杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2015年01月 1/1

木への思いやりを表す樹形~ 『片枝樹形』のケヤキ並木(秋田県五城目町)~

先日、五城目町のケヤキ並木を通りました。こちらのケヤキ並木はこれまでにも何度か紹介していますが、夏場は緑のトンネルがとても心地よく、県内で最も素晴らしいケヤキ並木だと思って見ています。昨夏、同じ個所を反対側から撮ったものです。この通りのケヤキは、歩道側の枝を短く、車道の上空に大きく枝を伸ばすという、とても特徴のある姿をしていますが、このような樹形を「片枝樹形」と言います。同じ木の夏の姿です。こちら...

  •  0
  •  -

樹木の枝張りと根張りのバランス~木が必要とする土の量や面積を考える~

能代市けやき公園内にある、樹齢300年の大ケヤキ。樹高が20mを超える大木が何百年もの風雪に耐えて立つためには、大きな枝張りと同じぐらいの根が必要です。地上部を支えられるだけの力が地下部に無いと、木は倒れてしまう。自然界では、木が自分の力で地上と地下のバランスを取って生きていますが、人間社会で暮らす木は、必要以上に枝を切られたり、道路や建物の工事で根が大幅に切られることもあります。樹木は、根と幹、枝...

  •  0
  •  -

十和田市の桜並木に学ぶ~街路樹としてのソメイヨシノを考える~

ソメイヨシノは、樹齢60年程度と言われていますが、その樹齢に近づいた木の移植や、今後、予算を掛けて手を入れるべきかどうかという相談をよく受けます。そんな中で、昨年は、樹齢80年を超える桜の木について、保存するべきかどうかという話がありました。しばらく手を入れていなかったことから、テングス病が付き、ツルが絡まった状態でしたが、樹木医さんの見立てでは、「この木はまだまだ生きる力を持っている。手入れ次第では...

  •  0
  •  -

サルスベリの街路樹

写真を整理していたら、昨夏に撮影していた、サルスベリの街路樹が出てきました。井川町の国道285号にあるこの街路樹は、秋田県では、美郷町の松・杉並木や角館の武家屋敷とともに、「新日本街路樹百景」に選ばれる並木です。サルスベリは、春から伸びた枝に花を付けますが、芽出しの前に枝を切り詰めれば勢いのよい枝に大きな花をつけ、自然のままにしておくと、楚々とした小ぶりの花を付けます。こちらの並木は、徒長した枝に...

  •  0
  •  -

雪椿

冬の庭に、ひっそりとたたずむ寒椿。寒い朝の静かな風情に、しばし見惚れてしまいます。手入れに入っているのに、足跡を付けるのがもったいない。雪で折れそうな枝を剪定したら、蕾がついていました。もったいないので、事務所の棚で咲いてもらいましょう。こちらはヤブツバキ。白い雪に、緑の葉と赤い蕾。雪は、木々の命をより引き立ててくれますね。せっかくなので、切り置きしていた竹に入れてみました。こちらは、庭のお施主さ...

  •  0
  •  -

空間調整の工夫(落葉高木のスペース配分)

除雪もひと段落したところで、今週は落葉樹の冬季剪定に伺っています。モミジや梅の木、モクレンやイチョウなど、落葉高木が主体の庭です。ほとんどが1階の屋根よりも高いので、夏場はとても気持ちの良い木陰ができていることでしょう。木陰を確保するためには広い枝張りを残したいところですが、枝の伸び方が違う種々の木同士が接近しすぎると、本来は横方向に伸びる枝が、上方に向きを変えて伸びるといったことが起こります。 ...

  •  0
  •  -

 「🍁冬だから行う木の剪定 ~真冬に枝を切る理由~🍁」(地元紙広告)

今朝の北羽新報に掲載された、弊社の広告です。タイトルを「🍁冬だから行う木の剪定 ~真冬に枝を切る理由~🍁」として、冬に落葉樹の剪定を行う理由について紹介しています。留意点として、「➀傷口がふさがりやすいポイントで切る ②切る枝の量を制限する ③その木の特性を尊重する」の3つを上げていますが、下記に、弊社HPや当ブログの関連記事から具体的な対処法や応用例をピックアップしてみましたので、ご覧ください。〇冬に...

  •  0
  •  -

仕事始め

自営業は、休みがあってないようなもの。正月中から、なんとなく事務や設計仕事をしていましたが、植木屋は、外で仕事をしてナンボ。ということで、今日から外仕事が始まりました。初仕事は、緊急の除雪。屋根から落ちた雪の撤去です。スノーダンプの経路を作って、道路に横付けしたトラックまで運びます。でもこの日は-5℃。雪が凍っていて、砕きながらの除雪です。積んだ雪は、最寄りの雪捨て場まで。雪を積んで運んでの繰り返...

  •  0
  •  -

カマキリの不思議

正月3が日で、けっこう雪が積もりました。連日の雪かきですが、屋根から落ちた雪を寄せていると、軒下の壁にカマキリの卵を発見。カマキリはその年の降雪量を予測して、雪の害を受けない高さに卵を作ると言いますが、この卵は、地上約1.2mの所にありました。 当地では、いくら大雪でも1.2mも積もることはありませんが、屋根から落ちる雪がたまると、軽く2mを超えます。 落雪点は外壁から60㎝ぐらいの所になりますが、雪...

  •  0
  •  -

初詣

子どもたちと、初詣に出かけてきました。まずは、歩いて行ける、近所の神社まで。 杉林の中、65段の石段を登っていきます。 子どもの時は社に布団を持ち込んで泊まったものですが、今この集落の小学生はうちの子一人。そうした風習ができなくなったのは、さみしい限りです。 そして今度は、七座神社の天神様に。 景色が良いので時々来ますが、実は、初詣で来るのは初めてです。こちらは、菅原道真公を祀る学問の神様。 受験生の...

  •  0
  •  -

新年のごあいさつ

新年あけましておめでとうございます。写真は、私が生まれ育った故郷の風景です。秋も深まったある日の朝、通りがかりに見た景色でした。子供の頃から何度も見てきたはずですが、これほど美しいと思って見たのは初めてのこと。美は至る所にあり、身近な所にも、心を動かされるような美しい光景があるということを、あらためて感じました。今年はひつじ年。「美」という字には「羊」という字が入ります。今年も、なにげない自然や街...

  •  0
  •  -