杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2014年03月 1/1

庭の改修(飛石の打ち直し)

雪解けも進み、今週から庭の改修に入っています。施工前。作庭後数十年経ち、飛石周りの樹木が歩行に障るようになってきました。一度解体して、新たに打ち直します。施工後。庭の中央部を横断、座敷へと続いていた飛石を、リビング経由で座敷に向かわせます。導入部を反対から見た所。むくりのある石が、露頭岩のような味わいを醸し出します。庭奥に隠れていた石を飛石周りに据え、伝いに曲がりを持たせます。雨落ち部分には土中か...

  •  0
  •  -

春のお便りが届きました(『Letters』創刊)

春の陽気もつかの間、今朝はまた、雪景色の朝です。暴風雪警報も発令されて、やむなく現場もストップ。そんな中、暖かな春のお便りが届きました。『Letters』。暖色系の表紙に描かれた葉っぱが、とても印象的な本です。送り状には、「大切な人に送る手紙のように心を込めて」とありますが、この『手紙』をつくられたのは、さいたま市の大武美緒子さん。「子どもとの暮らしから 身近な自然とつながる たのしむ」をコンセプトに、...

  •  0
  •  -

落葉樹の仮植

昨日はけっこうな雨が降りました。やる気満々の気持ちに水を差すような雨ですが、この雨が春を呼び込んでくれたのか、今日は何か月ぶりかの春の日差しです。今秋の作庭に備え、既存の落葉樹の掘り取りです。雪解け水と雨水が浸透しきれず、掘ってるそばから水が湧いてきます。久々に足袋を履きたいと思いましたが、今日は我慢しました。3m級のヤマモミジやウメモドキを根巻、仮植えして秋の作庭まで養生します。根巻前のヤマモミ...

  •  0
  •  -

落葉樹の移植

現場では、雪解けの早い所から樹木の移植を始めています。落葉樹の移植は、木に負担の掛からない芽吹き前が最適期。剪定同様に、根を切られる移植もまた、木にとっては外科手術となります。手術は木の生死にかかわることなので、できるかぎり、木の都合に合わせた時期に行っています。移植前です。掘り取り作業で枝を傷めないよう、縄で枝を枝折ります。直径10㎝ほどのニシキギを掘り取り、矢印の方向に1mほど動かします。樹木...

  •  0
  •  -

春を呼び込む

今冬は雪が少なくて、2月末頃から雪が融け出しました。これは早く始動できると期待していましたが、その後、また冬に逆戻り。昨日も5㎝ほど積もりました。ということで、待っていてもなかなか春がやってこないため、こちらから春を呼び込むことにしました。春を呼び込むために、雪のかき出し。中から、石組が顔を出しました。 重機が入れないので、チェーンブロックで石を移動します。雪の下に埋もれていた石はさらに土の中にも埋...

  •  0
  •  -

記憶にない景色

いつか見た景色ですが、ここがどこなのかを忘れてしまいました。たぶん、いつものように、なんとなく魅かれて入っていった里山だと思うのですが。撮っていたことすら忘れてしまったような写真を見ていると、自分が普段どんな視線で何を見ているのか、第三者の感覚で見れるから不思議です。...

  •  2
  •  -

おんぶ岩

奥入瀬渓谷で見た石です。どちらも、大きな石の背に、小さな石が乗っています。我が子を背負う父のようでもあり、母のようでもあり、孫をあやすおばあさんのようでもあり、なんだか、ホッとするような光景です。実はこの2枚の写真、撮影時期も場所も違うのに、無意識に、同じような姿の石を撮っていました。どのあたりで撮ったものなのかも覚えていなければ、撮っていたことすら忘れていたのですが、こうして、何気なく撮った写真...

  •  0
  •  -

凝灰岩の文化~二ツ井と山形の庭や建物から~

二ツ井町の名勝、きみまち阪。黄色い岸壁に松の緑や紅葉が映える様は、言葉にできない美しさです。きみまち阪の岸壁は、ポツポツと穴の空いたような凹凸のある石肌をしていますが、この石質は凝灰岩と呼ばれて、火山灰が堆積してできたものと言われています。きみまち阪は県定公園になっていますが、園内には露頭岩も各所に見られます。向こうに見える山は採石場ですが、この石は軟らかくて加工しやすいことから、昔から家の土台や...

  •  0
  •  -

今日は午後から、田代(二ツ井町)まで出かけてきました。お目当ては、この崖です。何度か来ていますが、冬の状態も見てみたいと思っていたのです。そして、この川の岸壁。人工を思わせるような、直線的な断崖です。こうした自然の中で見た景色がヒントになり、庭の中で活かされます。土地によって石質や硬度も様々。その地に産する石を使えば、土地に馴染むものができます。石が無ければ、土でもつくれる。風化して剥がれ落ちた岩...

  •  0
  •  -

造園スタッフ募集

今日から3月です。ここのところの暖気で、雪面だった道路の雪も消えました。田んぼや庭にはまだ雪がありますが、春からの作庭に向け、準備を進めているところです。現場も、いよいよ来週から本格始動。久しぶりの庭仕事に腕が鳴ります。さて、福岡造園では、業務の充実を図るため、庭づくりのスタッフを募集することになりました。募集の要項は、HPの新着情報でご覧になれます。ようこそ、庭のため来たれ!...

  •  0
  •  -