FC2ブログ

Welcome to my blog

土の手入れ

造成地の改良(浸透管の埋設と天地返し)

tuukikairyou_201806300605042bd.jpg

降雨後の水がなかなか引けない時などは、土壌の硬化が予想されます。
施設造成などの際は建物の安定のために硬土が搬入されることが多く、それが重機で締め固められると、土中に水や空気が浸透できなくなります。
公共植栽などはそうした所にわずかな土を入れて植えられることが多いため、その後に生育障害を起こすことが良くあります。
硬度化が進むと土壌が酸欠状態となり、樹木が根腐れを起こすからです。

写真の木々は、一見、健康そうに見えますが、よく見ると、根元からひこばえが出ているのがわかります。
これは、数年前に芯梢が枯れて、その不足分を補おうと出でてきた枝。
『上が枯れたら下を見ろ』と言いますが、今回はこの部分への補植が予定されていることから、併せて土質調査を行ってみました。

tuukikairyou (5)

tuukikairyou (6)

3m近く掘ってみると、表層30㎝の下からグライ化、その層が2m以上続きます。
2,8mほどでグライ層が抜けましたが、これは光明。
地中に停滞する水を地下に浸透させることができるということです。

tuukikairyou (1)

3mの穴を掘ると、土がこのぐらい出ます。
2トントラックで2台分はあるでしょう。
土色が奥と手前で違っていますが、青灰色の土がグライ化した玉石混じりの粘性土(造成盛土)で、手前の土が深層の赤土。
粘土は湿っていますが、赤土はパサパサとしています。

tuukikairyou (8)

造成地は法面となっていて、その下は田んぼ。
法面高さは1.8mほどなので、グライ化はその1m下まで進んだということでしょう。

tuukikairyou (3)

土質調査は3地点で行いましたが、せっかく掘った穴を埋め戻すのはもったいなく、浸透管を埋設することにしました。

tuukikairyou (1) tuukikairyou (2)

3mの有孔管の周りに炭を入れ、それを海苔巻きのようにヨシズで巻いています。
通常は、細い穴を掘って管を入れ、その周りに枝や炭を詰めていきますが、今回は大きな穴を掘ったので、このやり方にしてみました。
地中に穴が開くと、そこに水が吸い寄せられてきますが、炭はフィルターの役目をするため、グライ土壌に帯水していた水を浄化しつつ深層に導くという仕掛けです。
また、ここには酸素が通るため、炭と酸素を求めて根が張ってくるという効果もあります。

tuukikairyou.jpg

上部は、草刈りをする時の目印となるように、素焼きの鉢をかぶせ、地中から出た石を巻いています。

tuukikairyou (4)

せっかくグライ層を抜いたので、浸透管の埋め戻しをしながら、既存樹間の硬土も地下3mまで掘り起こし、山砂を混合しつつ揉み解します。
樹間の地中には根張りが見られませんでしたが、これで発根が期待できるでしょう。

tuukikairyou

後日、植樹が行われ、その後にかなりの降雨がありました。
赤矢印はその時の地割れですが、これは、天地返しを行った一帯が多少の沈下を起こしたということです。
耕運した土には空気が入るので体積も増えます。
そこに水が入り込んで下がったということですが、これは、これまで硬いグライ層によってブロックされていた雨水が地下深くまで浸透したということを示しています。
雨水が入れば空気も入る。
新鮮な水と空気によって、木々も生き生きとしてくるでしょう。
今後の生育が楽しみです。
関連記事