Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

菜の花づつみ

現場への道すがら、川沿いの菜の花に誘われて車を停めました。少し歩くと、ここからの眺めもいい。もっと歩くと、もっといい。「菜の花づつみ」とでも呼びたくなるようなこの風景。仕事の行き帰りが楽しくなりました。...

幸せの黄色いクローバー

我が家の「行合崎」に花が植わりました。こうしてみると草にしか見えませんが、あえての「草」。昨年植えた花も良かったんですが、行合崎といえば岸壁と草原。より草原みたいな雰囲気に出来ないだろうかと、今年はクローバーを植えてみました。一般的なクローバーの花は赤や白。でも、このクローバーは黄色なのです。幸せの黄色いクローバー。この行合崎花壇は道路に面しているので、道行く人への幸せのプレゼント。...

幻の流れ

水鉢の掃除をしていると、この景色。普段は水が流れない所なので、幻の流れです。水は高きから低きに向かう。それが自然の摂理ですが、なんともまた、ちょうどいい所を流れてくれるものです。土だった所に、いつのまにか苔が生え、たまたまこんな光景と巡り合えました。この一期一会に、感謝しなければなりません。...

青竹の袖垣(リニューアル)

黒穂を束ねた袖垣。柱や胴縁は二回ほど交換していますが、立子はそのままで、結びを取り換えた程度で20年持ちました。通常は、5,6年で作り替えるので、かなりの長持ち。そろそろ限界が来たので、作り替えることになりました。完成です。青竹を2本使いにした鉄砲垣に生まれ変わりました。立子を細くし、間隔も広めに取ったので、明るさと軽快感が出てきたようです。竹垣で一番先に弱るのは骨組み。より長持ちさせるために、柱...

幹影

幹影に誘われて・・・。光と影は、庭のごちそうです。...

残材排水桝

現場は今、竹垣の更新作業。傷んだ竹垣を解体して、新たに作り直します。雨が降ってきたので小休止していると、水が溜まっている所を見つけました。ここには通気改良の竹筒を差し込んでいましたが、周りから土が侵入、機能できなくなっているようです。内部の土を落とせばまた機能できますが、せっかくなので、少し改良してみることに。ということで、1mほど穴を掘り、解体した丸竹を穴周りに差し込んでいきます。細い竹なので、...

村を守るケヤキ

2016年の『街路樹サミット』でも紹介した、藤里町大沢地区にある防風林。 集落を守る木々は各家々の庭に植えられていますが、それが並木になっています。人は、木から守ってもらうために木を植える。みんなの街を守るために、みんなの家に木を植え、みんなで木を守る。街路樹の根本や木を植える精神を教えてくれる、素晴らしい景観です。...

芽吹き

石畳を登るとブナが芽吹いていました。新芽の影が、白い水面にゆらゆらと。雪国にも、芽吹きの春が訪れました。...

三本桂

子どもの送迎で二ツ井駅まで。同じ年の頃に、自分もお世話になった駅。そして多分、その頃からこの木たちはいた。大きくて、とても存在感のある木立。特に名前もないけれど、誰がいつ植えたのかもわからないけれど、心の中で『三本桂』と呼んでいる。毎朝毎夕、この木の下を子どもたちが通う。自分がそうであったように、この木の存在に気付く子どもはいないだろう。それでも三本桂は、今日も子どもたちを見守る。これまでへの感謝...

水仙

庭は今、水仙が花盛り。水仙にはネズミ除けの効果があるそうですが、私はコチラのほうを推薦します。こう見えて、実はいろんな働きをしてくれるのです。この間、風呂の湯を出しっぱなしにしていたのを忘れていたら、ニャーと呼びに来てくれました。何年か前の冬も、夜中に水道が破裂してるのを教えに来てくれたことがありましたね。まさに、ニャ耳に水の出来事でした。私は濡れネズミになりましたが、とても助かりました。どういう...

能代スタイルでいこう

所用で市役所に行くと、桜が咲いてきていました。古木の桜は、閉校となった校庭の木々。それを、建築に取り込んで残したのは素晴らしい発想です。用事を済ませて表玄関のほうに行くと、このイチョウ。何の変哲もない普通のイチョウですが、普通でいさせていることが素晴らしい。横から見ると、道路側の枝が短いことに気付きます。 通常、街路樹の下枝は、車道側は4.5mの高さで維持されますが、この通りのイチョウの枝張りは最...

植栽時の土壌改良と通気改善

社屋の植栽スペースにヤブツバキを植えました。板塀に緑の葉が映えて、とてもいい感じです。足元に多少の縁石を付けてありますが、これは深さ60~100㎝の土中から出たもの。ツバキの根は30㎝ほどなので、その3倍の土を掘り返したということです。植栽の依頼をいただいた時は、お好みの樹種を聞くとともに、土の状態も伺います。そのうえで、選ばれた木が現場の土壌条件で健全に育てるかどうかを調べます。今回は、黒土の下...