FC2ブログ

Welcome to my blog

冬季剪定

老梅の若返り剪定

roubai (4)

大きな老梅の剪定をお願いされました。
久々に、二連梯子を掛けて登ります。

roubai.jpg

剪定前。
通常は、大きな木などは徒長を抜いて全体を縮小していきますが、この木は中間に衰弱枝が多いため、今回は上部の勢いある若枝を残していくことにしました。

roubai (5)

剪定後。
衰弱枝が外れた分、内部の風通りが良くなりました。
老梅は所々に空洞化が見られるため、あまり背を高くしていると、強風の影響を受けることも考えられます。
今回の剪定では通風や日照が改善されたので、今後は元気な若芽の成長も期待できる。
それを待ちながら、今回残した枝と徐々に交代させていけば、今よりもコンパクトな樹形になり、木も若返っていくことでしょう。

どんな木にどんな剪定を行うのかは、樹木が置かれた環境や健康状態によりケースバイケース。
今回は、数年先の縮小をあ見据えた現状維持となりました。
関連記事