FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

段違いのベンチ

大きさ、厚みが様々な十和田石を集めてきました。できたのは、段違いのベンチ。低い方には小さなお子さんが座ったり、お茶道具や小物を置いてもいいでしょう。いろんな使い方をしていただければと思います。...

作庭スタート

今週から秋の作庭がスタートしました。まずは植栽土壌の改善から。砂地の平庭に改良資材を投入し、余剰する既存土を盛って起伏をつくっていきます。盛土部分の縁ができてきました。真ん中を横断するのは砂利の道。この部分にはもともと砕石敷きの道があり、そこに芝生が侵入してきていました。それをはぎ取って、再度、庭の道にしていきます。植栽のイメージを描いてみました。雑木林を抜けて草原に出る。そんな雰囲気になればいい...

モミジの成長

今週は山形市まで出張、露地の手入れをしてきました。出迎えてくれたのがこの景色。緑洞がさらに雰囲気を増してきています。作庭当時、蹲踞周りには既存のガマズミやウメモドキに加えてマンサクとアブラチャンを補植しましたが、個々が空間を分け合って成長し、こんな景色ができてきました。これは、私の計算や手入れの導きというよりも樹々の適応力。同時に、この状態を愛でてくださる施主さんの愛情が育てたものだと言えるでしょ...

手入れのご依頼について

9月12日のブログでお知らせをしておりましたが、弊社HPの「手入れのご依頼」の所にお知らせを掲載しました。現在、仕事が大幅に遅れており、ご新規の方の手入れのご要望にお応えできない状況となっております。しばらくの間は、弊社で作庭させていただいたお庭の手入れに専念するべく、剪定の受付は、冬季剪定のみとさせていただいているところです。ご理解のほど、よろしくお願いいたします。...

居ながらにして深山幽谷を楽しむ

大館市で作庭させていただいた庭です。手前の木製デッキを川に掛かる木橋に見立て、そこから渓流の風情を楽しむというコンセプトでつくりました。砂利の部分が渓流で、その外側が川岸、真ん中の島は、川の中の岩を表しています。川や道路などの両側に生える樹々は空間のある上空に枝を伸ばしてきますが、室内から見ると、川岸にあるカエデやアオダモが左右から枝を伸ばし合い、トンネルになるようにしています。奥入瀬渓谷を歩いて...