archive: 2016年03月  1/1

ナツボウズ

ふらりと入った里山で、何年ぶりかで目にしました。夕暮れ時の杉林はモノクロの世界。そんな中で、光り輝く存在でした。...

  •  2
  •  closed

支柱の解体

先週から雪囲いの解体を始めていますが、今日は秋田市まで。帰り、作庭4年目の庭を見に寄りました。そろそろ樹木が太り出す頃。結束した縄も張ってきていたので、支柱を外すことにしました。 最近、風の強い庭以外では支柱を付けませんが、ここは除雪の雪で押されるので、補助的に付けています。今年も無事に冬を越し、木も安定してきたので、もう大丈夫でしょう。 支柱が無くなると、木々ものびのびとして見えます。人も木も、支...

  •  0
  •  closed

竹垣の更新

10年前に改修した竹垣を更新することになりました。改修イメージ。竹垣の後ろには藤棚がありますが、3年前に、耐久性の高い青森ヒバの柱と交換していました。今回の竹垣は、20㎝ほどセットバックさせて、この藤棚の柱を間柱として利用。玉縁を省略して、ランダムな四ツ目垣にしてみました。四ツ目のフレームから見る庭。こんな景色も、庭を見る楽しみのひとつですね。...

  •  0
  •  closed

袖振り合うも多生の縁

先月、能代市内を移動中、国道のケヤキがブツ切りになっているのを見かけました。この日はちょうど、1月の街路樹サミットについての報告をお願いされて、能代の街路樹が自然樹形管理に変わった話などをしてきたばかり。その帰り道でブツ切りの街路樹を見ることになるとは、何とも皮肉なことでした。数日後、国道の管理事務所を訪問。事情を伺いながら、支障がある中でもケヤキをケヤキらしく維持できる方法はあることを、資料を提...

  •  0
  •  closed

雪解け

庭の雪解け。 樹木のある所から、人が歩く所から、水のある所から融けていく。西日があたたかくなってきた。ようやく雪国にも、春の気配。...

  •  0
  •  closed