FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

恵みの雨

朝から雨。この夏はまとまった雨量が無く、植物にとっては恵みの雨です。この恵みの雨を人にも。ということで、今日は雨休みをいただいて、硬くなった身体をほぐしてもらいに行きました。月一程度で行きますが、重労働が続いたり心のストレスがあると、肩や背中が岩のようになります。この岩を背負って歩くのは大変。時々出掛けて、この岩を軽石のようにしてもらいます。その後は、これまた行き付け(掛かり付け?)の耳鼻科に行き...

土起こし

稲穂も色付き、もうすぐ稲刈りシーズン。そんな田んぼを眺めながら、こちらは庭の草刈りをしています。むせるほどの香りの強い草。アップルミントのようですが、どこからともなくやってきたこの草がもともとあった芝生を占領、さらに、イタドリやスギナが共生しています。どれも食用にはなる草ですが、必要ではない所に増えるのも困りもの。ということで、新たに芝生を張り替えるために、土を起こして草の根を取り除きます。せっか...

銀杏並木の支障剪定(あきた白神アダプト)

今日は3時の一服の合間に、県道銀杏並木の街路樹ボランティア。以前から、下枝で標識が見えなくなっているのが気に掛かっていたため、県に、先日の強風点検の報告をした際にこのことをお知らせしていました。例年、この区間は冬期に剪定を行いますが、葉が落ちした時には標識が見えるのと、剪定をする人にはドライバーの視界はわからないので、これまで気付かなかったのかもしれません。剪定を行う際にはこのような視点と事前点検...

強風点検(あきた白神アダプト他)

風の強い一日。移動の途中で二ツ井小学校前(県道)のケヤキ並木を通ると、ケヤキの枯枝が車歩道に散乱していて、拾い集めてきました。先月も拾いましたが、今回はかなりの量。こうしたものを放置していると、車や人の通行に障ります。もちろん市民県民の安全の為のボランティアですが、こうしたことが苦情となって街路樹を切れとなるので、樹木を守るための活動の一環です。杜守Clubが登録している『あきた白神アダプト・プログラ...

ヒマラヤの透かしその後

6月に透かしていたヒマラヤスギの点検に。枝の間引きとともに樹冠の縮小も行いましたが、これは、勢い良く外に向かう長く強い枝と、それまであまり日照を受けられなかった内部の短い枝を交代させたということで、夏場の日焼けが心配でした。樹木の葉にとって十分な日照は必要ですが、あまり日が当たってこなかった枝葉に急激に強い日差しが当たることは逆に害になります。大きな剪定を行う時はそのバランスが難しく、なるべく早い...

ケヤキの異変

定点観測。家のケヤキの昨年と今年の比較ですが、どちらも9月初めのものです。今年はケヤキの葉色が良くないですね。 広角で見た上の木(左)と、少し離れた所にある実家のケヤキ(右)。どちらも葉色は悪く、同じような状態です。こちらは、10㎞ほど離れた能代市と北秋田市の境界付近の山のケヤキ。やはり、同じような色をしています。数年前もこんなことがありましたが、ケヤキは猛暑の高温乾燥に順応して自ら葉を落とすそうで...

善の輪よ広がれ

この間、杜守Clubとして行った桜の樹勢回復の記事。新聞にはこれまで何度か紹介いただいたが、業者名や業種を記さずに紹介してくれたのは今回が初めて。「○○造園」とか「造園業」と付くのが一般的な中、慣例化した新聞表記を使わずに記事を書いてくれたことをとても嬉しく思っている。これまで、「造園業者」とか「造園○○士」などという肩書で紹介されることを毛嫌いしてきたが、それは、緑の活動は業者としてではなく、『スキルを...

残暑雲

37℃。暑い暑い1日。仕事上がりの夕雲が面白い。...

富根保育園の桜の樹勢回復措置が新聞で紹介されました(杜守Club)

杜守Clubとして行った旧富根保育園の桜の樹勢回復について、北羽新報さんが今日の紙面で取り上げてくれました。かなりのスペースを割き、専門的な工法も紹介してくださっています。良い記事を書いていただき、ありがとうございました。母校の桜が良くなることはもちろん、こうしたことが前例となり、能代の公共に活かされていけばと思います。ご協力いただいた皆さまにも、あらためての感謝を申し上げます。関連記事富根保育園の桜...