除排雪初出動

福井県ではかつてないほどの大雪に見舞われているそうですが、市内周辺でも内陸部ではけっこうな雪量になってきました。
そんな中で、除排雪のご依頼をいただいて下見に。

yukiorosi2018 1 -1

屋根の雪止めや雪を落とせない所などの確認をして、安全かつ効率的な段取りを考えます。
この段階で大まかなお見積りをしますが、雪量は計れるものではないので、とりあえず1日やってみて、足りなければ追加で行うという感じです。

yukiorosi2018 1-3

ということで作業開始。
まずは一階の屋根を降ろし、降ろした雪を裏庭まで運んで二階の雪を落とす落ちしろを作る。
続いて二階の雪を一階の屋根に落とし、さらにそれを運んで下に落とす。
という段取りで進めていきますが、あくまで予定。やってみなければわかりません。

yukiorosi2018 (2)

二階屋根を降ろした状態。
やっぱり、先に一階屋根を降ろしておいて正解、降ろした雪が二階屋根よりも高くなりました。

yukiorosi2018 (4)

降ろした雪の山。
雪はまだまだ積もるので、今後のことを考えて、落とした雪を裏庭まで運んでおきます。

yukiorosi2018 (5)

完了しました。

yukiorosi2018 (3)

二階屋根からの景色。
お隣ではなんと、おばあさんが屋根に上っていました。
小学生の女の子も手伝っていますが、おばあさんも女の子もすごい。
女子が屋根に上っているのを見たのは初めて。
さすが、豪雪地の女子は鍛え方が違います。

yukiorosi2018 1 1-2

ということで、今度は表側の屋根。

yukiorosi2018 (6)

こちらではお向いさんが雪降し中。
4人体制でダンプ2台とは、うらやましい戦力です。

yukiorosi2018 (7)

ということで、落とせば寄せるという仕事が待っている。
屋根から直接車に落とすことができないので、落とした雪を車まで運びます。
ただ、これをスコップではね上げるのは、いかに『百万馬力の人力』と言えども大変。
「百万馬力」には『全精力』という意味もあり、積み込みで全精力を使い果たすと運べなくなる。
ここは余力を残しつつ早く積めるよう、雪でジャンプ台を作り、スノーダンプで荷台に運び入れるという作戦を立てました。

yukiorosi.jpg

最寄りの雪捨て場に運ぶこと計10回。
捨て場が近いと作業もはかどり、なんとか一日で終えることができました。
もちろん、一日かけて『百万馬力(全精力)』を使い切ったので、体はクタクタ。
明日は心地よい筋肉痛を味わえることでしょう。


除排雪作業については、HPとブログ「冬の仕事」で紹介しています(雪降ろしは、勾配の緩い屋根のみお受けしています)。
また、冬季剪定も継続して行っていますので、ご入用の際は、どうぞお声掛けください。