FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

懸崖のサツキ

山のような形をしたサツキ。透かしてみると、石を抱くように生えていました。別角度から見ると、枝が上から降りてきているように見えます。根は石の上ではなく地上から生えているので、盆栽で言うところの『懸崖』ではありません。でも、生えている位置がどこでも、『崖』に『懸かる』木という意味では『懸崖』です。明るくなった懸崖に、さっそくチャレンジする猛者。...

朝靄の七座2

この間見た、七座の朝靄。今日は上から見えるかもしれないと、一本松まで行ってみた。七座の峰々に掛かる雲。この層雲は、森吉山の方から降りてくるんだとか。七座山は倉(峰)が七つある連山で、手前は『松倉』。いつか、この松倉が雲海に浮かぶ姿を見たいのだ。これは、昨年の今頃、昼休みに出かけた時のもの。やっぱり七座には朝靄が似合う。...

美しい街並み

仕入れ先に向かう途中の道。昨日は県南端の羽後町でしたが、今日は北端の小坂町に行きました。それにしても美しい街並みです。広々としていて明るくてお洒落。道路の街路樹というよりは、公園の中の通路といった雰囲気があります。そして、ここもまた、樹種や樹高に多様性がある。いい街並みです。...

あきたの、んめもの(シュークリームと冷やがけ蕎麦)

雨降りの今日は現場をお休み。設計中の庭の下見と、庭の素材探しに出掛けました。秋田市まで行くと、ん、たしかこの辺に、美味しいシュークリームの店があったと、いつものことながら道を外れてしまいました。それが、コレ。いつかテレビで、いろんな味があると紹介されていたのを思い出し、探してみました。家族用に、定番のシュークリームといろんな味の詰め合わせをお土産に。そして、ドライブのお供に、定番をバラにしてもらい...

無事蛙

台風も過ぎ、お寺の手入れを再開しました。いつのまにか、モミジが色付いてきています。境内の、お気に入りの場所で一服。ここから見る空が好きなのです。日暮れが早くなってきました。今日も、無事一日過ごせたことに感謝。ありがたい気持ちで家路に付きます。...

朝靄の七座

トンネルを抜けたら、そこは絶景だった。通り過ぎたのに、引き戻された光景。...

層雲を追いかける

庭の素材を探しに鹿角まで。大舘を過ぎると、遠くの山並みに雲が見えてきた。進行方向なので、その雲を追いかけながら走る。かなり近づいてきた。こういう雲は『層雲』というそうだ。これを上から見降ろしたものが『雲海』。ここまで来たら見たいけれど、見降ろせるような所を知らなくてあきらめた。気が付けば、幹線道路を外れて山に来ていた。道に迷った私は『浮浪雲』となった(笑)。...

石畳の思い出

松の木の上から見る石畳。男鹿寒風石をランダムに畳んだ玄関前の通路は、長さが8m。幅は広い所で1.5mほどもあり、総面積では10㎡以上ある。石張りは手間が掛かるから、なかなかこれほどの面積をやらせてもらえる機会は少ない。でも、人を迎える玄関の道がコンクリートではあまりにも無粋。庭の中の道にしたいと思って提案をした。薄い鉄平石では石の質感が出ないので、大判小判とも、10cm以上の厚みのある石を使ってい...

噂のランチ

道に迷えば出会いがある。理想の街路樹と出会えた後は、やはり道に迷いながらも、噂のランチにたどり着けました。なぜ迷うのか。住宅街にある住宅風の店なのでわかりにくい。でも飲食店は、どんな所にあっても、美味ければ探してでも来る。噂のレバニラは、食べたことのない味。ニラもレバーもとても美味い。わざわざ探して来てもお釣りがくるような絶品でした。初めての味でしたが、定食に急須が付いてきたのも初めて。何かのタレ...

概念を超えた街路樹~秋田にあった街路樹の可能性~

秋田市まで出かけて、迷い込んだ住宅街。秋田にこんな街路樹があったのか!というよりも、日本で初めて見た街路樹の形態です。何がすごいのか。一般的な街路樹とどう違うのか。同種同大等間隔で植栽され、幅も高さも統一される街路樹にあって、樹種や樹高や配置の仕方に多様性があり、かつ、土地の自生種や周辺の街路樹に使われている樹種なども取リれられているのです。住宅街にはいくつかの公園が点在していますが、街路樹との調...