FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

初霜のアート2017

毎年楽しみにしている初霜のアート。なにげない道端の落ち葉や野草が光り輝いて見える日です。今年の登場は11月28日。関係ありませんが、「いいにわ(1128)」の日に現れてくれましたね。ということで今年は、我が家のイチゴやサザンカも撮ってみました。イチゴだけに、朝だけの一期一会。霜は木草を輝かせる魔法ですね。...

雪養生

今年も雪養生の季節になりました。それにしても、モミジの紅葉と雪吊りが並んでいるのは珍しい光景。それだけ今年は雪が早いということです。冬が早い分、春も早まればいいのですが。...

名残り葉

夜半からの雨。外に出れば、昨日までの雪が解け、落ち葉が顔を出している。もう鳥も来ないけれど、改まった水が心地いい。今年はいつになく雪が早い。もう少し、名残り葉の風情を楽しみたい。...

イチョウの根の柵

晴れ間を見て、イチョウの水道の点検に。地中にしみ込んだ雪解け水が、石ころの間をチョロチョロと流れていました。降雪前にと泥だらけの中で行った仕事ですが、ちゃんと機能してくれているようです。取り急ぎの作業でしたが、一つ気になっていたのがモルタルぎめの石垣。上から地中を流れてくる水がこの石垣にブロックされて、ここで止まっているのではないかと思います。ということで、試し掘り。石垣の高さが25㎝、側溝の深さ...

紅葉できない木たち(県立美術館のケヤキ)

大学病院前のアメリカフウの街路樹。積雪のあったこの日に、名残の紅葉を見ることができました。同じ場所に植えられた同じ樹種でも、紅葉には個体差があります。みんな違ってみんないい。ですね。その足で県立美術館前を通ると、ここのケヤキは一律に青々としています。これは個体差ではなく、人為によるもの。光合成が活発化する夏場に枝葉を少なくされているので、来季の芽吹きに必要な養分を作り終えていないのです。美術館前の...

街路樹の恩恵に感謝して(地元紙記事から)

官庁街落ち葉掃除のことを伝える地元紙記事。『街路樹の恩恵に感謝して』行う掃除に参加した中学生が、『木に恩恵を受けている市民として一生懸命活動した』と答えていることをとても素晴らしいと感じます。掃除に『木々の恩恵に感謝して』の言葉が添えられるようになったのは2011年。以来、こうした新聞記事を注目して見ていますが、木々への感謝を述べる参加者の声が紹介されたのは今回が初めてです。 子どもたちにも思いが...

能代駅前のイチョウ

所用で能代駅まで。駐車場から構内に向かう途中、2本のイチョウの木が目に入りました。イチョウという樹種には特段の思いを持っていますが、どういうわけか、これまでこの木たちの存在に目を留めたことがありません。なぜここにイチョウの木が植えられているのだろう?駅とイチョウにはどんな関連性があるのか?などと、通りすがりに見たこの木たちの由来がとても気になり始めました。よくよく見ると、2本のイチョウとも、もとは...

モクレンの樹高下げ

庭の木々もすっかり葉を落とし、今年も冬季剪定の時期を迎えています。毎年、黄葉の頃に剪定しているお宅のモクレン。今年は少し樹高を下げることになりましたが、芯梢部にまだ青葉が見られます。葉が青いということは、まだ養分を作るために活動しているということ。今回は太めの枝を剪定することになるため、葉が落ち切ってから行うことにしました。ちなみに例年は、電線に触る徒長枝を抜き、越境や住宅に触る枝を多少切り詰める...

ボジョレー・ヌーヴォー

今日は、ボジョレー・ヌーヴォーの解禁日なのだそうです。ワインの知識が無く、それがどんなことなのかもわかりませんが、なんだかおめでたい気分になりますね。その解禁日であることを夕方に知り、ハッと思いだしたのが家人の誕生日。危なかった。今の今まで忘れていました。そんなわけで、長女を迎えに行った足で、ケーキとワインを購入。もちろん、ワインの味はわからないから、選ぶ基準はインスピレーション。瓶やラベルのデザ...

