category: 庭の風情  1/4

足踏み

現場は今、冬季剪定の追い込み。雪融けが進み、仕事もはかどってきた中での春の雪に、しばし足踏み状態です。ということで、今朝の我が家の庭。まだまだこんなに雪があります。花壇の雪化粧。一度融けたところに、フワッと雪が乗りました。雪面に降りる枝影が心地いいのも、春の日差しだからでしょう。雪景色を見られるのもあとわずか。しばし、この風情を楽しみましょう。...

  •  0
  •  closed

雪解け間近

作庭3年目を迎える庭へ。まだまだ雪深いけれど、春はもうすぐです。足跡を付けるのがもったいなくて、仕事の前に撮りました。...

  •  0
  •  closed

バードストップ

この間、『アイストップ』の話をしました。アイストップは、一般的に、洋庭では噴水や彫刻、和庭では灯ろうや石塔などの添景物がそうした役目を果たすようです。庭であれば、園路を歩いていて目が止まるもの、視線の先にあって目を引き付けるものであれば、素材に限りはないと解釈していますが、そういう意味では、この庭のように、小道に置かれた景石もまた、アイストップと言えるでしょう。この石は、よく見ると上部が平たくなっ...

  •  0
  •  closed

雪解け

庭の雪解け。 樹木のある所から、人が歩く所から、水のある所から融けていく。西日があたたかくなってきた。ようやく雪国にも、春の気配。...

  •  0
  •  closed

モミジの恩返し

先日、手入れに伺ったお宅の庭。岬灯籠に寄り添うヤマモミジの姿も、この庭の見どころです。このモミジの木の裏側には、ツリバナの木があります。もともとは3mぐらいあった木ですが、一度病気になって、上半分が枯れてしまいました。このモミジは、ツリバナがまだ大きかった頃、自然に生えてきた実生の木。ツリバナに守られて育ってきたモミジが、今はツリバナよりも大きくなって、風からツリバナを守ってくれています。このヤマモ...

  •  0
  •  closed

雨上がりの庭に

雨上がりに訪れた庭の林床。久しぶりの雨に、草木も生き返ったように見えます。ぼんやり佇んでいると、突然、日の光が差し込んできました。板塀のスクリーンに木影が映り込み、あっという間に景色が変わっていきます。光がつくる景色だから、これを「光景」というのでしょう。この日のこの時間に来れたから、この光景が見れた。まさに、「邂逅」の光景です。差し込む光に誘われて庭奥まで。振り向くと、庭の片隅にスポットライトが...

  •  0
  •  closed

道の中の道

作庭9年目の道の変遷。2007年2010年2013年2015年歩くためにつくった道の中に、道ができた。道は、人が歩いて道になる。月日が経ち、本当に必要な所が道になった。道の中の、道。...

  •  0
  •  closed

庭の雪解け

お施主さんからマンサクの花便りをいただき、お花見に出かけてきました。昨日までの吹雪とは打って変わり、春の日差し。おかげで、陽光きらめく雪解けの庭を堪能できました。...

  •  0
  •  closed

雪椿

冬の庭に、ひっそりとたたずむ寒椿。寒い朝の静かな風情に、しばし見惚れてしまいます。手入れに入っているのに、足跡を付けるのがもったいない。雪で折れそうな枝を剪定したら、蕾がついていました。もったいないので、事務所の棚で咲いてもらいましょう。こちらはヤブツバキ。白い雪に、緑の葉と赤い蕾。雪は、木々の命をより引き立ててくれますね。せっかくなので、切り置きしていた竹に入れてみました。こちらは、庭のお施主さ...

  •  0
  •  closed

ブナとヤマモミジの庭

暮れのごあいさつ回りで立ち寄った、ブナとヤマモミジの庭。 山の木の庭は、葉を落とした冬の風情も格別です。 作庭後10年が経過し、細かった木々も、今では10倍以上の太さになりました。夏には、アプローチ全面に木陰を落とすほど、枝を広げてくれています。 年を重ねるごとに自然樹形の心地よさが増し、緑の効果を満喫できるようになりました。 木々のこうした成長を見るのは、本当にうれしい。こんな姿を目にする度、木を植...

  •  0
  •  closed