杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2011年06月 1/1

みんな違って,みんないい

大好きな、市民プール前のイチョウ並木。同じ種類の同じ大きさの木を同じ日に植えても、それぞれに成長の早さは違い、形も違ってくる。みんな同じ姿をしているように見えても、よく見ると、一本一本がみな違うのだ。それぞれに個性のあるものを同じ形にする必要はなく、同じ大きさに切り揃える必要もない。同じ枠に押し込めようとするのは人間のエゴ以外の何ものでもない。それぞれが、生き生きと、伸び伸びとしていられるようにと...

  •  2
  •  -

3つの素材を繋ぐアプローチの庭

能代市で作庭中の庭が完成しました。色土の洗い出し、寒風石の乱張り、ミカゲの切石敷きの、質感の違う3つの素材を組み合わせたアプローチです。石ばかりだと雰囲気が硬くなります。駐車場に生えていた苔と玄関前にあった金魚鉢を使わせていただき、前庭のポイントにしました。下草は、裏庭に生えていたホトトギスです。これから暑くなります。道行く人々や訪問されるお客さまに、ちょっとした涼しさのおすそ分けです。水鉢の後ろ...

  •  0
  •  -

石張り完了

アプローチ改修の仕事、梅雨空の下ですが、シートを張りながら進行中です。午前は大雨注意報でやむなく休みましたが、夕方には晴れました。ということで、石張り部分完了です。明日は一日晴れの予報、洗い出し日和になってくれることを祈ります。...

  •  0
  •  -

通路も園路

今週から、前庭の改修工事に取り掛かっています。傾斜地に敷かれた飛石アプローチをバリアフリーの通路につくり直す仕事です。通路をつくる仕事は左官屋さんや石屋さん、土木屋さんなど様々な職種の方が施工できる中、私たち植木屋に声を掛けていただいたことをとても嬉しく思います。一般的に、植木屋の仕事は木を剪定したり植えたりすることが仕事と思われているところがありますので、植木を扱わないこのような仕事の依頼は、逆...

  •  4
  •  -

土塀の上塗り

何に見えるでしょうか。実はこれ、先月下塗りをした土塀のひび割れです。厚さ10センチほどの土壁ですが、ここまで乾くのに1カ月掛かりました。ということで、上塗り開始です。このひび割れ模様も捨てがたいのですが、もう一回塗ることにしました。逆光で写真が撮れなかったので、完成写真はまた今度。この馴染み。石積み下に張った裏庭の苔が、一カ月でこのぐらいになりました。やはり土地の物を使うと馴染みが違いますね。...

  •  2
  •  -

イトヒバの透かし

今日は久々に仕事のお話、ボチボチと手入れ仕事も始まり、今日はイトヒバの透かしです。以前に数回手を入れたことのある木ですが、かなり枝が混み合ってきていました。あまり混んでいると蜂の巣なども付きやすくなりますし、雪が乗って枝折れしやすくなります。風格ある幹を見せるためにも、下枝を外し、中から枝を抜いていくことにしました。枝抜き後に中から見たところです。枯枝もすべて外しています。ということで、こんな感じ...

  •  0
  •  -

エゴの花

所用で秋田市まで出かけた折、庭の点検にうかがって来ました。ちょうど、今月末で作庭3年目を迎えるこの庭、樹高2mにも満たなかったエゴの木が、植栽3年目にして花を咲かせてくれました。木々も下草も、年を追うごとに緑が濃くなってきています。石畳の色も、いい色になってきましたね。...

  •  2
  •  -

能代の一番

能代市では今年から、「能代の一番」という企画を始めています。この企画は、市民の好きな能代の景色を写真で応募、市広報などで紹介していくというものですが、先月の能代市広報から応募作品の掲載が始まりました。第一回目の応募作品は、5月25日発行「広報のしろ」でご覧になれます。カラー写真はコチラです。↓ということで、採用いただき誠にありがとうございました。ちなみにこの写真は、3月18日のブログ記事「きみまち阪」で...

  •  2
  •  -

がんじゃの花

6月に入りましたね。今年も、「がんじゃ」の花が咲き始めました。和名では「タニウツギ」ですが、当地では「がんじゃ」です。どんな由来があるんでしょう。ちなみに今日は、「写真の日」なのだそうです。「願写」と書いて、願いを写す花、なんていうのはどうでしょうか。七夕さまにはまだ早いですが。「頑者」とも書けますが、タニウツギは至る所で見かけるので、頑固者がこんなに多くても困るかもしれません(笑)。「元謝」では...

  •  2
  •  -