イチョウの水道(みずみち)

イチョウの木に元気が無いとのご相談を受け,下見に出かけてきました。敷地内には2本のイチョウがあり、どちらも数年前に強く剪定されたようです。イチョウは丈夫な木。街路樹などはもっと極度な切り方をされても大量の芽を吹かせて再生しますが、小さい方の木は枝数も少なく、剪定以外の原因がイチョウを弱らせているように感じました。植栽環境を見てみると、小さな木の前には池があり、木は築山の下に位置している。後ろには倉...

ケヤキの土中改善2

2年前の秋に行った、施設内のケヤキの土中改善、その後の様子を見守っていたところ、今年も少し枝枯れが見られ、紅葉も他の木より早いなど、目に見えた回復を感じさせるほどには至っていないようです。根詰まり対策として行った前回の処置は根回りの1/4程度、もう少し広げてみる必要があるのではないかと、今回は反対側に施してみることになりました。その前に、2年前に行った処置がどのような効果をもたらしているかの調査。...

なだらか

なだらかな林冠。なだらかな丘。なだらかな道。こんな光景を見ていると心が落ち着きます。立体も平面も、なだらかなものは、土地も風景も心も落ち着く。違和感が無く、無理のない景色。もともとそこにあったかのような、必然の形。斬新も鋭さも無く、ただただなだらか。そんな風景をつくっていきたいなあと思わせてくれた庭。(京都御所にて)...

光景を継ぐ

庭から里山へ。線引きも無く、自然に移り変わる様が素敵。誘うのは落ち葉と、午後のやさしい光。そして、光景を継ぐ人の思い。...

貴婦人

黄金のドレスを纏う、秋田(杉)美人。今年も現れてきてくれました。貴婦人のような佇まい。...

落ち葉in落ち葉

現場にて。落ち葉の中の落ち葉たち。...

街に木蔭をつくろう(全県紙寄稿文)

今日付の全県紙(秋田魁新報8面「対話会話」)に、『秋田市中心街に木陰をつくろう』のタイトルで拙文が掲載されました。同紙は今年7月に「ケヤキ 不自然な姿」という見出しで秋田県立美術館のケヤキについての問題提起をしていますが、今回の寄稿はその補足として書いたものです。  文には県に提案させていただいた改善策も付していますが、下記は、県のコンセプトを私が図化したもの。続けて、そのコンセプトを進化させた改...

素敵な竹林

京都最終日の朝、宿から京都駅への道すがら。高層ビルの竹林がとても心地いい。横断歩道を渡ると、そこにもミニ竹林。歩道と自転車置き場の境に植えられたトクサが心地いい。曲がりのある雑木も好きですが、まっすぐな竹もいい。それが林立しているとなお素敵。その大小が向かい合っているからさらにいい。見上げたり足元を見たり、首が疲れた京都駅。...

京都ねこ歩き

京都と言えば、日本庭園のメッカ。通りすがりの神社を覗くと、そこにも庭がありました。枯れ流れのある、落ち着いた雰囲気の庭。苔むした石組みが、とてもいい雰囲気です。視線を落とすと、石畳の起点に桜模様の石が。もしかしたら、神社に由来したものかもしれませんね。なんだか視線を感じて庭の先に目をやると、子猫が一匹、こちらの方を見つめていました。警戒心が強いのか、呼びかけると逃げていきます。逃げた先を見ると、そ...

御所の朝

出張の宿泊先は、京都御所のすぐそば。せっかくなので、朝の散歩に出かけてみました。とにかく広い。広すぎて、どこをどう歩いていいのかわかりません。どっちに行こうかと思案していると、道の真ん中に道標を見つけました。作り物かと思ったら、本物のサギ。とりあえず、サギが向いている方向に行ってみることに。橋を渡ると、銀閣寺のような旧宅。どんぐりの道を歩き、なだらかな丘を抜けると、イチョウ並木。けっこう歩きました...

美味しい物返し

出張から戻ると、家のケヤキの葉が落ちていました。私は鬼ではありませんが、いない間に台風がいたずらをしていったようです。紅葉を楽しみにしていただけに、なんとも残念なことでした。というわけで、今年初めての落ち葉掃除。ひらひら落ちる葉っぱは庭に落ち、びゅうびゅう飛ぶ葉はあちこちに遊びに行く。そんなわけで、ご近所さんからケヤキの葉のお守りをしてもらったお礼に、柿の葉を送りました。すると、そのまたお返しに、...