FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

心機一転

3週間の入院を経て、ようやくPCが帰還しました。やはり、あるべきものがそこにあると落ち着きますね。早速使ってみると、起動も反応も驚くほど速くなっています。生まれ変わったようですが、それもそのはず。かなりの難手術だったようで、システムが初期化となりました。機械も人間も、長く生きていると不要なものがたまる。無くなったデータもありますが、こんなことが無いと断捨離もできません。いい整理の機会をいただいたと思...

きみまち阪フォトコンテスト2017入賞作品

(クリックで拡大できます)今朝の地元紙に、きみまち阪フォトコンテスト2017の入賞作品が掲載されました。(入賞作は能代市のHPでも紹介されています)。きみまち阪には素敵な場所がたくさんあります。写真の場所をその季節に訪ねて回るのも楽しいかもしれません。風光明媚なきみまち阪に、ぜひお越しください。...

まで

昨夜のTVで、オリジナルの薪ストーブを製作する地元の鍛冶屋さんが紹介されていた。1年に30個しかできないという手作りストーブ、製作に時間が掛かるのは『までな仕事』をしているからだと言う。までにつくるからこそ、丈夫で長持ちのする良品ができるのだろう。『まで』とは秋田弁で『丁寧』という意味だが、職人の仕事はやはりこれに尽きる。注文いただいた方のために、丹念に、丁寧に、精魂込めてつくること。この当たり前の...

しばれるねえ

  今朝の気温計はー8℃。どおりで、布団から出たくないわけです。 こんな日は、猫 になりたいですね。...

ふるさとがマイリゾート

きみまち阪フォトコンテストに応募した写真は、林立する楓の幹間から朝もやの『夫婦岩』を撮ったものでした。夫婦岩はきみ恋カフェなどがある第一広場の上、山頂に向かう途中にあるので、徒歩で行くのはけっこう大変。二ツ井町内で暮らす私自身も、夫婦岩まで行くことはあまりなく、ここまで来たのは小学校の遠足以来かもしれません。昨年、地元紙に『ふるさとがマイリゾート ~身近にある素敵な光景を探そう~』という記事を書き...

大吉さん

正月は、太平山麓にある三吉神社に初詣。でもどうやら、うちの神棚におわす大平山の神様は大平山三吉神社のほうらしく、昨日はそちらにご挨拶してきました。今回は夫婦でお参りしましたが、おみくじを引くと、なんと、二人とも大吉!!。こんなことってあるんですね。この間は小吉と末吉だったので、よけいに嬉しい。一年の始めに気を引き締めれば運が上がる。。そんな思し召しなのかもしれません。昨日はちょうど、フォトコンテス...

「きみまち阪フォトコンテスト」

今朝の地元紙。アザラシで沸く二ツ井町ですが、今年で3回目となる「きみまち阪フォトコンテスト」の結果が発表されていました。まさかまさかの受賞に、ただただ驚いています。このコンテストは、きみまち阪のPRが目的。拙い写真ですが、お役に立てれば幸せです。 ※コンテストの入選作品は、こちらでご覧いただけます。 ...

老梅の若返り剪定

大きな老梅の剪定をお願いされました。久々に、二連梯子を掛けて登ります。剪定前。通常は、大きな木などは徒長を抜いて全体を縮小していきますが、この木は中間に衰弱枝が多いため、今回は上部の勢いある若枝を残していくことにしました。剪定後。衰弱枝が外れた分、内部の風通りが良くなりました。老梅は所々に空洞化が見られるため、あまり背を高くしていると、強風の影響を受けることも考えられます。今回の剪定では通風や日照...

シュークリーム

所用で大館まで。せっかくだからお土産に酒饅頭でも、と駅まで行くと、置いてあるのは中華まんだった。鶏飯弁当に練屋バナナ、あけがらす等、大館名物はたくさんあるけれど、お腹は酒饅頭を食べたかったんだよね、残念。そんな時、はた!と思い出したのがシュークリーム。いつぞや、お土産でいただいたのがとても美味しかった。でも、店の名前までは覚えてなくて、助手席のよめさんに「シュークリーム」で検索を頼む。ということで...

