杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2008年09月 1/2

吾唯足知

能代市で作庭した蹲踞のある庭です。座った状態でも部屋から見えるように、水鉢を台石に乗せ、役石も高さのある物を使っています。水鉢は竜安寺の「知足」の写し。中央の水穴を「口」の字に見たて、上から「吾唯足知(われ、ただたるをしる)」と読みます。これは禅の言葉だそうですが、「富んで心が貧しいより、貧しくとも心が富んで豊かな方が良い」という意味なのだそうです。ちなみに、この水鉢の本歌は茶室蔵六庵の露地(非公...

  •  6
  •  -

アケビ狩り

一昨夜はヒョウが降り、なんだか急に寒くなりました。まだ9月だというのに、昨日の気温は10度。津軽では、岩木山の頭が白くなったそうです。変わりやすい天気の中、農家の方々は稲刈りに大忙しですが、稲刈りといえばアケビです。ということで、今年も子供たちと近所の山に繰り出しました。1個目、ゲット!ついでにドングリもゲット!まだまだありましたが、日も暮れてきたので今日はこの辺で。あとは鳥さんのために残しておき...

  •  6
  •  -

やってきました奥州路

さて、それでは北東北幸せ探しの旅の続きです。十和田から東北道を一気に南下し、岩手県は奥州市までやってきました。奥州はその名の通り、奥州藤原氏が栄えた歴史と文化の街です。金ヶ崎町の民家のドウダンツツジです。こんな生垣は初めて見ました。生垣がもう、屋根付きの塀の形をしています。ちょっと驚きです。なんと、この生垣には門もありました。周辺にはこのような古民家がたくさんあって、どこのお宅にも素晴らしい生垣が...

  •  6
  •  -

ようこそ秋田へ

遠路はるばるお客さまがお見えになりました。こんな辺鄙な所まで、本当にありがとうございます。せっかくいらしていただいたので、秋田の自然や文化をご案内させていただきます。ということで、旅の始まりはこちらから。この庭、ブログでは紹介してますが、実際に見ていただくのは初めてです。(展示場の試作の庭です http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-category-13.html)庭も作り手も緊張しましたが、やぶ蚊もたくさんい...

  •  4
  •  -

花嫁修業

お嫁に行く先が決まらず、置場で待っている箱入り娘たち。早く嫁いで欲しいのが親心ですが、手放したくないのもまた親心。なんて、まだ娘が小学生の私にそんな親心はわかりませんが、石は庭で組まれてこそ人の目を惹き、蹲踞(つくばい)は形になってこそ役を果たすもの。露地は山里の道すがらを表すものです。道はすでに出来ている。では嫁入り前の娘たちに花嫁修業をさせてあげよう!ということになりました^^。娘たちの晴れ姿...

  •  2
  •  -

湧水の町

仕事の打ち合わせついでにちょっと足を伸ばし、六郷町まで行ってきました。おとなり角館や大曲には何度か来てますが、六郷は初めてです。毎度のことながら、仕事で来たのに、なぜか妻子も乗ってます・・・。妻子の目当てはこれでした。いったい、どこでこんな情報を仕入れてきていたのでしょうか。店の屋根に掛かるケヤキやモミジがとてもいい雰囲気です。木に合わせて建物を立てたのか、建物に合わせて木が伸びていったのか、屋根...

  •  8
  •  -

山に木を植えよう!

今年も白神山地の植樹が行われます(一昨年の様子ですhttp://www.shirakami.or.jp/~niwaya/niwa-kai-06-1008.htm )日程は10月5日(日), 9時開会八峰町 ぶなっこランド 集合の上、バスで植樹地まで向かいます。植樹終了後、現地で昼食(持参)、閉会式後解散となります。オプションとして、午後から白神山地(留山)のブナ林散策があります。3時ごろ解散の予定です。今年も、家族(妻と子供、7歳と4歳)、スタッフ等6人で参加...

  •  2
  •  -

道の向こう

橋の向こうには何かがあり、道は必ずどこかに繋がるもの。行き先を決めない気ままな旅はあっても、目的地の無い道は無い。ということで、行く当ての無かった橋の向こうに道をつくっていきます。蛇行する沢に合わせ、もう一本、橋を掛けました。橋を渡ると道は二手に分かれます。右に進むか左へ行くか、人生の分かれ道です(笑)。気分はなんだか右ということで、右へ。木立の中を、曲がりくねった道がどこまでも続いていきます。道が...

  •  2
  •  -

幸せの丘

残り物には福がある。ということでやってみた版築塀の試作でしたが、またまた材料を使い切ることが出来ませんでした。せっかくなので、もう一度、福にあやかることにします^^。今回の試作はこれです。名付けて、ハッピーヒル。訳して、幸せの丘。またの名を、福岡と言います(笑)。山に行くと、表土が滑落して、下の層の赤土や岩盤がむき出しになっている小さな崖をよく見かけます。そして、そんな崖の脇には小さな流れがあった...

  •  4
  •  -

ご地層さま

夏休みの宿題を忘れ、外に立たされている二人。バケツを持っていると思いきや、なにやら棒のような物を持っています。ボゥーッとしてると思ったら、なんだかかなり真剣な様子。宿題を忘れたことに、かなり反省しているのでしょうか(笑)。彼らの後ろには、こんなものがありました。宿題を忘れたのではなく、宿題用に用意した材料が残っていたのを忘れていたのでした。せっかくなので、何かつくってみようということになりました。...

  •  4
  •  -

涼を楽しむ

昨日、手入れにうかがったお宅の縁側に、こんな緑のカーテンがありました。ご主人の話によると、このカーテンのおかげで、家の中もかなり涼しいのだそうです。お昼は居間でいただきましたが、家の中を気持ちのいい風が通り抜けていきます。外は30度以上なのに、部屋の中は冷房無しでも快適でした。近づいてみると、黄色い花がポツポツと咲いています。きゅうり?カボチャ?よく見ると大きな実が。さてこの実はいったい何でしょう?...

  •  6
  •  -

プラタナス

八峰町を移動中、プラタナスの並木を見つけました。両側の木の大きさは違いますが、どちらも手を入れていないので、木が気持ちよく枝を伸ばしています。自然樹形のプラタナスの街路樹を見るのは本当に稀ですが、こんな木を見ていると、見ている人も気持ちがよくなりますね。樹高は6mぐらいでしょうか。何より素晴らしいのは、樹高と同じぐらいの枝張りがあることです。街路樹なのか校庭の木なのかはわかりませんが(ここは小学校...

  •  4
  •  -