杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2013年05月 1/1

「緑のトンネルを訪ねて~大都会の市中の森」(地元紙寄稿文)

今朝の地元紙に、拙文が掲載されました。下記に、原文、写真をご紹介いたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー緑のトンネルを訪ねて~大都会の市中の森連休後半に所用で上京、緑の名所をいくつか回ってきました。肌寒い能代とは一転、東京はすでに初夏の装い。緑の木陰がとても心地のいい季節です。一昨年、街路樹視察で都内を回りましたが、その時は冬でした。いつか葉を茂らせた姿を見たいものだと思っていたと...

  •  0
  •  -

角館の桜並木

先週末、角館の桜を見に行ってきました。この間、NHKの「プロフェッショナル」で、桜日本一と言われる弘前城公園の桜を管理する樹木医さんが紹介されていましたが、角館の桜もまた樹木医さんが関わっています。 この桜並木は桧内川の堤防にありますが、幅3mほどの道を挟んだ両側に植えられ、向かい合う枝同士の距離が取れるよう、交互に植栽するなどの工夫が見られます。向かい合う木が少しずれていることで、枝張りを長く取れ...

  •  0
  •  -

東京・新緑のトンネル (江戸川区のケヤキ並木・田園調布のイチョウ並木)

先週、所用で東京に出かけてきました。都内を移動中に見た、緑の名所を紹介します。江戸川区南葛西の緑のトンネル。さほど広くない住宅街の道に、ケヤキとクスの木でトンネルが形成されています。実は、この通りには偶然通りかかったのですが、この緑のトンネルを見て、一昨年に一度来ていたことを思い出しました。江戸川区には公園や緑道がたくさんあり、街路樹の本数も23区で一番多いそうです。区独自で作成した緑の管理指針も...

  •  0
  •  -

つくり手知らずの庭

いつもは、「雪国秋田の庭をつくる」をモットーに仕事をしている。ある時、そんな私に海外から露地の設計依頼があり、秋田の庭をつくると公言している自分になぜ?と思った。露地なら、本場の京都の庭師に頼むこともできるのに、とても有り難いことだった。でも、行ったことも無い土地の、気候も風土も言葉も違う土地の庭をどうやってつくればいい?しかも、それを自分の手でつくることはできない。文化も価値観も違う現地の施工者...

  •  0
  •  -