archive: 2017年02月  1/1

街路樹サミットin大阪に参加して 上

 (クリックで拡大)なかなか「街路樹サミットin大阪」のことを書けすにいましたが、ようやく頭の整理がついて地元紙に寄稿。今朝の新聞に掲載されましたので、ご紹介いたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー『街路樹サミットin大阪に参加して 上』◇能代から繋がる街路樹の輪1月7日、立命館大学いばらきキャンパス(大阪府茨木市)で開催された、「第二回 街路樹サミットin大阪」に参加してきました...

  •  0
  •  closed

バードストップ

この間、『アイストップ』の話をしました。アイストップは、一般的に、洋庭では噴水や彫刻、和庭では灯ろうや石塔などの添景物がそうした役目を果たすようです。庭であれば、園路を歩いていて目が止まるもの、視線の先にあって目を引き付けるものであれば、素材に限りはないと解釈していますが、そういう意味では、この庭のように、小道に置かれた景石もまた、アイストップと言えるでしょう。この石は、よく見ると上部が平たくなっ...

  •  0
  •  closed

アイストップ

市内で見つけた『アイストップ』二つ。能代市在住の方なら、おそらく見かけたことがあると思います。ちなみに「アイストップ(eyestop)」は、造園用語。「人の注意を向けるように意識的に置かれたもの」という意味です。意識的でなくても、偶然そうなったり、後からそうなるということもある。この二つは、そんな広義のアイストップと言えるでしょう。能代市緑の基本計画の理念は、「緑の価値に気付き、守り、活かす」。こんなア...

  •  0
  •  closed

公共樹木に関する諸々の提案

「のしろクリーンパートナー」の役割には、美化活動を行う公共施設(道路や公園も含む)で異常を発見した時などの情報提供も含まれています。  杜守Clubでは、活動区域を「市内全域街路樹や公園、施設の樹木」としていますが、暮れに公園で見かけた柳の木のブツ切りや、景観や樹木の成長の妨げとなる、不要となった街路樹の支柱、数年前から民家に障っている街路樹の枝などについてお知らせしていたところ、この度、担当課か...

  •  0
  •  closed

記録的

天気予報に踊る、「記録的な大雪」の文字。この、『記録的』というフレーズ、何か、一年中使われている気がしますね。記録の更新はオリンピックぐらいにしてほしいと思いつつ、30~50㎝のドカ雪でしかも湿雪だと聞くと、何もしないわけにはいきません。  ということで、気になっていた、畑の孟宗竹を芯止め。 若竹は軟らかいので、濡雪が枝葉に載ると、重みで道路に倒れるのです。でも、元から伐ると、今度は奥の方の若竹が...

  •  0
  •  closed

冬の朝

落雪の音で目覚めて、外を見る。 そこには、冬の朝の、凛とした白。寒いけれど、窓を開けて見たくなる。 夏は赤い家の屋根と、真下に広がる青い田んぼ。 冬は赤と青が繋がって、一面の白になる。 田舎の風景は、美しいな。...

  •  0
  •  closed

杜守Clubが、市のHPに掲載されました

No image

この度、昨年にボランティア登録をさせていただいた「のしろクリーンパートナー」の団体一覧ページに、『杜守Club』の活動内容が掲載されました。能代市内では28番目、二ツ井地区では2番目の登録となります。掲載を期に、さらに、もりもりと頑張る所存です^^。...

  •  0
  •  closed