。紅葉山。今年の少雨と日照りは、植物にはとても難儀。昨晩の雨もこちらでは降らなかったとのことで、木...

お庭訪問(木漏れ日ベンチのある庭)

一昨年、柿の木周りの舗装をくり抜いてできたスペース。通路部分を残したら、偶然、アウトラインが猫型になり、花壇として使えるようになりました。その後の様子を見に伺うと、緑のじゅうたんに浮かぶ花々は、宝石を散りばめたような美しさ。敷石周りにも下草が広がって、とてもいい感じ。素材は国産でも、なんとなく、ヨーロッパの雰囲気が漂っているような。3段の大谷石は木漏れ日ベンチ。もちろん雨の日は座れませんが、雨の日...