杜の木漏れ日

ARTICLE PAGE

研修会に参加してきました。

IMGP3834.jpg

昨夜は、森林再生の研修会に参加してきました。
主催は、私も毎年参加している植樹活動などを行なう、お隣八峰町の白神ネイチャー協会(植樹の様子はコチラですhttp://konohanoniwa.blog61.fc2.com/blog-entry-64.html) 。
開催は新聞記事で知ったのですが、面白そうなのでスタッフを誘って行ってきました。
開演は6時、会場の八森までは40分掛かるので、仕事着のままです。

IMGP3837.jpg

講師は母校東京農大の福永健司先生(地域環境科学部 森林総合科学科 治山・緑化工学研究室)で、白神山地の植樹指導などもされているそうです。
演題は、「自然環境(森林)の再生・保全をめぐる課題と今後の展望」。
資料は、学生の講義などでも使うスライドなのだそうですが、久しぶりに大学の講義を受けた気分になりました。

IMGP3838.jpg

講演は3時間にも渡り、生命の誕生や地球温暖化など、壮大な地球の営みから秋田県北部の地形や植生、森と人の関わりの歴史、菌根などの顕微鏡レベルの微生物の解説まで、植物学から地質学、人文科学まで、とても幅の広いものでした。
なによりもすごいと思ったのは、大学の先生の底知れない知識の深さや旺盛な研究心です。
石や木、土に関わる仕事をしているとはいえ、地球規模のことから身の回りのことまであまりにも知らないことが多すぎて、何を書いたらいいのかまとめることができません(笑)。
近日、地元紙の記事でも紹介されると思うので、詳しい内容については乞ご期待です。

IMGP3839.jpg

閉会は9時半を回り、外はもう夜桜。
山村広場のソメイヨシノはウソの食害で花は疎らでしたが、会場付近の桜は少し咲いていました。
会場はハタハタ館の隣です。
閉館まで30分、大急ぎでしたが、久々の温泉も楽しめました。

Comments 2

紅  

よっちゃんさんへ

学生の頃、勉強しなかったので、今勉強しています(笑)。
研修テーマは森林再生でしたが、森を知ることは庭を知ることにも繋がりますね。
広範なデータには驚きましたが、どれもこれも、地味な実験の繰り返しの成果でした。
研究者の方々の地道な努力には本当に頭が下がります。
土地の地味を生かした庭を作るためにも、地味で地道な研究は必要だと、改めて感じてきました。

2009/05/03 (Sun) 08:48 | EDIT | REPLY |   

よっちゃん  

研修会がいっぱいありますね 
体に気を付けてがんばってください 

2009/05/02 (Sat) 22:18 | EDIT | REPLY |   

Leave a reply