校庭樹木の雪養生と枯枝拾い

能代市クリーンパートナーとして緑の見守りをしていますが、その活動区域の中には、二ツ井小学校の校庭樹木と、学校前のケヤキ並木などがあります。

CP1,28 (3)

ということで、 子どもを迎えに行ったついでに、気になっていたコブシの様子を点検しました。
コブシの木は5本ありますが、通路近くにあることから,雪の多い年などは除雪で傷むことがあります。

CP1,28 (3) - コピー

根元を見ると少し枝が折れていたので、下枝を縄で巻いて養生しました。
もう少し早くやってあげればよかったなあ。
でもこれで、気兼ねなく雪寄せできると思います。

CP1,28 (3) - コピー - コピー

今日は強風警報が出ていました。
ついでにケヤキ並木に行ってみると、やはり枯枝が落ちていたので拾いました。

二つ合わせて、所要30分程度の作業。
大人数でボランティアをするとなると、日時を合わせたりと大変ですが、自分の都合に合わせてほんの少しのことをやる。
仕事ではないので、気軽にやる。
「見守り活動」なので、それでいいのかなあと思っています。

並木の点検を終えて校庭に戻ると、ちょうど子供が出てきました。
待ち時間を有効に使えてなによりです^^。

0 Comments

Post a comment