FC2ブログ
街の緑1(勉強及び視察)

奉仕剪定

4
現場のワッパカ(秋田弁で「ノルマ」のこと)も終わり、今度は報告書の作成に取り掛かっています。
が、こんないい天気に家にいるのはもったいないということで、同じ路線を担当する会の会長さんと、市役所前の街路樹を奉仕剪定しました。

IMGP3233.jpg

ここの木はあまり荒れていないので今回の剪定から外れた木たちですが、市役所の玄関は市民の皆さんが一番目にする所ということで、ちょっと頑張ってみました。
ここも七夕が通るということで車道側は短く切られていましたが、乱立する芯を抜いたり、ブツ切りされていた部分を小枝のある所まで切り戻したり、幹吹きや枯れを外したりと、そんな作業です。
 
IMGP3241.jpg

奉仕剪定ということで看板をちょっと変えてみたのですが、ここは玄関前ということで、かなりの市民や職員の方の目に触れます。時折、
「木のストレスって何?」とか、
「透かしってどういうこと?」とか、
いろんな質問を受けました。

この看板は、市民の方々に街路樹への理解を広めるためのもの。
ヘタクソなりに、実によく働いてくれています(笑)。

IMGP3234.jpg

奉仕剪定は2日間行いましたが、一日目となった6日には市議会一般質問で街路樹のことが取り上げられ、会のメンバーで傍聴してきました。
議場内は写真撮影禁止なので、議事堂の玄関前でパチリ。

内容は、「街路樹管理に対する市の今後の方針は?」というもので、今回、昨年までとガラッと剪定法が変わったことに対しての市の方針を問うものでした。
質問者は、9月議会で「市の街路樹管理は市県と連携しているか。選定基準はどんなものか。」という、能代始まって以来の画期的な質問をされた議員さんです。

市長答弁では、
「今回の剪定は、市内の街路樹再生と創生に寄与する目的で設立された能代造園技術研究会の技術協力の申し出を受けて実施したもので、その丁寧な仕事ぶりと質の高さには市民の方々からも好評を得ている。『木都能代』は木材の街という意味ばかりではなく、美しい緑があふれる木の都でもあるべき。人が植えた木は木が命を終えるまで面倒を見るのが管理責任。やがて私が市長の任を終える時が来ても、その考えは伝えていく。」
という、ありがたいお言葉をいただきました。

街路樹の先進地、東京都江戸川区や秋田県五城目町の役所職員の皆さんの意識が高いのは、トップの方針が明確だからだそうです。
市長がこんな考えを持っているなら、能代の緑は大丈夫です。

IMGP3243.jpg 

ということで、この日の剪定の様子が、今度は毎日新聞の秋田版で紹介されました(3月11日付、21面 )。
いよいよ会も全県デビュー、ますます頑張らねばです。
関連記事

4 Comments

There are no comments yet.
しんぼうさんへ

紅の葉  

2009-03-12 20:26

市ミンも県ミンも、農ミンも漁ミンもムーミンも、ミンなが安らげる街路樹になってほしいです。
夏にはきっと、ミンミンゼミもやってきてくれるでしょう^^。
さて、そんなことを言っているうちに、睡ミンの時間になりました。ではまた(笑)。

EDIT  REPLY    
ソラ色さんへ

紅の葉  

2009-03-12 20:15

>ちゃんと見ている人は見ているのです♪
ありがたいですねぇ。
先日、保育園の父兄会に行ったカアサンは、みんなから「トウサンが能代で木に登ってた。」と言われたそうです。
なんか、恥ずかしいっス(笑)。

>茶化しナシで真面目にコメントw
それもまた、寂しかったりします(笑)。
今度は茶菓子を用意しておきますので、どんどん茶化しちゃってください♪


EDIT  REPLY    
NoTitle

しんぼう  

2009-03-11 22:44

どんどん展開していきますね
市民だけでなく県民の意識の高さがわかります
これで夜は市ミンも県ミンも安ミンできます。
私もアリナミン飲んで頑張ります

EDIT  REPLY    
NoTitle

ソラ色  

2009-03-11 13:59

>その丁寧な仕事ぶりと質の高さには
>市民の方々からも好評を得ている

ちゃんと見ている人は見ているのです♪
能代市長も理解のある人で良かった

奉仕剪定とのこと、
本当に頭が下がる思いです
ありがとうございます
(今回は茶化しナシで真面目にコメントw)

EDIT  REPLY    

Leave a reply