FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

春の配達

毎春恒例、剪定枝の花束づくり。ということで、一足早い春を届けに出かけましょう。...

メルヘンチック

いただきもののお菓子。 箱がメルヘンチックでかわいい。箱の中には、もちもちロールというお菓子が9種類。 ということで、皿に乗せてみました。でもどちらかというとこの皿は、メルヘンチックとは言いがたい。同じロールでも、麦巻の方が似合うかもしれません(麦巻も大好き)。箱はイチゴで皿はブドウ。フルーツつながりということにしておきますか^^。 お味の方は、名前が名前だけに、もちろん美味かったです。...

足踏み

現場は今、冬季剪定の追い込み。雪融けが進み、仕事もはかどってきた中での春の雪に、しばし足踏み状態です。ということで、今朝の我が家の庭。まだまだこんなに雪があります。花壇の雪化粧。一度融けたところに、フワッと雪が乗りました。雪面に降りる枝影が心地いいのも、春の日差しだからでしょう。雪景色を見られるのもあとわずか。しばし、この風情を楽しみましょう。...

雪囲い解体

暑さ寒さも彼岸まで。雪解けも進み、卒業式が終わった校庭の雪囲い を解いてきました。ここにあるのは5本のコブシの木。成長すれば下枝も上がり、やがて雪養生も要らなくなるでしょう。わが子はこの学び舎を巣立ちましたが、木々の一人立ちはその時。それまでは、この子たちを見守っていきましょう。...

ブルーローズ

霜化粧の並木の中を、いつものように送る朝。いつもと違うのは、助手席の次女は今日、中学校の制服を着ていること。この晴れの日に、学び舎を巣立てたことに感謝。お祝いは、ベル型ガラスに入ったブルーローズ。偶然にも、新しい制服のリボンと同じ色だった。ブルーローズの花言葉は、「夢は叶う」。夢が叶ったら、このハッピーベルを鳴らしてみよう♪...

ふきのとう

雪が融けたら幸になる。 仕事先の庭に春の幸せを見つけた昨日。 我が家にも、一足早い桜が咲きました。フキノトウの花言葉は「待望」、そして「仲間」。 仲間と迎えた、待望の春になったようです。おめでとう。...

宝箱

先日、何気に立ち寄ったアンティークショップで見つけた小物入れ二つ。 宝箱みたいで気に入りました。とりあえず、こんなものを入れて家族にお披露目してみたところ、二つとも完売。自分で使うつもりだったのが、手元に残ったのは中身だけでした。ということは、自分で自分に、ホワイトデーのプレゼントをしたことになりますね(笑)。空の宝箱には夢がたくさん詰まっている。 持ち主の夢が、素晴らしい宝に変わることを祈りましょ...

卒業式

長女の卒業式。級友と笑い合う姿に、3年間の充実を見る思い。思い出と感謝を胸に、次のステージに船出。がらにもなく、はなむけに花を送りました。...

柳町の柳 ~CODIT論の再提案

市内を移動中に柳町を通りかかると、公園の柳がこんな姿に。街なかの木が、ここまでバッサリ切られたのは久しぶりに見ました。昨年暮れ、富町児童公園の柳もブツ切りとなりましたが、これについては担当課に事情を訊き、「柳の剪定はあまり良い状態ではなく、今後、同様の事が起こらないよう、作業者に剪定方法の研修の場を持ちたい。」との回答を得いただけに、本当に残念に思います。柳の木は、街の名が示すように、この街のシン...

今日のこの日に

防災無線のお知らせと共に、仕事の手を休めて黙祷。帰り際、湖面に伸びる山影に見惚れて車を止める。 心穏やかになれる風景があることと、穏やかになれる心があること。そんなことに感謝しつつて、祈りを捧げます。...

柿の木の越境剪定

現場では今、落葉樹の冬季剪定が続いています。...

雪解け間近

作庭3年目を迎える庭へ。まだまだ雪深いけれど、春はもうすぐです。足跡を付けるのがもったいなくて、仕事の前に撮りました。...

柿の木の透かし

雪も落ち着いてきたこの頃、現場では今、落葉高木の冬季剪定を行っています。大きな柿の木の透かし。隣地越境や建物に障る枝を切り詰め、樹冠を縮小しました。こちらが剪定前の様子。剪定前と剪定後をUPで見てみます。枝が3、4本あれば1本間引くぐらいの割合。小透かしはせず、3m程度の枝を幹元や枝元から抜き、内部に風が通るようにします。すると必然、3/4~2/3程度の枝が残り、樹木も今ある枝量で養分生成を行うこと...