杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2008年08月 1/1

大きな栗の木の下で

今日は、庭見学の方を現場にお連れしました。雨が続いたせいか、苔がとてもいい具合。きれいな状態の庭を見ていただくことができました。イチイの幹でつくったベンチ。裏庭に転がっていたものを、ただそこに置いただけの仕事です。庭の奥の、大きな栗の木の下にあります。今私が、一番気に入っている場所。なんとなくつくったベンチですが、何だか知らないけれど癒されます。きっと、この大きな栗の優しさに包まれているからでしょ...

  •  8
  •  -

還る

現場近くにある古い土蔵。朽ちかけた様子に心惹かれ、時々見に行ってました。当地では竹が自生しないので、小舞は木で組まれています。土蔵の壁は、身近にある土や砂、砂利、ワラで出来ています。小砂利の浮き出た感じがなんともいい按配ですね。先日、現場の様子を見に伺った際に寄ってみると、なんと、蔵の影も形もありません。あるのはカボチャやジャガイモの畑だけ。蔵はいったい、どこに消えてしまったんでしょうか?何の気な...

  •  4
  •  -

いい湯だな♪

今日は施設の浴室前の植栽に伺いました。窓の外にはユンボ。工期も間近なので、土木工事と並行しての作業です。...

  •  4
  •  -

庭のもと

                  砂利の織り成す縞模様(十和田湖)庭づくりは何もない所に形や雰囲気をつくり出していく仕事ですが、どんな庭にも、その形の元になるイメージというものがあります。そして、そのイメージにもまた、その元になる原型のようなものがあります。知人の庭や各地の名庭、あるいは本などの写真で見た庭の雰囲気が元になっていることもあるでしょうし、子供の頃に遊んだ懐かしい景色や旅先で見た美し...

  •  4
  •  -

人に人格あり、木に木格あり。

日曜の地元紙の投稿欄に「畠町通りの無残な街路樹の姿なぜ?」という記事を見つけました。畠町通り(能代市内の県道)を散歩中、道沿いの街路樹がバッサリと切られていた様に驚き、なぜそこまで切るのか、なぜ木陰が一番必要な暑い時に切らなければならないのか、理由を教えてほしいということでした。一般の方は、何かを感じても心の中にしまうか家族や知人に話して終わりではないかと思いますが、投稿という行動に出られるなんて...

  •  4
  •  -

たどり着いたら土砂降り

出掛けの雲が気に掛かってましたが、現場に着いた途端に土砂降り。「たどり着いたらいつも土砂降り♪」という歌がありましたが、昨日は昼食に出て現場に戻ったら土砂降りでした。バケツをひっくり返したような雨とはこのことでしょうか?外露地の腰掛け前が一気に川になりました。あまりの激しさにレンズも曇ります。雨落ちも許容量を超え、あふれ出しました。雨に打たれた庭は好きですが、ここまでくるとちょっとですね。「土砂降...

  •  6
  •  -

松はいつ剪定したらいい?

楽しかった夏休みも無事終了、今日から仕事再開です。休み明けの仕事始めは剪定から。今日は松の透かしでした。写真は仕上げる途中のものですが、手を入れてない部分と入れた部分の樹冠(輪郭)がそんなに違わないのがわかるでしょうか。こちらはいつもお盆過ぎに伺っているお宅ですが、この時期に手を入れると芽が徒長せず樹冠が乱れないので、一年中木の形を楽しめます。たいていのお宅の場合、お盆前に手入れをとお願いされるの...

  •  3
  •  -

夏休みの宿題

待ちに待った夏休みに突入しました。夏休みといえば宿題、宿題といえば自由研究です。小1の長女は、研究材料を探しに海へ行きました。では私は山へということで、早速研究開始です。今回のテーマは「未知との遭遇」(笑)、隠れた素材を探し、素材と庭の可能性を探るという、とてもドラマチックな研究です(笑)。ということで、まずは素材探しですが、今回はこんな所から探してきました。出会いは突然やってくるもの。先月、家族サ...

  •  3
  •  -

街路樹の奉仕剪定

今週はお天気にも恵まれ、予定していたお盆前の剪定も無事終了。ということで、昨日は先日役所担当課にお願いしていた街路樹の奉仕剪定を行いました。車や歩行者の通行の支障にならないように、垂れ下がった下枝などを剪定しています。以前、こちらの街路樹剪定の仕事をさせていただいた時、近隣住民の方から「通学中の子供に危ないから枝を切らせてもらった。下手な切り方をして申し訳ない。」と謝られたことがありました。苦情を...

  •  4
  •  -

大好きなのは~♪

畑の前にある大きな木。なんとなく引かれて行ってみると、なにやらガサゴソ音がします。足元を見ると?OH!こんな所にも!こんな所にも!! 急いで家に帰り、子供たちも連れてきました。「すごいね!何でこんなにたくさんいるんだろうね!!」その後、お腹を空かせた長女が食べたのはコレでした。カブトムシも長女も、大好きな物は同じでした(笑)。さて、この木はいったい何の木でしょう?^^。...

  •  4
  •  -

庭園研究室その後

今春、突風で屋根が飛び、開閉式ドームになった庭園研究室http://www.shirakami.or.jp/~niwaya/kenkyu.htm。シートを張り直さないと屋根は閉じませんが(笑)、夏はこのほうが気持ちいいので、秋まで開けておくことにします。ということで、その後の研究室の様子を少し。地層風の崖と三日月湖です。水底を崖と同じように岩盤風に仕上げれば、もっと雰囲気が出るかもしれません。半月の水溜りでなく、グルッと水で囲っても面白いかな...

  •  4
  •  -

夕涼み会

保育園の夕涼み会が行われました。今年の主役は、卒園した長女から次女へと変わりましたが、夏休み中の長女も、当前のように浴衣を着て参加しました^^。会は、園児たちの行進でスタートします。みな、思い思いの絵を描いた、手作りの行灯を手にしています。小雨が振り掛けましたが、園児たちの気合で、雨の神様も引っ込みました(笑)。この踊りは、野菜音頭というそうです。みな飛び跳ねながら踊るので、写真もこんなふうになっ...

  •  2
  •  -