杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2014年10月 1/1

緑のおすそ分けとお蔭さま

自宅駐車場に掛かるモミジが見頃を迎えました。新緑に紅葉、夏の木蔭と、お隣のお庭から、緑のおすそ分けをいただいています。 このモミジは、塀越しに、車上を覆うほどに枝を伸ばしてくれているので、夏場はとても助かります。 写真は、けやき公園隣接の駐車場ですが、夏場の木陰の下は本当に涼しい。このケヤキと同じ効果を、このモミジからいただけているのです。 「借景」は、外の景色を自分の庭に借りることですが、景色ばか...

  •  0
  •  -

山道の庭 完成

施工中だった秋田市の庭が完成、無事、お引き渡しとなりました。出来上がった庭の様子を、施工前の状況と併せて、ご紹介します。着工前の様子です。雪国では、冬期、除雪車によって寄せられた雪が道路際に盛り上がりますが、道路と庭の距離が近かったり、路面と庭地盤がフラットな時など、寄せられた雪の圧力で樹木が傷みます。その防止として、頑丈な雪囲いを行うのが一般的ですが、それでは毎年の経費が掛かる。今回は、そうした...

  •  0
  •  -

裏庭のマザー・テレサ~群馬直美さん 「木の葉と木の実の美術館」から~

読書の秋,ということで、先日ご紹介した、群馬直美さんの「木の葉と木の実の美術館」を読んでいます。そこに、「裏庭のマザー・テレサ」のタイトルで出てくるのが、このドクダミ。 名前からして、毒のある草と思われがちなドクダミですが、実は薬草で、その名の由来は、「毒」を「矯める(直すの意)」という「ドクタメ」が訛ったものとか。 群馬さん曰く、 根から茎、葉っぱまで、全てを薬効のために捧げ尽くし、症状に合わせ、煮...

  •  0
  •  -

キンモクセイの香りが運んでくれた本~「木の葉と木の実の美術館」群馬直美さん~

昨日いただいた東京からのお手紙に、「キンモクセイの香りに心潤う季節になりました」とありました。キンモクセイは寒冷地では育ちにくく、当地では見かけることの少ない木ですが、先日、市内で偶然この香りと出会い、嬉しい思いをしたばかりです。この間、この香りを嗅いだのはいつだっただろう。そういえば、10年ほど前に、初めて永平寺さんに出かけた時、境内にいっぱい咲いていたなあ。そのまた前はいつだったろうと記憶を辿...

  •  0
  •  -

庭の骨組完了

先月末から取り掛かった秋田市での作庭も、着工から2週間。だんだん形が見えてきました。冬期の除雪で傷む道路際のサツキを、強度の高い土留めを設けて位置を高め、雪の影響を受けないように植え替えます。土留は、既存の庭石に合わせて、寒風石の石積み。片側完成。敷地を有効に使うため、土留めの石積みは園路も兼ねています。土留は、敷地の角部分をポイントに、石積みから枕木へと変化します。今回は、良質の古材枕木がなかな...

  •  0
  •  -

対局

石屋さんで見つけた、お坊さんの対局。本因坊戦でしょうか。「こりゃ、一本取られましたな」という感じが、よく出ていますね^^。...

  •  0
  •  -