FC2ブログ

Welcome to my blog

戯言

おおらか

おおらか (1)

下見で訪れた時に見つけた清水。
水音に誘われて行ってみると、こんな素敵な所があった。

おおらか (3)

清水は、集落の中を、右に左に蛇行する。
家々の裏庭に面したこの流れは、昔から、この水をくんだり野菜を洗ったりと、生活の中で使われてきたのだろう。
あちらへこちらへと曲がりながら、山の恩恵をみんなにおすそ分けしている。
清水だから冷たいけど、そんな温かみを感じる流れだった。

この清水は家々の境界になっているようだが、こんな、ゆるやか境というのもいい。
都会は、杓子定規にまっすぐな線を引くけれど、田舎には、境であって境でないような、こんなおおらかな境がある。
人が決めた境と言うよりも、自然が決めてくれた境。
そんな自然の流れを壊さずに、無理やり人工的な水路に変えずに、山の恩恵をみんなで分かち合っているような感がある。

「杓子定規」という言葉は、お役所仕事などに対してよく使われるが、辞書引きしてみたら、
「曲がっている杓子を定規代わりにすること。正しくない定規ではかること。すべてのことを一つの標準や規則に当てはめて処置しようとする、融通のきかないやり方や態度。」
などと出てきた。
ということは、「杓子定規にまっすぐな線を引く」という表現はおかしいか。

でも、この曲がりくねる流れの境は、とても理に適っている。
ここでは、まっすぐなことが杓子定規で、曲がっていることのほうが正しい。
自然界には、直線の物など何一つないからだ。
それが自然の法であり、自然の摂理。
そして、この曲がりくねる境は融通が利いていないかと言えば、この流れは山の雪融け水を通しているから、最も融通が利いている。

曲がっているからこそ、土地が安定し、人も動植物も安心して住める。
曲がりこそが自然であり、ここでは、そんな自然の理が定規になっている。
そして、住む人たちに、それを受け入れるおおらかさがある。
いや、受け入れているというよりも、自然と暮らすことが当たり前で、そんなことすら意識していないのではないか。

都会では、細かな境があるからいさかいが多い。
土地は財産だから、境は大切。
でも、その境に関係なく、土も水も空気もみな繋がっていて、人は、そんな繋がりの中で生きている。
こんな意識を共有できれば、街路樹の苦情なども、少しは減るだろう。

おおらか (2)

ここでは、曲がりくねる清水の上を、大きな木々の枝が左右に行き交う。
そして、その木蔭は分け隔てなく、境の両側に舞い降りる。
落ち葉も然り、そんなお陰さまやお互いさまの中で、この地の人たちは交流しているのだろう。

物事の見分けや善悪などの判別を、「見境」と言う。
この、あってないような、自然の境を尊重する人たちは、優れた見境や見識を持っているということだ。

景観は、意識の鏡。
優れた景観は、そこに住む人の意識をそのまま映す。
おおらかな人たちが暮らすおおらかな流れは、とても美しかった。
関連記事