杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

樹木相手の仕事をしていると、夏はいろんな生き物と遭遇します。
その筆頭は蜂ですが、枝の中に鋏をツッコんだら蜂の巣があった、などということはよくあります。
そして、そんな時は必ず刺される。
でも、植木屋が刺されるのならいいのですが、ご家族が刺されたら大変。
蜂に巣をつくらせないためにも、木の枝はあまり混ませずに、風通しを良くしておくことが大切です。

hato (1)

そんな中で、この間はツガの木を手入れしていて、枝の付け根に鳥の巣を見つけました。
覗いて見ると、真っ白な卵が一つ。
巣の上の枝を剪定すれば、日も差すし雨も当たる。
なにより、巣が外から見えるようになってしまう。

hato (2)

ということで、この部分だけは、飛び出た枝を剪定する程度に留めて、濃い目にしておきました。
後で施主さんに報告すると、喜んでくれたので一安心。

掃除を終えて帰る頃、鳩の鳴き声が聴こえました。
ツガの木に行ってみると、親鳩の尻尾がわずかに見えます。
わが子を守りに来た親鳩、私が巣の上の枝を剪定している時は、遠くで見ていて気が気でなかったことでしょう。
無事にヒナが孵ってくれればいいのですが。