Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

初灯り

とうとう、待ちに待ったこの日がやってきました。5月24日のブログで紹介しましたが、我が家の庭には、夜になるとソーラーライトが点灯します。冒頭の写真を再掲。暗がりに浮かぶ灯りはソーラーライトですが、右上に、黄緑色の点が見えます(赤丸の中)。今年初めての蛍。それが、我が家の庭にやってきてくれました。嬉しいのなんの、子どもたちを呼び寄せて、みんなで初蛍を楽しみました。飛んでいるところ。カエデの葉っぱの上に...

幻の原稿~「大灯籠と大木の共演 ~祭りに加えたい緑の視点~] 

今回ご紹介する拙文は、昨年9月に、地元紙に寄稿予定だった原稿です。送稿直前にPCが不調を起こし、寄稿を断念していたものですが、今回、データ整理の最中に偶然出てきました。この新聞記事は、2013年の6月30日付の地元紙に掲載された、私の質問に対する能代市の返答。質問は天空の不夜城の運行についてのものでしたが、今回出てきた原稿もまた、それに関する提案です。なにか、今日のこの日に出てきたということに縁を感じます...

暑さ対策

いよいよ、夏の手入れシーズンに突入。外仕事なので、暑さ対策は必須です。ということで、今年はこんな帽子を。庭づくりの時は麦わら帽子でもいいんですが、透かしは木の中に潜る。つばが広いと、枝に当たって登れなくなったり、降りる時に引っかかったりするのです。そんな時は手ぬぐいを巻いていますが、木の外に出ると暑い。両方に使えるものは無いかと探していたら、こんな帽子を見つけました。つばの素材がやわらかいので、耳...

ブツ切り

移動中、里親となっている並木を通ると、一部がブツ切りとなっていて驚きました。その場で担当部署に連絡、係の方に見てもらいましたが、原因はわからず。 切り口を直してくれるとのことで安心しましたが、なんともやりきれなく、残念な思いです。 でもこれも、里親となった宿命であり使命。周辺に散乱した木くずや枯枝を掃除して帰ってきました。...

木製コースター

今月初め、秋田市まで出かけた際に、「五城目職人物産展」という催しを見てきました。そこで購入したのが、この木製コースター二つ。市松模様がなかなかお洒落です。係の人の話では、黒い方は埋もれ木のタモで作られているとか。「ではそれをひとつ」と言うと、「杉のコースターとのセットがお勧めです。」たしかに、二枚あると、コントラストが出てなかなか。デスクが黒っぽいので、ここで使うのはもっぱら杉のほう。ということで...

おおらか

下見で訪れた時に見つけた清水。水音に誘われて行ってみると、こんな素敵な所があった。清水は、集落の中を、右に左に蛇行する。家々の裏庭に面したこの流れは、昔から、この水をくんだり野菜を洗ったりと、生活の中で使われてきたのだろう。あちらへこちらへと曲がりながら、山の恩恵をみんなにおすそ分けしている。清水だから冷たいけど、そんな温かみを感じる流れだった。この清水は家々の境界になっているようだが、こんな、ゆ...

いちご

なにかと慌ただしくて、しばらくここに座ることもなかった。深々と腰掛けて、思い切り深呼吸。目を閉じると、鳥のさえずりが聴こえてくる。こんな、日曜の朝の静けさは、本当に久しぶりだ。目を開けて庭に目をやると、はて、寄り添う石が見えない。明るいうちは家に居ないから、ぜんぜん気付かなかった。ということで、おもむろに草引きしていると、お隣さんが回覧板を持ってきた。その足で次のお宅まで回しに行くと、畑にイチゴが...

草取り

雨降って緑深まる。気が付いたら、あっという間に我が家の庭も草の海。忙しすぎたこともあるけれど、草の成長もまた、負けじと慌ただしい。今日は、子供たちの送迎も6時半には終了。まだ少し元気があるから、暗くなるまでの間、少しだけ頑張ることにした。猫の額だから、ばばばっとやって、10分で終わり。「草取りは『苦悟り』」と言ったお坊さんがいたが、このわずかな時間でも無心になれるから、そんな時間はありがたい。でも、...

緑の日傘

大学病院まで。この間、雨傘だった緑道のモミジは、今日は日傘。ゆっくり味わいたかったけど、時間が無かったので走り撮り。空を埋め尽くすほどの葉っぱがあるから、木蔭ができる。雨漏りは困るけれど、日漏りはここちよい.。それを「木漏れ日」と名付けた人は、なんと風情のある人だろう。日本人の情緒と感性は素晴らしい。、...

ふるさとがマイリゾート ~身近にある素敵な光景を探そう~(地元紙寄稿)

昨日の今日ですが、本日付の北羽新報に拙文が掲載されました。原文を下記にご紹介いたします。ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー『ふるさとがマイリゾート ~身近にある素敵な光景を探そう~』   福岡 徹 昨秋に発刊された『庭暮らしのススメ』(豊藏均氏編著 建築資料研究社刊)という本に、『庭でマイリゾート』というコラムが掲載されていた。「リゾート」を辞書引きすると、「避暑地...

大群落に逢いに行く

庭の片隅で見つけた黄色い花。茂みの中にいたから、花が咲かなければ気付けなかった。花期といい姿といい、あの花に似ているな。草花に詳しいお施主さんに訊いてみたら、かなりの確率で、あの花のようだ。一日花なので、「日々新たに」という花言葉もあるとのこと。いい言葉を教えてもらった。名前の如く、日当たりを好む花。となれば、この花の居場所はこちらのほうがいい。花が終わるのを待ち、我が家の「行合崎」に来てもらった...

