Welcome to my blog

徒然

うらうらと

takeyabu (1)

竹藪で垣根の支度。
薄暗いけれど、わずかに降りる木漏れ日が温かかい。

takeyabu (2)

竹を探してさまようと、こんな所に「静かなる瞳」。
本当に、静かにたたずんでいるから気づかなかった。
キクザキイチゲは、うらうらとした、春の日差しが似合う花。
関連記事