杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

嬉しい一言

IMGP3228.jpg

街路樹剪定もいよいよ終盤、看板も装いを新たに、気合を入れ直して頑張っています^^。

IMGP3229.jpg

緑のトンネルを意識したのですが、この字、このレイアウト、なんとかならないものか。
油性で書いたので、一発勝負でこうなりました(笑)。

IMGP3182.jpg

最後に残った仕事は、今回の剪定で最大の難関。
電線の下で真っ平らに刈り込まれたイチョウの直しです。
こんな状態は、市内の全路線の中でもここだけ、みごと私が、当たりくじを引きました(笑)。

これは、電気屋さんの仕事でしょう。
ブツ切りによって乱立した芯をさらに刈り込んだので、もう、腹が立つやら泣きたくなるやら。
庭誌で紹介されていた江戸川区街路樹係では、電力会社とも綿密な打ち合わせをし、木に対する保護や剪定仕様の工夫を行なっています。
行政サイドが立ち上げた「街路樹のあり方検討委員会」というものもあるそうで、区長さんや専門家なども入られて、総合的な街路樹管理を検討しているとのこと、素晴らしい取り組みです。

これは、植木屋だけで解決できる問題ではありません。
能代にも、電気屋さんを含めた「街路樹のあり方検討会議」の必要性を感じます。

IMGP3224.jpg

枝抜きだけなら一服までに出来ますが、一日かかってようやく2本仕上がりました。
ここは病院前のバスの停留所。
車道側は七夕運行のために枝がありませんが、歩道側はできる限り枝張りを残し、夏場に木陰を作れるようにしました。

仕舞い際、とても嬉しいことがありました。
通りかかったご婦人から、こんな言葉をいただいたのです。
「やわらかな枝ですね。これまでとは見違えるようです。木がとても優しい姿になりました。」

ブツ切りが当たり前だった能代に、ここまでわかる人がいたのか!と、有り難くてありがたくて、胸が熱くなりました。
こんな言葉を聞くと、難儀や疲れも吹き飛びます。

こんな方がいる街なら、能代の緑は必ず再生できる。
能代の街の緑は、必ず変る。
そんなことを思わせてくれた、ご婦人の一言でした。

街の緑を良くできるか出来ないか、後は、俺たち次第だ。

Comments 4

紅の葉  

よっちゃんさんへ

レス入れたつもりが、今確認したら入ってませんでした。ごめんなさい。
今日のブログに書きましたが、剪定、ようやく終わりました。
ホッとしたやら寂しやら、なにやら複雑な気持ちです。
今回の剪定では、各会員とも、市民の方がたからいろんな温かい言葉をいただいたようです。
そんな言葉が何よりの力になりますね。
みんな気持ち良く乾杯してることでしょう。
ということで、今夜も乾杯です(笑)。

2009/03/08 (Sun) 19:24 | EDIT | REPLY |   

紅の葉  

ソラ色さんへ

ソラ色さん、かんばんは(笑)。
>大根
そうです。
この看板は、この木たちが大きな根を張ってほしいという願いをこめて、大根にしたのです(涙)。
頭の中のイメージを形にするのは本当に難しいですね。
今度は画伯に書いてもらおうと思います(笑)。

>とうさん、カッコ良すぎッス!(´Д⊂
ありがとっス^^。
とうさんがカッコ付けられる所は木の上とココだけなのです。
家では小さく、( )の中で生きている私です(笑)。


2009/03/08 (Sun) 01:26 | EDIT | REPLY |   

ソラ色  

NoTitle

>街の緑を良くできるか出来ないか、後は、俺たち次第だ。

とうさん、カッコ良すぎッス!(´Д⊂

看板は…
すいません、
大根にしか見えませんでした…orz

2009/03/07 (Sat) 01:48 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

熱い想いは 通じますね 
雪も少ないようで きっと雪まで 溶かしてしまったのだろうとおもいます 

ここに至まで たくさんの苦労があったとおもいますが あと一踏張りで 剪定完了でしょうが 

作業が完了しましたら 仲間と おいしいお酒で 勝利の美酒に酔い痴れてください 
いつ頃、作業完了予定でしょうか?

2009/03/06 (Fri) 14:41 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply