archive: 2011年07月  1/2

擬宝珠

昨日、104歳の祖母が天寿を全うしました。祖母が創めた雑貨屋はもう店仕舞いし、店の前にあった庭も駐車場になりました。店先には縁台が置かれていて、子供たちがジュースやお菓子を食べていたものです。今はコンクリートになった店先ですが、せめてもの供養に、小さな庭をつくって送ります。昨日は蕾だった擬宝珠(ギボウシ)の花が今朝咲きました。ギボウシは仏教でも特別な意味を持つ花。信心厚かった祖母への、仏さまからの...

  •  2
  •  closed

奥入瀬

朽ちて倒れた木々も景となる。木も自然も、それを意識はしないけれど美しい。自然の中にも庭があり、庭の中にも自然がある。作為が無いことの美しさ。そんな光景に魅かれます。...

  •  2
  •  closed

マテバシイの透かし

今日は一年に一度のマテバシイの透かし。常緑広葉樹の高木が少ない当地にあって、暖地性の高木を透す機会は少ない。昔取った杵柄とばかりに、シイやカシの木を手入れしていた東京時代を思い出し、七夕さまのような気分でこの木に登る。シイの木もいろんな種類があるけれど、東京時代はスダジイの手入れが多かった。マテバシイは枝が荒いせいか、透かしでも、樹冠を整えていくのが難しい。毎年、去年よりも自然に、今年こそもっと柔...

  •  8
  •  closed

ケヤキの木かげ 7選

木かげのありがたい季節になりました。私の大好きな、ケヤキの木かげをご紹介します(順不同)。1 五城目町  木と人が共生する街並みが好きです。2 能代市 ケヤキ公園  能代の誇りです。3 東京 有楽町 国際フォーラム  ビルの谷間の避暑地。4 東京 表参道  この枝張り。街路樹百選。5 能代市 市立図書館  株立ちの爽やかな木かげ。  6 能代市二ツ井町 富根 愛宕神社  地元の誇り。奉納踊りで火照...

  •  0
  •  closed

オンコ(イチイ)の透かし

夏の剪定が続いています。当地では常緑広葉樹が少ないため、夏場は針葉樹の剪定が主となります。イトヒバ、ドイツトウヒときましたので、今日はオンコの透かしです。剪定前です。これまで刈り込まれていたものを、透かしに直します。枝先は切り詰めず、葉の間から幹や枝がうっすらと見える程度に透かします。もちろん、枯枝や枯葉はすべて外します。剪定量は、全体の3分の1というところでしょうか。下枝を少し外したら、隠れてい...

  •  2
  •  closed

赤松のトンネルー美郷町の松・杉並木ー

今日は午後から時間が出来たので、若衆を誘って美郷町へ。念願の街路樹百選を見に行ってきました。砂利道の両側に林立する赤松。風格ある並木に息を飲みます。まさに、赤松のトンネルです。素晴らしい!この周辺一帯は、緑地環境保全地域に指定されています。そして、この並木は教育委員会の管理とのこと。この町が、街路樹を「文化財」として捉えていることがわかります。美郷町役場周辺には、ほとんど無剪定と思われるトウカエデ...

  •  4
  •  closed

ドイツトウヒの透かし

先日行ったドイツトウヒの透かしです。ご依頼は、樹形をコンパクトに、目線が抜けるぐらいにということでした。                    剪定前        →          剪定後下枝を外して足元をすっきりさせ、枝葉の隙間からうっすらと幹が見えるぐらいに仕上げました。芯は途中から2本立っていましたが、短いほうの芯を残して樹高を下げています。高さ8mほどの木でしたが、これで1.5mほど...

  •  0
  •  closed

街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー 下

本日付の北羽新報文化欄に「街路樹観察日記」の下が掲載されました。以下に原文をご紹介いたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー 下昨冬、畠町のプラタナスの葉は12月まで青いままでした。他の木はすでに落葉している時期、このプラタナスたちは来年の芽出しの養分を作るために、日ごとに弱まる日光を受けようと必死に戦ってい...

  •  0
  •  closed

街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー 中

本日付の北羽新報に、「街路樹観察日記 中」が掲載されました。原文を以下にご紹介いたします。※新聞記事では、編集によって語尾や繋ぎが変わっているところもあります。※下記に添付の写真は、このブログ用に追加したものです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー 中樹木は、葉の光合成によってつくられた養分で生命活動を行ってい...

  •  0
  •  closed

今年も街路樹は悲しく

昨日、お隣の北秋田市まで出かけた時のこと、今年もまた街中の街路樹は悲しい姿になっていました。(昨年の様子はこちら→悲しい街路樹たち)ここは、県の振興局の前、並びには全県紙の支局もあります。他市町のことではありますが、同じ秋田県、どんな事情があって真夏にこのような枝切りが行われるのか、地元ではこの状態をどう受け止めているのか、そんなことを知りたくて、思わず、この新聞社の支局に飛び込みました。残念なが...

  •  0
  •  closed

街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー

本日付の北羽新報文化欄に拙文が掲載されました。タイトルは「街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー」です。掲載は上・中・下の三部となります。以下に原文をご紹介いたします。(写真は新聞記事に添付しているものと同じ写真です)ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー街路樹観察日記 ―緑の防災効果と樹木の生理を考えるー   上梅雨も明けて夏本番、街なかの緑も深まって...

  •  0
  •  closed

快気のお知らせ

No image

膝の治療で入院中でしたが、点滴治療も終了し、本日から自宅療養となりました。お見舞いや激励をいただいた皆様には、あらためてお礼を申し上げます。また、お伺いが遅れているお客様には大変ご迷惑をおかけいたしました。今週はリハビリ期間とさせていただき、通院の合間に事務や設計等の仕事をしておりますので、メール等への対応も再開いたします。現場復帰は来週以降になる見込みです。入院により、心身ともに浄化できました。...

  •  0
  •  closed