パソコン入院 

先月から不調だった事務所のパソコン、とうとう起動できなくなって、先週から入院中。 ブログは家人のPCを借りて投稿、業務のメールもこれまで通りにはできますが、やはり勝手が違うと不便。道具と同じで、手になじむまでは時間が掛かりますね。そんなわけで、一件の投稿や返信にかなりの時間を要しています。でも機械も人と同じで、いつもそこにあるものが無いとさみしいもの。ということで、ぽっかり空いたデスクトップのスペ...

二年目のヤエザクラ

昨年剪定させていただいたヤエザクラに、今年も手を入れることができました。剪定前。剪定後。門脇にあるこの桜は、後が隣地、上に電線、右は車の通行と、三面に支障があります。方針としては、あまり高さを出さないようにしながら、前面上空と左側に枝を伸ばさせていく予定です。側面の剪定前。剪定後。まだ隣地に越境していたわけではありませんが、いづれそうなることが予想される枝は、余裕を持って剪定しておきます。昨年剪定...

冬の藤駒

雪原の向こうに現れた藤駒。冬の晴れ間がくれた、雄大なプレゼント。...

イチョウの交代

9月に書いた、『庭の更新と樹木の更新』という記事で紹介したイチョウ。今年は4年ぶりに、この木の剪定を行いました。剪定前。剪定後。枝のアタリを少し外しただけなので、ほとんど姿は変わりません。切る量が少なければ徒長も起こらず、この木はこれからも自然な姿でいられます。このイチョウに萌芽更新を行ったのが7年前。1年後には10本程度の芽が吹き、それが枝となり幹となるにつれて、徐々に間引いていきました。現在は...

山形ラーメン

無性にラーメンが食べたくなる時ってありますね。というよりも、週に2,3度は食べていますが、時々、店に入るのが大儀だったり、かといって、家で即席麺を食べるのも味気なかったり、今日はなんだか生ラーメンをつくって食べたい、などという時が年に1度ぐらいあります。今年はそれが正月明けにやってきて、いざスーパーへ。そこで見つけたのがこのラーメン。なんと、『かぐら』の「鶏ごぼうラーメン」ではないか!かぐらは、山...

梅の木の基本縮小

梅の記事が続きますが、今週も梅の木の剪定を行いました。周りに障害物が無いので、四方に枝を張らせたきれいな樹形をしています。しばらく手が入っていないようですが、枝ぶりを見ると、横に伸びた枝が途中から上方に向きを変えています。ちょうど、木の脇にある脚立ぐらいの高さになるでしょうか。おそらく以前は、そのぐらいの高さが樹冠となっていたようです。枝が分岐する位置を元に5段階に分けた、樹冠拡大の予想図です。①...

4年目の梅並木

昨年末に行っていた梅並木の剪定。2年ぶりの剪定ですが、だんだん木が大きくなってきたことから、今回は実が採りやすい高さまで下げていきます。側面から見たところ。6~7mの高さ(赤○)の木を、3~4m(緑○)まで下げていきます。反対側から。緑線は前回剪定した時の位置、緑○は剪定後の樹冠です。そして赤線は、今回剪定する予定の位置、赤○は剪定後の樹冠のイメージ。前回よりもかなり剪定位置が下がりますが、位置が下が...

芋きん

雨降りの今日は晴耕雨読、ならぬ、晴耕雨書。年末年始の仕事など、4日分(1月5日~8日)の記事を一気にUPしました。写真の編集や図の作成に時間がかかるので、4つ仕上げるのにほぼ一日。まだ3件分ほど書きたいのですが、PC画面ばかり見ていると、さすがに目が疲れます。今日はこの辺で切り上げて、一服することにしました。ということで、疲れたら甘いもの。東京土産の浅草満願堂の芋きんです。練り芋を薄皮で包んだこのお菓...

