FC2ブログ

Welcome to my blog

杜の木漏れ日(福岡造園blog)

枯れを起こさせない剪定

現場が一段落した昨日は、樹木剪定の完了検査。樹々は施設内の通路や駐車場に面しているため、人や車の少ない休日に進めてきたものです。 剪定の目的は、景観はもとより、枯枝の落下を防ぐこと。ケヤキは突然枯枝を落とす特性があり、人や車の往来がある所では、定期的な点検管理が必要です。事故防止という観点からも、折れて引っ掛かっている枯枝や木に付いている枯枝、枯れかかっている枝等を事前に除去しました。以前、ケヤキ...

一期工事完了(枝暗渠&土壌改良)

庭づくりは地盤の造成から。重機や資材が搬入されて、現場は土工週間に入りました。クレーンで搬入したバーク堆肥を使用各所に配分。運搬は重機でも積み下ろしは人力です。20㎏袋を300回移動するのに2日掛かりました。庭づくりはこれからなのに、すでに身体が悲鳴を上げています。資材を搬入したら既存樹の移植。根周りを掘ると水が湧き出してきました。事前に土質調査をしていたので予想の範囲ですが、樹木は、粘土質土壌の...

福幸のいす

国道のバス停に置かれた2つのベンチ。集落から国道までは1㎞近くあり、ようやくたどり着いても休む所が無い。バスで病院や買い物に出かけるお年寄りたちは、草むらにシートを敷いて座っていました。このベンチは、そんなお年寄りのためにと、3年前にある方が作ってくれたものです。『ながえぐ・ねまれ』と添えた所に、作者の人柄がしのばれます。この善意のベンチは昨年に町内会へと寄贈され、作者のお名前にちなんで『福幸のいす...

着工

井川町での庭づくりがスタートしました。まずは、改修を行う部分の防草シートを一部撤去。既存樹の移植に備えて、支柱を解体して繩巻養生。続いて下草の仮寄せ。水抜きする部分の位置出しをして、段取り終了。来週から重機作業に入ります。イメージ図。かなり詳細に描いたつもりですが、いつものように、現場に持ってくるのを忘れました。ここからは、足袋を履いた感覚でやっていきます。...

桜のトンネル育成作戦2

昨春、「桜のトンネル育成作戦」と銘打って行った剪定ボランティア、トンネル並木の片側は旧富根小学校の校庭の桜ですが、枝枯れが顕著だったため、施設の管理課に見てもらっていました。外周にはフェンスの基礎コンクリートが張り巡らされていることから校庭に水がたまりやすく、その影響で桜が根腐れを起こしているのではないかと、コンクリートを数か所解体できれば停滞水を外に逃がすことができると提案。このほどそれが、実施...

弘前公園にお礼2

桜の剪定作業が真っ盛りの弘前公園を訪問。『弘前公園に学ぶ地方創生の街路樹』を執筆した「景観文化」最新号を、ようやくお届けすることができました。お礼を述べて事務所を後にした時の光景。桜の下枝が竜の如く雪上を這う様子が印象的でした。園外の駐車場まで来ると、まだ凍るお堀の向こうに岩木山。お堀の並木に見つけた2m弱の桜の木。切り下げられた太い幹は1mほどしかなく、そこから枝を伸ばしています。何とも、愛おしい...

作庭準備

マウス症候群?の発症からほぼ一か月。右肩痛は自然に治るようなものではないらしく、なかなか右肩上がりにはならないという。これは、今期の高木剪定は無理かもしれない。こんな時、右肩ならぬ右腕がいればなあとか、高所作業車があればなあと思いつつ、無い物ねだりをしてもしょうがありません。できる仕事から始めていきましょう。ということで、土壌改良に使う木炭を仕入れに。続いて、暗渠や柵に使う竹の仕込み。竹藪を刈り取...

春のメンテ

何度も暴風雪が吹き荒れた今年の冬。そんな中でも、地下支柱を取り付けた木々は倒れることなく立っていました。簡素な支柱ですが、風速20mを越える台風並みの風にも耐え得ることが証明されたようです。二冬を越えた庭の足元。フカフカだった土も、さすがに雪の重みで土が圧されたり風で飛ばされたり、隠れていた地下支柱が顔を出してきました。ということで、バーク堆肥を補充。コテで均しつつ、風で飛ばないように軽く押さえてあ...

ブナの生長

2015年の春に、施主さんとともに手植えをしたブナの木。背後に植えたムラサキシキブの疎林は高さ1.5mほどあるが、ブナはまだ、樹高50㎝はあるかという苗木だった。3年目の春。ブナは樹高1mほどになり、荒れ地のようだった土にも草が生えてきた。そして、6年目の早春。ブナは人の背もムラサキシキブも追い越して、高さ3mほどに成長した。平地で育ち、棒のようにまっすぐだった苗木も、雪に圧されて根が曲がり。だんだん、雪...

大役終了

いつの間にか3月。マウス症候群は回復傾向にあるものの、木に登ったり重い梯子を持ったりがまだできず、大変申し訳ないのですが、高木剪定は延期をお願いしている状況です。ただ、そろそろ現場復帰しないと仕事が間に合わない。とりあえず、右肩に負担が掛かりにくい仕事から始めていこうと思います。さて、右肩痛の一因?となった町内会総会も無事終了し、あとは引継ぎを待つばかりとなりました。会長職は2度目ですが、いまだ役...