杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2011年03月 1/2

春のいぶき宅配便

先日、市民プラザにつくった「春のいぶきhttp://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-360.html」、せっかくなので、市内各地に宅配しています。緑の景観を考える会が団体登録している能代市市民活動支援センターさんへ。ヤマモミジとバッケ。(センターさんブログでもご紹介いただいています→http://blog.goo.ne.jp/supportnavi/e/baacee24573e9f98010275135b88f30d )能代のメインストリートにある畠町新拠点(能代市中心市街...

  •  0
  •  -

市長さんと対談してきました

今日は、「能代の緑の景観を日本一にするための提案」というテーマのもと、市長さんと対談してきました。この対談は、「ランチで対話」という市の企画を活用したものですが、緑の景観を考える会としては4年ぶり2度目となります。はじめに、今冬視察してきた街路樹発祥の地横浜市や都内各所の素晴らしい街路樹を写真で紹介しました。先陣を切り、解説を受け持ったのはO君です。横浜の日本大通りや山下公園のイチョウ並木、馬車道...

  •  3
  •  -

春のいぶき

雪の降る寒い日曜日、仲間と二人、市民プラザの一角を借りて庭をつくってきました。この庭には、こんな思いを込めました。雪間にたくましく芽吹く「ふきのとう」。冬の厳しさに耐え、雪の中から起き上がってくる山の木たち。どんなに大雪の年でも、春は必ずやってくる。ふきのとうの花言葉は「待望」、「仲間」。この未曽有の時、私たち植木屋にできることはあるだろうか。バッケと山の木に復興の願いを込め、仲間たちとつくりまし...

  •  2
  •  -

救援物資を届けてきました

今朝は久しぶりに車に燃料を入れることができました。これでようやく外出できます。善は急げ、ということで、箱詰めしていた被災地への救援物資を届けに行くことにしました。ということで長女と二人、能代市の山本地域振興局にある秋田県の受付に。衣類の受付は終了していたので、タオルをお願いしてきました。次は市役所へ。市では今、生活用品や調味料などを受け付けています。こちらでは、トイレットペーパーに砂糖、塩などをお...

  •  6
  •  -

被災地支援についての情報です

被災地への義援金や救援物資の寄付、ボランティアの受付などの市県の情報が、能代市市民活動支援センターのHPにまとめて紹介されています。アドレスはコチラです→http://www.shirakami.or.jp/~supportnavi/また、地震に関する地域の情報は、市のHPで閲覧できます。→http://www.city.noshiro.akita.jp/私は今回、子供の通う小学校がとりまとめる被災地への募金に協力しました。募金はコンビニなどでもできるので、今後も、できる範...

  •  0
  •  -

卒園式

昨日は次女の卒園式でした。大地震で被災された皆さんを思うと、このような記事を書くことにとても罪悪感を覚えますが、子供の成長の記録として、ここに残させてください。 被災地への配慮として、卒園式はささやかに行われました。園長先生の挨拶にもありましたが、子供たちも今回は不自由な生活を経験し、我慢することの大切さを学んだようです。父兄の皆さんともども、こうして無事に卒園を祝えることを幸せに感じました。園長...

  •  4
  •  -

きみまち阪

大震災から一週間。幸い、秋田県は東北の中でも被害が軽く、被災地からの受け入れや現地への支援が始まっている。能代市からも、連携都市である岩手県大船渡市に向け、救助隊の皆さんと共に救援物資が運び込まれた。直接的な被害は少ないが、燃料不足や物流停止は、こちらでも深刻な問題だ。コンビニやスーパーの棚は空きが目立ち、ガソリンスタンドも閉店状態。年度末の公共工事なども延期されている。うちでも、待ちに待った3月...

  •  2
  •  -

つるし飾り展 in市民プラザ

全国各地の皆さまから安否を気遣うご連絡をいただきました。本当にありがとうございます。昨夜にようやく停電も復旧、通常に近い生活が出来るようになりましたので、近況報告を兼ねてお知らせいたします。...

  •  2
  •  -

大地震お見舞い申し上げます

昨日は大きな地震がありました。当地では震度4とのことです。置き場から自宅に戻ると、地面が揺れるほどの大きな揺れに近所の人たちがみな外に出ていました。地震後に町に買い出しに出たところ、特に目立った被害はないようですが、停電のため信号が止まり、まだ夕方なのにスーパーやホームセンターなども閉まっていました。明かりの消えたコンビニは食料を求める人たちの長蛇の列。やはり非常事態です。ようやく見つけたホームセ...

  •  1
  •  -

桜剪定勉強会 (地元紙記事)

先日お知らせしておりました桜剪定会を3月5日に行いました。その日の様子が今朝の北羽新報に掲載されましたのでお知らせいたします。この剪定会は、「さくらフォーラム」で学んできた弘前方式の桜剪定法の実践確認として行った勉強会ですが、市県の関係課や関係団体の皆さまにもご案内したところ、当日はたくさんのご見学をいただきました。以下に勉強会の様子をご紹介します。  以前の剪定の際に切り残された枝を、カルスが巻...

  •  2
  •  -

庭誌の「作庭倶楽部」というページには、日本各地の作庭者の皆さんの庭への思いが紹介されている。その中で心に残っていた言葉に「作庭には哲学の有無、浅深、厚薄のすべてが現れる。それが腕前。」というのがあった。東京の庭師、安諸定男さんの言葉だ。昨年、この安諸定男さんの個展と作庭された庭を見に東京は湯島まで出かけ、そこでこの言葉の意味を知った。腕前という言葉を使ったフレーズで思いつくのが「おまえの腕前を見せ...

  •  0
  •  -

さくら剪定会のお知らせ

緑の景観を考える会からのお知らせです。今週土曜日に、能代市文化会館内の桜をお借りして、桜剪定会を行います。先日の「さくらフォーラム」で学んできた弘前方式の剪定法(樹木医の理論による剪定)を実際の樹木で実践確認するための勉強会です。フォーラムに参加した会員が、参加できなかった会員にその技術と理論を披露しながら、一緒に公園の桜を奉仕剪定していくというものです。剪定対象木は公園内の車道に付随する歩道に植...

  •  0
  •  -