杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2012年05月 1/2

雨傘

朝からけっこうな雨音。外に出てみると、自宅前の駐車場がこんな感じに。不思議なことに、砕石敷きの地面が半分だけ乾いています。見上げると、大きなクワの木が枝を伸ばしてきています。雨の日には雨傘、晴れの日には日傘、そしてもうすぐ美味しい木の実をたくさん成らせてくれるありがたい木です。「雨の降る日は傘になり、お前もいつかは世の中の傘になれよ」という歌の歌詞がありましたね。私もこのクワの実を食べて、世の中の...

  •  3
  •  -

Platys!

Oh! Platys!!!仕事を終え、子供たちと出かけた公園。思わずそう叫びたくなる木と出会った。伸び伸びとして、どこまでも大きく広い。「Platys」は、ギリシャ語で「広い」という意味。枝張りが広く、葉の大きな「プラタナス」の語源だ。子供たちよ、この木のように、大きく伸び伸びと育て。北秋田市 北欧の杜公園にて※ 参考 プラタナス巡礼...

  •  2
  •  -

緑の力

今日は、先週完成したばかりの庭の点検に。赤土だった所にお施主さんが苔を張られて、何とも言えない、幽玄な雰囲気を醸し出していました。石組みした頃はこんな感じだった庭が樹木や下草が入ってこうなり苔が入るとこうなります。ゴツゴツとした岩だらけの庭が植栽で変わり、下草で野趣味が増して、苔で落ち着く。緑の力の素晴らしさに、今さらながら脱帽です。...

  •  0
  •  -

福幸の酒

先日お邪魔したお施主さんから、「雪っこ」というお酒をいただきました。ラベルには「福幸原酒」と書かれていますが、このお酒をつくっているのは、昨年の大震災で被災した陸前高田市の酒造です。お施主さんからいただいたお酒はすでにいただいてしまいましたが、今日偶然入った店で見つけました。全部買いたいところですが、「福幸」を独り占めしてはいけないので、2本で我慢です。飲み口がとても柔らかく、優しい中にも力強さが...

  •  2
  •  -

設計中

設計仕事がたまり、昼も夜も、事務所に缶詰め状態です。缶詰に徹したいところですが、急な打ち合わせや雑用も入り、そちらに時間が掛かったりします。現場で仕事してナンボの職人なので、図面を描くのはあまり得意ではありません。PCも苦手なのですが、字が下手くそなので仕方ありません。昨年まで図面は手描きのスケッチでしたが、実は字ばかりでなく絵も下手くそであることに最近気付きました。なので、仕方なく、パソコンで図...

  •  0
  •  -

Desperado ♪

「心に残る一冊」というカテゴリーを付けたものの、あまり本を読まないのでなかなか記事が増えない。でも音楽は聴くから曲ならあるか。ということで、このカテゴリーを「心に残る一冊(一曲)」とあらためることにした。また変わるかもしれないが、とりあえず一曲ご紹介。中学生の頃、「イエスタデイ・ワンスモア」のレコードが欲しくて、カーペンターズのベスト盤を買いに行った。この時聴いた中で、イエスタデイ・ワンスモアとともに...

  •  0
  •  -

新緑の木陰

ブナとヤマモミジの新緑。新緑の庭の木陰は、なんともいえない爽やかさと心地よさがありますね。...

  •  0
  •  -

シバザクラの庭

しとしと降りが心地いい雨の日、長くかかった庭づくりも完成したところで、一息つくにはちょうどいいお天気です。ということで、今日は現場を休みにして、一日、庭の下見や打ち合わせに回りました。途中、作庭後10年近いこの庭に寄りました。久しぶりに訪れた庭ですが、あいかわらず、シバザクラの美しさには見惚れます。シバザクラは一面に咲く明るい花色が魅力的で、洋庭によく使われるイメージがありますが、意外と苔や山石を使...

  •  7
  •  -

溶岩の庭、完成

3月から着工していた八峰町の庭が完成しました。寒風山の溶岩を組んだ、枯流れの庭です。ヒバやハイビャクシン、シャクナゲなど高山に生える木々が、山の奥深さを演出してくれます。植栽のほとんどは既存の物、お施主さんが大切に育てられてきた木や下草です。下流になるにつれ、モミジやナツハゼ、ウメモドキなど、里山に自生する木へと変わっていきます。1m以上土盛りしたので、かなり大きな、岩のような石も使いました。大きな...

  •  2
  •  -

山の朝、海の夕

鷹巣朝市に向かう途中で見た、森吉山方向の山の重なり。山の濃淡が面白い。現場からの帰り、八峰町から日本海側を望む。夕暮れの山に掛かる雲海のような雲が面白かった。...

  •  2
  •  -

石の上にも

石の上で瞑想にふける我が家のネコ。猫背ではあるが、なんだかたたずまいが凛としている。名僧のごとく、悟りでも開いたのだろうか。それにくらべて、仕事も家庭も迷走ばかりの私。石を組むのが仕事の植木屋だけれど、時にはじっくりと石の上に腰を据え、座禅でも組みたいものだ。何年座れば、このネコの境地にたどり着けるだろうか(笑)。...

  •  0
  •  -

夕暮れの軽トラ

2週間ぐらい前に撮った、能代市内の田んぼの写真です。夕暮れ時、田んぼの畦を行く白い軽トラと、手前の道路を反対方向に進む軽トラの影。今ごろはもう田んぼも打ち終わり、水が入っていることでしょう。またこの時間に行ったら、水に映る、夕暮れの軽トラを撮れるかもしれません^^。...

  •  2
  •  -