FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

雑木の庭 10年目の手入れ

作庭から10年目を迎える庭の手入れ。これまでは点検で寄った時などに、枯枝や越境する枝を外すぐらいですんでいました。しかし10年も経つと、木々の個性も顕著になります。こちらの庭は里山の雑木を植えた庭ですが、里山で最も大きくなるのはどんぐりの木。ここにはコナラとミズナラが1本ずつありますが、やはり他の木に先駆けて成長しています。それはそれで樹木の特徴であり、高木が林冠を形成していくのが自然の理。里山の木々...

掘りごたつ

移動の途中で寄ったきみまち阪。雪を漕ぎ、息を切らして登っていくと、この掘りごたつ。かまくらのようなあったかさ。...

山並み

秋田市までの道中で。遠くの山並みと近くの山並み。連なり重なる様が美しい。...

ブナとモミジの樹高下げ

除排雪作業も一段落、現場は落葉樹の冬季剪定に入りました。今回は、ブナの木の樹高下げ。8mほどのブナを、1.5mほど下げます。ほとんど切っていないように見えますが、直径5㎝ほどの枝を3~4mの長さで4,5本間引いています。この角度から見ると、枝が透けているのがわかるでしょうか。側面から。電線を交わしつつ、隣地側に枝が張らないように、庭側の枝は伸ばして木蔭を作れるように。こうして見ると左右対称ではありませ...

雪下ろし&雪捨て

藤里町で雪下し。2階の雪を下ろし、2階と1階の雪を下ろし、裏庭まで運びます。車が入れる所は、トラックで運搬。町の雪捨て場まで運びました。暮れにドサッと積もった雪は、暖気で少し解けました。その後は落ち着いていますが、これからまた積もるでしょう。その前に一度寄せておけば、屋根も人も楽できます。※雪下ろし作業は、勾配の緩い屋根や雪留の着いた屋根のみをお受けしています。高さのある総2階や屋根の形状が複雑な...

ケヤキのブツ切り

秋田市で遭遇したケヤキのブツ切り。街路樹ではなく県庁舎の植栽ですが、電線も無いのに、なぜこんな姿になっているのかと驚きました。隣には県議会棟がありますが、その間の緑道にも大きなケヤキが林立しています。実は昨年6月に、県立美術館のケヤキのことで担当課のあるこの施設を訪問した際、あまりに心地よいので周辺を散策していました。秋田市は市の木をケヤキとしているせいか、県立美術館をはじめ、県管理の施設や街路樹...

冬期営業案内

2019年の営業を開始しました。本年も、どうぞよろしくお願いいたします。今年の初仕事は雪寄せから。通路の雪を庭まで運びます。植木屋なので、もちろん、樹木を傷めないように気を付けます。冬期の営業は、除排雪や落葉樹の剪定がメインとなります。(除排雪の案内はコチラ)多少にかかわらず、お声がけください。...

雪下ろし

大晦日に降った雪。前日と合わせて、60㎝ぐらいは積もったでしょうか。今年のものは今年のうちに。半日かけて、2トン車20台分ほどの雪を寄せました。これだけ頑張ると、もちろん筋肉痛。実家の雪までは手が回らずに、怠けてしまいました。ということで、筋肉痛が引くのを待って、というよりも、寒さを待って雪下ろし。いい汗かきました。...

初竜

元日にお参りした集落の神明様。階段の上に、曲がりくねった木が見えます。この木はカエデですが、毎年参拝していながら、これまであまり気に留めて見たことがありませんでした。初詣の時には葉が無く、集落作業で来る夏場も、枝葉が高いので幹しか見えない。視界に入りずらいということもありますが、それ以前に、階段上りで疲れてしまい、辺りを見回す余裕がなかった。それが今回は、いつになくゆっくりと参拝したのが良かったの...

初詣

元旦は地元の神明様に初詣。65段あるこの階段、足にも来るし息も切れる。参拝自体が修行という感じですが、せめて、段数の年までは手すりにつかまらずに登りたい。今年もどうか、集落の安全をお守りください。2日は、連れの実家近くのお寺へ。おみくじを引くと、なんと、4人中3人が大吉でした。みんな大吉だと後の方に申し訳ない。一人だけ違うというのもなんですが、世の中に運のおすそわけをしたということにしておきましょ...

2019新年

...