イチョウの樹形再生

2010年から取り組んでいる、イチョウの樹形再生。状況を見ながら2,3年おきに手を入れてきましたが、今年で7年目を迎えました。徐々に樹高を下げていく方針ですが、その分、枝張りは残します。写真を見るとわかるように、斜め上に伸びる枝が、途中から上方に向きを変えています。一番下の枝の成長が最も早く、上部の枝を包み込むように伸びてきていますが、このまま伸長すると、上部の枝に日が当たりにくくなり、風通しも悪...

ブナの透かし

ブナの木の透かし。屋根に触る部分と道路の越境、混枝の整理など。樹高も多少下がって、大きな脚立で枝抜きできる程度にしています。剪定量は1/4程度。長さ3~4m、直径5~7㎝ほどの枝を4本程度間引いています。ほとんど剪定されていない木なので、樹形も自然で内部にも適度な空間があります。自律できている木にはあまり手を入れず、剪定は生活支障や枝擦れのある個所のみ。このブナは、白神山地と向かい合う木。のびのびとし...

柿の木の透かしその後

昨冬に透かした柿の木の今。強剪定後に伸びた木を、樹冠はそのままに、全体の3割程度の枝を間引きしていました。剪定前後と、その後の比較。1年近く経ち、懐から出た徒長枝はまだ短くて、外観は、剪定前と変わらぬ姿を保っています。この状態を想定しながら手を入れましたが、ほぼ予想通りの展開。空間支障も出ていないため、今年は剪定を行わずに見守るだけです。柿の木は、とても穏やかな姿をしていました。そんな状態を見れて...

仕事始め

2018年の仕事始めは1月6日。もしかしたら、こんなに早いスタートは初めてかもしれません。特にこの日と決めていたわけではなく、晴れたから今日が始業。植木屋は晴耕雨読。晴れれば庭に出て仕事をし、雨が降れば学ぶ。悠々自適とはいきませんが、今年もそんなスタイルで行くことでしょう。なんにしても植木屋は、庭に居られることが幸せ。土には触れられなくても、樹木と接していられることが喜びです。そんな場を与えていた...

缶詰め

正月といえば、自分の中では『街路樹サミット』。第一回目が1月9日、二回目が1月7日と、二年続けて『街路樹サミット』で年が始まるという感じだった。どんなことでも、一回目は初めてのことなので大変。しかも、いきなり東京という大舞台で講演をする。何をどう話すか、どんな構成にするか、招かれてやる以上は、より完成度の高いものを提供しなければと、無い頭で練りに練る。二回目は場所を移して大阪。東京での話を大阪でも...

陽だまり

冬の陽だまり。外は雪だからゴロゴロできない。お日さまが差してよかったね。...

初詣

今年の初詣は、太平山の神社にお参り。太平山には夫婦で登ったことがありますが、そういえば、その翌年に長女が生まれたりと、今思うと、知らずにご利益をいただいていたのかもしれません。実はうちの神棚には太平山の掛軸があり、子供の頃から手を合わせてきました。でも神社へのお参りはしたことがなく、そんな中で昨秋、大学病院からの帰りに、迷って行き着いたのがこちらの神社。そこでトイレをお借りしつつ、せっかくなので参...

新年

新年あけましておめでとうございます。振り返りも無く過ぎた年の瀬に疲れを感じつつも、一年の初めに見る青竹に清々しさをいただいています。今年もこの松飾りのごとく、質素で若々しく、一本の筋が通るような生き方をしたいものです。そんな思いを抱きつつも、元旦は寝正月。今日は雨ですが、久しぶりに、家族水入らずでゆっくりできていることを喜んでいます。皆様にとって、今年一年が穏やかな年でありますよう。本年も、どうぞ...