archive: 2013年10月  1/2

これからの庭と住まいを考える(地元紙寄稿)

今朝の地元紙に、拙文が掲載されました。(クリックで拡大できます)原文はコチラです。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー「これからの庭と住まいを考える~周囲と調和する緑の住まい~」先日、東京で開かれた庭のフォーラムに出席してきました(パネルディスカッション「これからの庭を楽しむ」:日本庭園協会)。「これからの庭を楽しむ」というテーマの元、著名な作庭家や造園家、建築家...

  •  0
  •  closed

五城目町のケヤキ並木

一昨日、現場の下見と雑誌の取材を兼ねて、五城目町まで行ってきました。五城目町はケヤキ並木が多くて、とても雰囲気の良い街です。見事なトンネルです。このぐらいの大きさのケヤキ並木は県内にもたくさんありますが、トンネルになっている所はあまり見かけません。ケヤキは、黙っていても、こうした姿になってくれます。ケヤキがケヤキらしくなっているのは、この町が、ケヤキらしさとはどんなものかを知っているから。それが素...

  •  0
  •  closed

外苑の呪縛

この間のブログで、神宮外苑のイチョウ並木を紹介しました。円錐形の大きなイチョウが4列に並ぶ姿は壮観で、フランス整形式庭園を思わせるような景観です。こちらは、外苑見学の後に寄った埼玉県久喜市役所前のイチョウ並木。昨冬、街路樹の視察で訪れた際、 市役所前のイチョウ並木がとても柔らかな樹形をしていたことから、今度は葉のある状態を見てみたいと思ったのです。久喜市は全国初で街路樹条例を策定した自治体として有...

  •  0
  •  closed

正しいことはいつか必ず通る

No image

この間、小学校の道徳の授業で「公正・公平・正義」をテーマに、親が子にあてて手紙を書くというものがありました。こんな高尚なテーマを前にすると、自分はどうなのかとの自己問答が始まり、なかなか筆が進みません。子供に正義や公正を語れるほど立派な人間じゃない。悩みに悩んだあげく、こんなことを書きました。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー長女へこの間、「リオの伝説のスピーチ」という動画を君に見せました。大...

  •  0
  •  closed

亀が遊ぶ、山の木を植えた庭 完成

北秋田市で作庭中の庭、芝張りを終えてほぼ完成です。芝張りと合わせ、ジューンベリーの木を植えました。とても美味しい実がなるので、庭での楽しみも増えます。お施主さんもカシスの木を用意されていたので、それと一緒に植えました。このジューンベリーは、リビングの窓から見えるお隣の玄関の目隠しも兼ねています。落雪を受けず、庭とのバランスもよく、目隠しにもなる。その唯一の場所がここでした。二つの花壇は、ご主人から...

  •  0
  •  closed

東京街路樹紀行4 江戸川区 (10月)

東京、最後の街路樹紀行は江戸川区へ。緑に詳しい知人の案内で、半日かけて回りました。ケヤキのトンネル。美しいの一言です。ケヤキがケヤキらしくあることがこんなに美しいのかと思い知らされるような美しさ。掃除されている方がいました。江戸川区では、特に住民総出の落ち葉掃除などもないそうですが、こうして普段から沿道の方が掃除されておられるとのこと。この美しい緑の空間が維持されているのは、緑を大切に思う区民の皆...

  •  0
  •  closed

東京街路樹紀行3 神宮外苑のイチョウ並木 (10月)

田園調布のイチョウ並木を見た翌日、今度は神宮外苑のイチョウ並木へ。6車線道路に、きれいに整えられた円錐形のイチョウが4列に並んでいます。正面に見えるのが絵画館。建物と合わせ、整形的なこの空間はフランス式庭園を思わせます。車道の両側にある歩道。二つの円錐形の裾野が接して、緑のトンネルをつくり出しています。4列の並木ですが、車道側は都の管理。歩道の外側は外苑の管理です。上部は少し黄葉してきていますが、...

  •  0
  •  closed

東京街路樹紀行2 田園調布のイチョウ並木(10月)

田園調布にやってきました。昨冬と今年5月にも来ていますが、ここは、何度来てもいい所です。ノスタルジックな駅舎が目印です。この駅を起点に、放射状に道が広がっていますが、正面の3つの通りがイチョウ並木になっています。写真は、向かって右側の通り。日当たりの良いロータリーと比べると、並木の中は、いかに緑の量が多いかがわかります。真ん中の通り。左右の通りに比べて、少し距離が短くなっています。左側の通り。今回...

  •  0
  •  closed

東京街路樹紀行1 甲州街道のケヤキ並木(10月)

パネルディスカッションでの上京のついでに、街路樹の取材もしてきました。都内近辺をいろいろ回ってみたので、私がいいなあと思った所を少しご紹介します。甲州街道、調布付近のケヤキ並木です。4車線道路に、背の高いスラッとしたケヤキが連続しています。近くの歩道橋から撮ってみました。トンネルにはなっていませんが、樹高があるので、路面はかなりの木陰で埋め尽くされています。電線もありますが、上手に枝の間を通してい...

  •  0
  •  closed

パネルディスカッション「これからの庭を楽しむ」

10月13日に上京、日本庭園協会のパネルディスカッション「これからの庭を楽しむ」に、若衆と共に参加してきました。写真は、会場となった日比谷公園。東京は前日に30度を超えるなど秋とはいえ暑い日が続いていましたが、こんな時こその木陰です。見上げると、幹や枝の線がとてもきれいで、思わず写真を撮りました。さて、このイベントは、全国の作庭家や造園家、建築家の方々が集まり、職域を越えて、これからの庭を考えるという...

  •  0
  •  closed

植樹に行ってきました

所属する白神ネーチャー協会の植樹に参加してきました。昨年は仕事で参加できなかったので、2年ぶりの山です。今年も植樹指導のお役目をいただき、ボランティアの皆さんのお手伝いをしてきました。用意されたブナやトチノキの苗木を、丁寧に植えていきます。山に生える木は雪に押されて根元が谷側に曲がりますが、斜面に木を植える時には、そのように植えてあげます。そうすることで、雪崩などで苗木が倒れても、春になればしなや...

  •  0
  •  closed

亀が遊ぶ、山の木の庭

北秋田市で作庭中の庭、芝張りを残してほとんど完成です。土地の石で畳んだ屋根下の石張り。建物への泥はね防止と園路を兼ねたものですが、これがあることで家と庭が繋がります。直線的なコンクリート打ちになることの多い場所ですが、出入りを付けた石張りにすると景色としても面白く、庭の奥行き感も増してくるようです。石張りの途中に設けた二つの花壇。建物際は落雪を受けるため、雪の影響が少ない草花を植えることにしました...

  •  0
  •  closed