杜の木漏れ日

ARCHIVE PAGE

Archive

2016年12月 1/1

無事是千秋楽

あっという間に年の瀬。今年も無事に、新年を迎える支度ができました。皆々様に、ますますの幸せが訪れますように。...

  •  0
  •  -

『街路樹サミットin大阪』開催のお知らせ

来年の1月7日、大阪府茨木市において、『街路樹サミットin大阪』が開催されます。発起人の木下さんご夫妻は兵庫県三田市の方。今年1月の「街路樹サミットin立川」にも参加され、6月には、はるばる秋田にもお越しいただいておりました。「あまがえるさんの日誌より)「in立川」の懇親会場で、「次は関西で!」と声を上げられた木下さん、お仲間の皆さんと共に実現にこぎつけられたこと、本当にご苦労さまです。そして、思いを繋いで...

  •  0
  •  -

柳も桜

この間、能代市内で見た公園の柳です。こちらは、同じ市内にある桜の木。   以前、公園管理の方々に案内して、弘前方式の桜剪定方法を紹介したことがありました。「桜切るバカ」は、桜は剪定に弱く枝が腐りやすいことから、むやみに切ってはいけないという戒めですが、この時は、最も難しい桜剪定をマスターすればどんな木にも対応できると話しました。桜は丁寧に切り、テングス病枝の除去など、必要以上の剪定をしませんが、こ...

  •  0
  •  -

冬季の営業案内(冬季剪定)

雪囲い作業も終了、現場は今、冬の剪定に入っています。桜の木の越境枝とテングス病枝の剪定。栗の木の越境枝剪定。黒松の徒長枝剪定。落葉樹、常緑樹等、様々な事例を、カテゴリーの「冬季剪定」のコーナーで紹介しています。どうぞ、併せてご覧ください。冬季剪定は、3月中旬ごろまで行っています。メールでのお問い合わせは、弊社サイトの剪定コーナーから行えます。多少にかかわらず、お気軽にお声がけください。...

  •  0
  •  -

あきた白神アダプト・プログラム認定

昨日は山本地域振興局(秋田県)を訪問、かねてより申請していた「あきた白神アダプト・プログラム」への参加認定を受けてきました。能代山本管内では4番目の認定ですが、参加団体は企業が多く、一般市民の参加は初めて。能代二ツ井地域からの参加も初めてなのだそうです。認定式は、建設部の部長さんが直々に証書を授与してくださいます。途端に庁内から拍手が起こってびっくり、照れくさいことしきりでした。こちらが証書。「あ...

  •  2
  •  -

能代市クリーンパートナー認定とその後の活動

先月のことですが、かねてより申請していた、能代市クリーンパートナーの認定証書が届いていました。こうした証書をいただくと、身が引き締まる思いです。活動区域のメインは、わが子の通う二ツ井小学校前のケヤキ並木。この通りは送迎等でほとんど毎日通りますが、その後も枯枝拾い等を行っています。12月2日と7日の風の強い日でした。年度終わりには活動報告書の提出がある模様。その時忘れないように、こちらに記しておきましょ...

  •  0
  •  -

見本剪定への立会いと県知事への手紙

12月1日、二ツ井小学校前のケヤキ並木に見本剪定が行われました。この並木は、昨年の剪定で一部が丸刈りとなったことから、管轄する秋田県の担当課に、本剪定前に見本剪定を行なうことを要望、今回、それが適った形です。県から案内をいただいて私も立ち会いましたが、街路樹剪定で事前の仕様確認を行うのは、おそらく秋田県では初めてのこと。採用いただいたことを評価したいと思います。ただ、秋田県の管理体制は引継ぎが弱く...

  •  0
  •  -

道と灯りと花壇と落ち葉と

庭づくりのその後。雪囲いと並行しながらも、少しづつですが進んでいます。玄関から車庫へと向かう園路。土が硬く締まり、雨が降るとぬかるむ状態です。既存土を掘り返し、リフォーム中の家の解体残土から出たガラや砂を混ぜ込み、燻炭を漉き込んでいます。その上に、残土の砂を敷き込んで、下地の完了。明るい雰囲気を出すために、仕上げはレンガ敷き。そして、夜でも歩けるように、道周りに灯りを。だんだん雰囲気が出てきました...

  •  0
  •  -

雪が解ければ春になる

現場は今、雪養生の真っ盛り。そんな合間を見て、今年に作庭させていただいた庭の点検に寄りました。こちらは、庭奥に雪のストックスペースがありますが、朝の時間の無い中での雪寄せは大変です。雪囲いの不要な庭ですが、下枝を絞れば植栽周りにもアプローチの雪を置けるため、簡単な繩巻きを施しました。この庭の中で、最も水はけが良いのが、植栽地周辺。そして、庭の表面排水が集まるのが、手前の枯れ流れです。雪が解ければ、...

  •  0
  •  -