FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

サンマ―メン

比内に行く度、気になっていたのが「魚醤ラーメン」の看板。魚醤といえば秋田名物のしょっつるですが、以前、八森でしょっつるラーメンを食べた時の強烈な匂いが思い出されて、なかなかのれんをくぐるには至りませんでした。この日は、向かいにある道の駅で比内地鶏ラーメンにしようかと思ったら、あいにくの定休日。ということで、思い切って入ってみました。でもいきなり魚醤に行くのも怖くて、頼んだのは、ノボリにあったサンマ...

石仕事

現場では石工事の真っ最中。建物と植栽土留めの間は1mほど、その中に雨落ちがあり、配管の桝があり、水栓があり、それらを避けながら伝いを作っています。石畳にした部分にも雨が落ちますが、モルタルを使用せずに底に軽石を敷いているため、雨は目地から浸透していきます。庭の中央部には半円の石積み。奥入瀬などでは渓流に浮かぶ岩の上に木が生えていますが、そんな雰囲気が出れば。こちらは、ザクッとした石積み。層状剥離し...

放射雲

先々週に見た鹿角市の風景。再訪すると、またここで足が止まりました。この雲は、天から降りてきているのか、山から放射されているのか。静かな風景に雲が出ると、写真で見ても風を感じます。景色がより雄大に見えてきますね。...

通学路

先週から大館市の現場に入っていますが、今日はいよいよ植栽という日に、あまり有り難くないプレゼントをいただいてしまいました。道の先にお巡りさんがいたので何かの検問かと思ったら、ここは時間指定(7時~9時)のある道だとのこと。戻って標識を確認させてもらうとたしかにその通りで、これは明らかに私のミスですが、隠れて見張って捕まえるという行為がどうにも姑息に思えてならず、「道の入り口に立って進入禁止であるこ...

雨仕舞と風養生

台風の襲来を前に、雨落の浸透改善。所々に深い穴を掘って軽石を詰め、雨水が地表にたまることなく地下に浸透するようにしていきます。敷地に降った雨が外に排出されると、家々から集まった大量の水が道路に吹き出したりしますが、雨がそれぞれの庭の中に吸収されれば、こうしたことも少なくなる。自分の家に降る雨を自分の庭で始末することを「雨仕舞」といいますが、そのための仕掛けをしています。雨仕舞が完了した後は、石の土...

蕎麦屋のラーメンとカレーライス

お天気なので、少しでも仕事を進めたいところですが、重労働が続いたせいか、身体に疲れがたまってきたようです。仕事では、硬化した土のマッサージをしていますが、時々は自分の身体もほぐさないと仕事に支障が出ます。ということで、今日は完全休養日にして、体のケアをしてもらいました。身体がほぐれた後はこれ。以前、秋田駅の蕎麦屋のラーメンのことを書きましたが、今日はミニカレーを付けてみました。蕎麦屋のラーメンも好...

着工

現場では今、庭づくりが始まっています。まずは地割から。植栽の配置や園路、土盛りのラインなどを確認しています。重機や土壌改良材を搬入して、作業開始。植栽地盤の造成。設計時の土壌調査では(雨後)地下70㎝ほどで水が湧いてきましたが、天気が続くと、1mほどの所に落ち着いているようです。このあたりがこの庭の地下水位ということで、雨が降ると30cmほど水位が上昇するということでしょう。現状でこの水位を低くするの...

海苔巻きづくり

3連休は好天に恵まれたため、ありがたいことに3連勤。最終日は、天気なのに作業場にこもり、炭埃にまみれました。 砕いた炭はこんなふうに使って、こんなものをつくります。寝かせてつくったものを立てれば中身が落ちる。この自然の道理は炭も同じで、やはり落ちます。巻くという点では麦巻きと同じですが、そのやり方で昨年つくったのがこれでした。このやり方だと、管の周りにまんべんなく炭が巻くという利点があるものの、何度...

初めての竿灯

久々のおなごりフェスティバル。実は、秋田県人でありながら、秋田の竿灯は初めて見ました。案外小さいんだなと思いきや、短い竿がどんどん足されて高くなり、足されるたびに反って行くという。これはみごと!今度は本場で見てみたいものです。...

秋空

仕入れで鹿角まで。帰り道、美しい景色に見惚れて車を停めました。もうすぐ、稲刈りが始まりますね。昨秋、層雲を追い掛けて行ったのが、左側の山のふもと。来月また来ますが、また見てみたいものです。...

しばらく手入れの受付をお休みします

残暑の長引きに合わせて、現場もまだ夏の手入れを継続中。そんな中でも、一雨来たら涼しくなって、今日から仕事着を秋用に替えました。涼しければ仕事もはかどります。こちらの事情で盆前から飛び飛びで行わせていただいていた手入れも、冬期に行う落葉高木を残して無事終了。昨日今日と伺った2件の手入れ下見も落葉高木が多く、こちらも冬季剪定で対応させていただく見込みです。これでようやく盆前予定だった夏の手入れが終了し...

材料準備

雨降りの今日は手入れをお休みして、作庭現場へ材料運び。探しに行ってはコツコツと運んできましたが、このぐらいで何とかなるでしょうか。続いて軽石の運搬。ここからさらに庭まで運ばなければならないので、移動しやすいようにコンテナに詰めています。ただ、そんなにコンテナがたくさんあるわけではなく、不足の分はメッシュ袋に。軽石は土の浸透改善に使いますが、作業効率を考えると、そのまま土に埋められるものがいいなと、...

あさがお

今年も、わが家の朝顔が咲いてくれています。子猫も、居心地がよさそうでなにより。...

視線

朝のひと時。無心で石を磨いていると、何やら視線を感じます。見られていると思うと、張り切ってしまうものですね。...

手作りストーンプレ―ト展示中

今日から、私が制作したストーンプレートを展示中です。庭素材を趣味で加工していたところ、プレゼントした施主様からご好評をいただいたことを機に、作りためていたものを公開することになりました。大きさや形がみな違い、一つとして同じものがありません。  コースターとして、 花入れの台として、ミニ盆栽の台として、お好みで、いろんな使い方ができるかと思います。作り手としては、石に霧吹きで水を掛け、乾くまでの風合...

2019年の剪定受付が終了しました

早いものでもう9月。まだまだ暑いですが、秋のスケジュール調整をしていると、冬の足音を感じるこの頃です。そんな中でも、まだお盆前に行けなかった手入れ仕事に回っている状況。お待ちいただいている皆さまには、何とも申し訳の無い限りです。一人でできる量の仕事を丁寧にやっていきたいという思いですが、ここにきて、その限度を超えたようです。ということで、暮れまでの手入れの予定がいっぱいとなりましたので、大変申し訳...

駐車場に植栽

砕石敷きの駐車場にアジサイを植えていきます。砕石下の玉石層を切り崩しながら、植穴を掘り下げています。土は硬いですが浸透力はあり、グライ化などもしていません。でも時々こういうのが出てくると泣きたくなります。玉石はつかむ所がなく、おまけに泥で滑る。滑らなくても持てる重さではないので、何とか転がして寄せました。植穴を掘ったら、炭とバークを既存土に混ぜ、床を作っていきます。土中の石は根の生育には支障が無い...

休日

階段を登ると、ケヤキのそよ風。登り切れば、コオロギの声が聴こえる。見渡せば空と山が広がり、見降ろせば猫がくつろぐ。久々に、静かな日曜の午後を満喫。...