FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

子の手を借りる

現場は今、年度末の公共剪定と雪囲いの解体が重なって、1日も休めない状況。プライベートも忙しく、町内会や子ども二人の入学準備も重なる中で子の母がダウンしてしまうなど、家事もこなさなければならなくなってきました。あ~、誰か手伝ってくれないかなあと思いつつ、借りたい猫の手たちはこんな感じ。それではと、ネコならぬ、春休み中の子の手を借りることにしました。垣根を作ったり雪囲いを外したり枝をかたずけたり、掃除...

里山の循環を庭に(剪定枝の利活用)

この間剪定した雑木の枝です。野透かしという剪定は幹や太い枝の付け根で抜いていくので、4.5mほどの長さの枝が40~50本は出たでしょうか。枝を捨てればゴミとなって処分代が掛かりますが、活かせば素材になり、材料費もタダ。もちろん、これを使わない手は無く、庭から出たものは庭で活かします。ということで、隣地との目隠しに垣根を作ることにしました。まずは枝を片しながら部材を作っていきますが、枝を捨てるにして...

素材探し

見つけた素材から庭をイメージするか、イメージした庭に合う素材を探すか。もちろん後者が理想ですが、見つけても寸法や仕上げが合わなかったり予算が合わなかったり、質感の似たものがあっても色が合わなかったりなど、庭のコーディネートもなかなか難しいものです。そんなわけで、今月は雨が降る度に素材を探しに出ていますが、秋田・青森県内を旅すること3日、青森市の石屋さんの片隅でモノを見つけました。こちらの条件は、ベ...

里山の庭手入れ

...

春の前倒し

春のような日が続いていますが、現場ではまだ冬季剪定の盛り。先週から入らせていただいているお寺さんでは、昨年に続き、囲いをしていない落葉樹を透かしています。ただ、今年はすでに雪が無く、天候ももはや春。剪定をしながら雪囲いも外し、そのついでに、春の手入れも前倒し。昨年できなかった地蔵堂回りに手を入れることができました。刈込だったツガも透かして、軽やかになりました。このぐらいになっていると雪の乗りも違い...

秋田市で食べられる冷やがけ

一昨年、初めて冷やがけ蕎麦を食べました。以来ファンになって、その後も2回ほど、羽後町まで出かけています。羽後町までは3時間掛かりますが、1度目は仕入れのついでに道の駅で食べ、2度目は、今度は老舗で食べたいと相方を誘ってわざわざ出かけたら混んでいてまた道の駅で食べ、3度目は、山形出張で山形蕎麦を食べた翌日に寄り、ようやく老舗で食べられたもののやはり食べ慣れた?道の駅の味が好みで、その足で道の駅をハシ...