柿の木の浸透改善

昨日紹介した「木漏れ日ベンチ」の庭、修景改善や庭を楽しく使うということの他に、もう一つ、大切な目的がありました。こちらは改修前の状態ですが、柿の木の根回りはアスファルトで舗装されています。赤丸は、そのアスファルトを柿の木の根が持ち上げている部分、街路樹等によく見られる「根上がり」という状態です。根の周りが舗装されているということは、地中に、根が必要とする水や空気が浸透していかないということで、根は...

木洩れ日ベンチ

この間、柿の木の下のアスファルトを、猫型に型抜きしました。猫の額、ではなく、猫の額もある庭のその後です。石のベンチから階段に向かう道ができ、お施主さんが草花を植えられ、縁石が花で彩られたところに、木漏れ日が舞い降りて完成です。「木蔭」は、「樹木の枝葉が日光をさえぎっている所」で、「木漏れ日」は、「木の葉の間からもれてさす日の光」という意味。暗すぎず明るすぎずの程よいバランスが、その下で過ごす人や植...

陽だまり

ブナの根元に降りる,やさしい光。木漏れ日というよりは、陽だまりか。そんな、暖かさに癒される午後の庭。...

朝仕事に行こうとしたら、土砂崩れで通行止め。しかたなく迂回すると、造成中の田んぼに仮盛土がたくさんあった。雨なのに、崩れずにいる。土には安定したい角度、落ち着ける角度があって、それを「安息角」と言う。安息角は、土や砂、石の山など、その傾斜を形作る個体で違う。個体の質が細かでやわらかい山は崩れやすく、硬くて不整形な個体の重なりは、互いが組み合うので強い。個体同士のつながりが強ければ、全体も強いという...

緑の道

雨休みと学校休みが重なって、子どもたちと家人のお見舞いに。治療の都合で、面会時間は30分。一週間ぶりだと、子どもたちなりに積もる話もあるようです。話を譲って外を見ると、ここから、お気に入りの緑道が見えることに気付きました。緑道の起点は並木の始まりでもあり、そこから緑の道が山へと続き、その向こうには空がある。こんな景色を見ていると、心も晴れ晴れとしてきます。晴れた空は快気の印。緑の道が快晴へと向かう...

成長 

雨続きで仕事がはかどらないこの頃。それでも植物にとっては恵みの雨で、我が家の草花たちもずいぶん成長してきた。自力で伸びていく植物の成長は、見ている側も元気にする。彼らから、生きる力をもらえていることに感謝。家と庭で「家庭」と言うが、家の中にも成長が見られるのは嬉しい。我が家には今、「自分ができることをやる宣言」が発令中。子どもたちはそれぞれに、自分のことは自分でやり、みんなのことも分担して行う。「...

水鳥のいる景

秋田市内の水辺で見かけた鳥景ふたつ。大学病院前の流れで佇むカモ。県立美術館の水庭に浮かぶカモメたち。...

型抜き

現場は今、柿の木の通気改善中。樹木の根に必要な酸素は、雨水に付着して土中に入っていきます。その浸透範囲を広げるために、バールで、根回りのアスファルトを剝いでいるところです。三段積みの大谷石はベンチですが、そこに向かう部分は道として残します。でも、硬いアスファルトにラインを描き、細かく突いて曲線をつくるのはかなり大変。昔、夜店でやった、「型抜き」のような作業です。ここまでできたところで、「猫みたい!...

緑の雨傘

家人の見舞いで大学病院へ。病院に来るのが楽しみというのもヘンですが、合間を見て、いつもの緑道を散策してきました。あいにくの雨ですが、こんな日の樹木は雨傘。交差点の街路樹などは見通し確保のために邪魔にされがちですが、歩行者にとっては、信号待ちで雨宿りできるという利点もあります。暑い日には日傘になり、雨の日には雨傘になる。街なかの樹々は、市民を見守る「おふくろさん♪」のような、ありがたい存在です。新緑...

『木漏れ日』写真展

ブログリニューアルの記念に、『杜(森)の木漏れ日』を集めてみました。街路樹、公園、庭、自然等、これまで撮りためたものをランダムに紹介していきます。さまざまな木漏れ日をお楽しみください。以上、ご観覧ありがとうございました。...

木「蔭」雑考

     (東京国際フォーラムの木蔭)いまさらながら、「木蔭」という言葉を辞書引きしてみると、たいがいの辞書には「木のかげ。樹木やその枝葉が日光をさえぎっ ている所。」などと出てくる。そして、「木蔭」の「蔭」の字は、「蔭」ではなく『陰』になっている。拙ブログはこの間まで、「紅の葉の木蔭」というタイトルだったけれど、「陰」ではなく『蔭』を使っていた。これは、植物が作る「かげ」にはやはり、「草冠」が付く...

青い時間

目覚めれば蛙の声。おもむろに外に出ると、向こうの山で鳥がさえずりだす。時計を見れば、3時23分。明るくなれば蛙は演奏をやめ、鳥たちにバトンを渡す。蛙と鳥のコラボは、この10分間しか聴けない。夜から朝に変わる狭間は青い色をしている。この静かな青に、癒される。...