杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

トラの穴

暮に屋根の付いたトラの穴。http://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-101.html
今年はまだ手付かずのままでしたが、先日覗いてみると、この寒いのに足袋を履いた子トラが一人、なにやら遊んでいました。

IMGP2674.jpg

予算ギリギリの庭づくりが多い福岡造園では、なかなか若い衆たちに手仕事が回ってきません。
それはなぜか、毎回違うやり方でやるので、親方自身が上手くできないからです(笑)。
というわけで、彼らが技を覚えるには、トラの穴しかないのでした。
未熟な親方で、どーも、すいません。

IMGP2759.jpg

こんな若い衆を見ていると、自分もやりたくてウズウズしてきます(笑)。
ということで、嫁に行って空いていた蹲踞の水鉢を取り替えてみました(ここにあった水鉢は、こちらにヨメに行きましたhttp://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-56.html
彼女は昨年、骨董屋さんで一目ぼれした、古い石臼です。
嫁ぎ先が決まるまで、とりあえずここで休んでいてください。

IMGP2765.jpg

なんだかんだで、少し形が出来てきたようです。

IMGP2768.jpg

でも、やっと半分という所でしょうか。
トラのイる穴はトライの穴。
場所と石とやる気がある限り、どこまでもトライしてみてください(笑)。

Comments 4

紅の葉  

メグスリさんへ

。あんまりスミからスミまで眺められると、ミスった部分も見られてしまうので、恥ずかしいです。
失敗ばかりで、どーもスミません(笑)。

なんだかんだでナカナカ穴に籠れずにいて、栗丸太はまだ、穴蔵のスミに置かれたままです。
早く、「なかなかスミに置けない丸太じやないか!」と言われるように、日の目をみさせてあげたいものです(笑)

2009/02/15 (Sun) 13:55 | EDIT | REPLY |   

メグスリ  

NoTitle

トラの穴隅から隅まで見てみたいです!
昨年アップされた栗丸太がどんな風に化けるのか
楽しみです^^

2009/02/13 (Fri) 07:19 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

しんぼうさんへ

本当に、自分でやっても何度も直すので、若い衆たちに出番が回せないでいます。かわいそうに(笑)。

>こっちのもんヤネ。
恥ずかしくて隠れた穴なのに、中を見られちゃいましたか。やーねー(笑)。

若い衆へのエール、ありがとうございます。
トラの穴は英語でタイガーピット、若トラがこもるにはピットりの所です。
今度、ブラッと、ピットに遊びに来てみてください^^。

2009/02/11 (Wed) 21:07 | EDIT | REPLY |   

しんぼう  

NoTitle

おっ、やってますね。屋根さえつけばこっちのもんヤネ。
「毎回違うやり方でやるので、親方自身が上手くできないから・・・」全くの共感であります。ある意味マンネリ化しない庭造りといったところでしょうか。そこもこの仕事の魅力ですね。若い衆頑張れ!

2009/02/11 (Wed) 14:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply