杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2011年09月 1/2

朝茶

こちらではあまり聞かないが、「朝茶はその日の難逃れ」ということわざがあるそうだ。朝にお茶を飲むと災難から逃れられたり幸運が訪れるなど、朝茶を飲めばその日はいいことがあるといわれているのだそう。お茶に関する言葉では、当地には「いっぺ茶っこはやざね(一杯茶はダメ)」というものがある。他所でお茶を出されたら、一杯だけで帰るのは失礼とか、一杯茶は縁起が悪いという意味で使われる。これは、お茶を振る舞う側が言...

  •  2
  •  -

カイズカの透かし(単木 濃い目)

一昨日の今日ですが、仕事でカイズカの透かしを行いました。今回は、生垣ではなく単木のカイズカイブキです。剪定前。数年前に刈り込みを透かしに直し、3年ほど徒長枝だけを鋏んでいた木です。木の中に潜り、内側から枝抜きをしました。数年おきに透かしているので、枯枝もそれほど出ません。枝抜きした枝です。これまでの剪定で既に大きな枝は抜いてあるので、今回は直径1㎝程度の枝で抜いていきました。枝抜き後の外観です。今...

  •  0
  •  -

うどん

唐突だけれど、もともと、滑舌がいいほうではない。声質が低いこともあり、阿吽の呼吸であるはずの妻でさえ、私の話を聞き取れないことがある。舌が滑らかなのが滑舌だとしたら、口下手の自分は、全くもって滑舌が悪いということになる。どちらかというと、喋るより書くほうが好きだ。これは、流れの中で話をうまくまとめられない歯がゆさから、しっかり自分の意志を伝えるための手段として、自分は書く方を選んでいる。と、これま...

  •  0
  •  -

剪定ボランティア

今日は家族スタッフともに、風の松原300年祭へ。セレモニーと松原散策会に参加してきましたが、300年に一度のこの記念すべき日に、なんと、カメラを忘れてしまいました。詳細は、明日の朝刊各紙をご覧ください。午後からは、自宅近くの公園の剪定ボランティア。カイズカの透かしです。ボランティアですが、もちろん、普段の仕事と変わらない完成度で行います。用がなければ誰も来ないような田舎の集落の公園に、透かしのカイ...

  •  0
  •  -

花壇づくり

台風一過、当地方ではそれほど大きな被害を受けることなくすみましたが、全国では大変な被害をもたらしたようです。被災された皆さまには、心からお見舞いを申し上げます。さて、ようやく雨も上がり、昨日から現場を再開していますが、採石場が大雨で浸水、予定していた石仕事ができなくなってしまいました。ということで予定変更、車庫脇の花壇づくりをすることに。流れた土から草が生え、ランダムに広がっている様子も自然でいい...

  •  0
  •  -

今日も雨

手入れ仕事も一段落、今週から庭づくりを再開する予定でしたが、先週から降り続く雨で現場に出れないでいます。こんな時は庭めぐりだと、露地の勉強を兼ねて大館市の鳥潟会館へ(植治の弟子が手掛けたという露地)。二週連続の露地研修だと勇んで出かけたものの、残念ながら勇み足、この日は休館日でした。予定変更、こんな時は素材探しだと、以前から覗いて見たかった採石場へ。収穫あり。大きなものから小さなものまで、石積みに...

  •  0
  •  -

山形茶室研修

先週のことになりますが、山形市まで茶室研修に行ってきました。清風荘。ここには宝紅庵という公共のお茶室があります。こちらは、紅葉公園と言われるだけあって、園内にはみごとなモミジがたくさん植えられています。秋にはこの紅葉を見に、全国からの観光客でにぎわうそうです。ここでは各流派の方々が常駐し、立礼席でお茶をいただけます。街なかにこのような施設があるということ、本当にうらやましい。露地の様子。蹲踞は、益...

  •  0
  •  -

木漏れ日の庭

遠方からのお客さまがあり、秋田市までお迎えに行ってきました。能代までの道中、点検を兼ねて庭をご案内。木漏れ日と、枝葉が創り出す木陰が気持ちのいい庭です。曲がりのある幹に射す光の陰影もきれいですね。野鳥を呼ぶために山の木ばかりを植えたこの庭は、できるだけ自然の生態系に近づけようと、薬剤散布を行わないようにしています。アメシロ大発生の中、食害もなく一安心です。デッキに腰掛けて庭を見ていると、山道にかか...

  •  0
  •  -

加福

本日、能代市柳町は「加福亭」さまの作庭に携わらせていただきました。新装オープンにあたって、文字通り、「福」岡造園の手も「加」わらせていただき、大変光栄です。アプローチ脇の小庭です。植えた木はマンサク。マンサクの木には「まんず良く咲く」という意味もあります。まんず、お酒と料理が美味しくて、まんずお客さまが入るという意味を込めてのマンサクです。「咲く」という字には「笑う」という意味もあります。よく見る...

  •  0
  •  -

雨上がり

二日続いた雨がようやく上がり、今日から、中断していた庭の手入れを再開しました。さて手入れを始めようかと思ったら、この景色。枝葉が落ちる前に思わず撮りました。玄関先の水鉢も、朝日を浴びて気持ち良さそうです。...

  •  0
  •  -

庭の命を繋ぐ

前回も少しご紹介しましたが、 昨秋作庭させていただいた庭をあらためて見に行ってきました。うちの畑で育てたヤマモミジの寄せ植えです。下草、生垣、田んぼ、里山、空、五層の背景を背に、伸び伸びと幹を伸ばしていきます。数年後には枝葉も増え、モミジの疎林となっていることでしょう。木陰や木漏れ日を楽しめるようになるのが楽しみです。水鏡の周りに植えた下草も大分にぎやかになってきました。このような姿を見ていると、...

  •  0
  •  -

向上心

仕事帰り、昨秋に作らせていただいた庭に寄ってきました。作庭後9カ月経ちましたが、下草が石の上にも広がり、異質な素材同士が庭の中で繋がってきました。石や園路の色も徐々に緑色を帯び、この庭に馴染んできています。このような庭の成長を感じられることは、つくり手として至上の喜びです。本当に嬉しく思いました。今日はこの庭でもう一つ嬉しいことがありました。写真は、こちらのお施主さんが剪定されたサクランボですが、...

  •  0
  •  -